東京藝術大学 芸術と憲法を考える連続講座


イベント詳細

このイベントは16 2月 2019に終了しました


東京藝術大学 芸術と憲法を考える連続講座2018年10月29日(月)18:30~
第10回 原発なき地球へ 戦争なき世界へ
金子飛鳥/ナターシャグジー

2018年11月19日(月)18:30~
第11回 生誕100年ちひろの絵本と憲法のこころ
松本 猛

2018年12月6日(木)18:30~
第12回 山と語学を愛した大学生はなぜ逮捕され命を奪われねばならなかったのか?
山野井季有

2019年1月11日(金)18:30~
第13回 憲法を活かす世界の人々~社会変革の先頭に立つ芸術
伊藤千尋

2019年2月16日(土)14:00~
第14回 表現の自由をもとめて~昭和俳句弾圧事件と九条俳句訴訟~
マブソン青観/佐藤一子

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
■ 会場:東京藝術大学 上野キャンパス 音楽学部5号館1階 103教室
https://www.geidai.ac.jp/access/ueno

■ 参加費:無料

■ 主催:東京藝術大学 音楽学部
 共催:自由と平和のための東京藝術大学有志の会
 後援:日本ペンクラブ

東京藝術大学 芸術と憲法を考える連続講座

ABOUTこの記事をかいた人

当サイト管理人。京都市生まれ。立命館大学法学部卒業。かつてはブント系の左翼だったが、現在は平凡な普通のおっさん。2004年にイラク侵攻への怒りから『旗旗』を開設。その後、ネットなどで知り合った人々と自由な個人共闘である「ジグザグ会」「三里塚勝手連」をはじめた。サイトはHTML→XOOPS→Wordpressと変遷し、14年分のコンテンツはそれなりに膨大だったが、現在もブログ以外のコンテンツは手作業で移植中のため、終わりが見えない状況。