「障害者」、アイヌ民族、女性の視点から優生思想を考えるつどい/札幌


イベント詳細


優生思想・強制不妊 差別と偏見にもとづく強制不妊手術に対して、国家の謝罪と賠償を求め立ち上がった人びとの闘いは、今もある優生思想の残忍さを気づかせました。優生思想について考え、語り合います。
■ 日 時:2018年11月11日(日)午後1時15分~5時
■ 会 場:白石区民センター5階 ホール
 札幌市白石区南郷通1丁目南8
 札幌地下鉄東西線白石駅下車上
 http://shiroishi-cc.com/白石区民センター/
■ 資料代:300円
 
■ 講師/内容:
・西村武彦さん(優生保護法被害者北海道弁護団長)
 「優生保護法にみられる優生思想について」、
・安積遊歩さん(さまざまな大学非常勤講師)
 「障害のある身体を抵抗の証として
  ―優生保護法とカイロ会議発言、そしてその前後の取り組み」
・木幡寛さん(アイヌ民族)
 「アイヌ民族差別・同化政策と優生思想」
・長束真砂子さん(兵庫県立子ども病院元看護師)
 「兵庫県の不幸なこどものうまれない運動は終わっていない」
■ 主催:障害者・マイノリティなどの人権と生活を考える会
[amazon_link asins=’4811807340,4811806611,B01DBXN4AA’ template=’hatahata’ store=’hatahata-22′ marketplace=’JP’ link_id=’1a47dc0b-e5ad-11e8-9afc-a9ea6f52dedb’]

Other Posts こんな記事もあります(一部広告)。

優生思想・強制不妊