ロシア革命100周年を記念して=研究集会『ロシア10月革命とは何だったのか』/慶応大


イベント詳細


【基礎経済科学研究所・東京支部企画】
=ロシア革命100周年を記念して= 研究集会『ロシア10月革命とは何だったのか』

■日 時:2017年12月10日(日)9:30~17:00
■会 場:慶應義塾大学・三田研究棟A・B会議室
■資料代:500円

■趣旨:
(1)二月革命から十月革命へ、戦時共産主義からネップ、そしてスターリン体制の確立への政治史、経済政策にかかわる問題を掘り起こし、「ソ連は社会主義だったのか」を解明する。また、レーニンが主導した「社会主義の理念と現実」を検証し、現代史最大の実験は、世界に何をもたらしたか、その世界史的意義を探求する。
(2)現代の世界とロシアの現実からみて、ロシア革命の歴史的国際的意義を振り返る。

■プログラム
・午前の部:【個別報告】(9:30から150分を予定)
・午後の部:【シンポジウム】
  田口弥一氏『ソ連は国家資本主義だった』
  森岡真史氏『レーニンの10月革命は誤りだったか』
  聴濤 弘氏『ロシア10月革命の意義とスターリン体制の成立』
  (報告時間は3人それぞれ40分。いずれも仮題です)
・討論(90分)。 
・終了後に懇親会を予定。

慶応大学

ABOUTこの記事をかいた人

当サイト管理人。京都市生まれ。立命館大学法学部卒業。かつてはブント系の左翼だったが、現在は平凡な普通のおっさん。2004年にイラク侵攻への怒りから『旗旗』を開設。その後、ネットなどで知り合った人々と自由な個人共闘である「ジグザグ会」「三里塚勝手連」をはじめた。サイトはHTML→XOOPS→Wordpressと変遷し、14年分のコンテンツはそれなりに膨大だったが、現在もブログ以外のコンテンツは手作業で移植中のため、終わりが見えない状況。