ロシア革命100周年を記念して=研究集会『ロシア10月革命とは何だったのか』/慶応大


イベント詳細


【基礎経済科学研究所・東京支部企画】
=ロシア革命100周年を記念して= 研究集会『ロシア10月革命とは何だったのか』

■日 時:2017年12月10日(日)9:30~17:00
■会 場:慶應義塾大学・三田研究棟A・B会議室
■資料代:500円

■趣旨:
(1)二月革命から十月革命へ、戦時共産主義からネップ、そしてスターリン体制の確立への政治史、経済政策にかかわる問題を掘り起こし、「ソ連は社会主義だったのか」を解明する。また、レーニンが主導した「社会主義の理念と現実」を検証し、現代史最大の実験は、世界に何をもたらしたか、その世界史的意義を探求する。
(2)現代の世界とロシアの現実からみて、ロシア革命の歴史的国際的意義を振り返る。

■プログラム
・午前の部:【個別報告】(9:30から150分を予定)
・午後の部:【シンポジウム】
  田口弥一氏『ソ連は国家資本主義だった』
  森岡真史氏『レーニンの10月革命は誤りだったか』
  聴濤 弘氏『ロシア10月革命の意義とスターリン体制の成立』
  (報告時間は3人それぞれ40分。いずれも仮題です)
・討論(90分)。 
・終了後に懇親会を予定。

トップリンク


おすすめ













市民派議員


衆議院議員/服部良一

千葉県議/吉川ひろし

成田市議/足立まちこ

柏市議/内田ひろき

門真市議/戸田ひさよし

カウンター


昨日 :
本日 :

FROM 2004/5/01

過去記事ランダム表示

活動家は「細かいこと」を気にしないほうがいいよ

基本的に現世には神も悪魔もそのへんをうろうろ歩いていたりはしないので、特定の誰かを祭り上げて依拠したり、逆に貶めて叩きまくるのはどうかと思っています。人間の心というのは誰でも7割くらいが善で、3割くらい悪で、それから弱い部分が7割くらいで、でも強い部分を3割くらいもっている。私もそういう普通の人間です。それから大切なのは、人間はいかようにでも変われるということだと思っています。一人の人間をとってみれば誰でも良いこともすれば悪いこともする。だからどんな指導者に対しても「おまえのそこはおかしいぞ!」と気軽に議論できること、その議論のやり方(不毛な「内ゲバ」や内紛や分裂にならないこと)、そしてそういう議論を容認できる組織や運動や指導者であるのかという点を私は重視しています。特に政治や市民運動の分野では、一時的な成功やら「時代の風にのっている」ことより、それが一番大切なことです。

月別アーカイブ

最近の記事

  1. 衆院選得票率
  2. 会場風景
  3. 与野党別得票と獲得議席
  4. トランプ抗議プラカード
  5. 不正ハンターたかひら
  6. ハロウィンの赤ちゃんの写真
PAGE TOP