トークセッション 薔薇マークキャンペーン 〜日本にも“反緊縮”の選択肢を!〜 松尾匡×朴勝俊×西郷南海子/神戸


イベント詳細


薔薇マークキャンペーン 〜日本にも“反緊縮”の選択肢を!■ 日時:2019年3月24日(日)14:30~16:00(14:00開場)

■ 会場:サンシティビル8階
 神戸市中央区雲井通6丁目1−15
 ジュンク堂書店三宮駅前店の一つ上の階

■ 主催:ジュンク堂書店三宮駅前店
 連絡TEL078-252-0777

■ 協賛:薔薇マークキャンペーン
 ひとびとの経済政策研究会
 市民社会フォーラム

呼びかけ

 日本で初の“反緊縮”をかがげるムーブメントが始まりました。その名は“薔薇マークキャンペーン”。“薔薇”のマークは、人々が豊かな生活と尊厳を求める世界的な運動の象徴です。
 “反緊縮”とは、財政緊縮を掲げてきた「新自由主義」路線に対抗し、公的社会サービスなどの公共支出拡大と雇用拡大を提唱する世界的な路線のことです。

 アメリカでも2018年の中間選挙で、「民主主義社会主義」サンダース派のオカシオコルテスが現職院内総務のエスタブリッシュメントを破り、民主党のニューヨークの下院議員候補に選ばれ、そしてトランプ与党候補に対して、圧倒的に勝利しました。彼女は、公的医療保険の全国民への拡大や公立大授業料の無償化、働くことを望む全ての人への公的な雇用保障などを公約に掲げています。

 オカシオコルテスの政治の師サンダース上院議員はじめ、イギリス労働党のコービン党首、スペインのポデモスなど、欧米各地で“反緊縮”の提唱者が台頭しています。フランスでも緊縮策を強いるマクロン政権に反対する「黄色いベスト運動」が庶民増税をストップさせています。

 日本でも始まった“反緊縮”ムーブメントを知っていただく機会として、“薔薇マークキャンペーン”の呼びかけ人のブックフェアとタイアップして、松尾匡代表はじめ呼びかけ人のトークライブを開催します。

トークセッション参加者の著書
    

薔薇マークキャンペーン 〜日本にも“反緊縮”の選択肢を!

ABOUTこの記事をかいた人

当サイト管理人。京都市生まれ。立命館大学法学部卒業。かつてはブント系の左翼だったが、現在は平凡な普通のおっさん。2004年にイラク侵攻への怒りから『旗旗』を開設。その後、ネットなどで知り合った人々と自由な個人共闘である「ジグザグ会」「三里塚勝手連」をはじめた。サイトはHTML→XOOPS→Wordpressと変遷し、14年分のコンテンツはそれなりに膨大だったが、現在もブログ以外のコンテンツは手作業で移植中のため、終わりが見えない状況。