定番記事

  1. 警視庁水上署の靴泥棒事件

    昭和天皇が重態に陥った1988年の暮れも押しつまった12月10日早朝のことです。警視庁水上署は当時私の所属していた政治党派の事務所18ヵ所を朝の7時から急襲し、「家宅捜索」を名目としてそこにあった履物すべてを根こそぎ持ちかえるという、唖然とするような嫌がらせを行ないました。

  2. ビールは飛んでこないのだ!

    たとえばお茶が欲しくて、母親に「お茶」というと、「お茶は(呼んでも)飛んでこないよ」と言われます。それで「お茶ちょうだい」と言い直すと入れてくれるわけですね。一事が万事でこの調子でした。この躾のおかげで私は結婚してからも、無生物を呼びつけることなく、ちゃんと「○○を取ってくれ」と言うことができています。しかし世の中はそういう人ばかりではない。

  3. 「おいコラ!在日!」と言われた時

    差別について考えてみます。昔々あるところに部落差別問題に非常に熱心な、あるお坊様がおったそうな。この坊様は常日頃から辻説法に立っては口角泡を飛ばしては熱心に差別を糾弾しておりましたとさ。さてある日のこと、とある解放同盟の地区幹部の人が、試しにこのお坊様にこう問いかけて見たそうな。

  4. 産経新聞のお笑い記事-「違法行為を摘発するのは罪」?

    産経新聞って輩は右の「思想」があるから「結果として」政府擁護になるのではない。最初から政府べったりの提灯持ち新聞。今回ついに「悪質業者の犯罪行為を摘発したこと」を批判する記事が出た。理由はただ一つ。摘発を行った団体が反戦運動などに熱心な労組であったからである。怒る前に笑ってしまった。産経新聞は悪の味方か!?

  5. いわゆる「外国人犯罪」に関して

    「外国人犯罪は増加してる派」の方とのブログ間論争の記録

  6. 米長邦雄(都教委)に対する天皇発言について

  7. 現実主義と理想主義者の戦略

  8. アンパンマンと共産主義社会

  9. わしはブチ切れた!~警視庁への申し入れ(請願)を行う!

  10. 戦旗派体験総括への道-1- 小林さんの文章を手掛かりに

  11. 蔵田さんの回答書への読書感想文

  1. 関生弾圧糾弾!大阪地裁を許さない
PAGE TOP