経済にデモクラシーを取り戻すために『「反緊縮!」宣言』刊行記念 松尾匡×梶谷懐×西郷南海子/神戸


イベント詳細


経済にデモクラシーを取り戻すために
『「反緊縮!」宣言』刊行記念 松尾匡×梶谷懐×西郷南海子

『「反緊縮!」宣言』(亜紀書房)

 この度、日本ではじめて「反緊縮」という言葉をタイトルに掲げた書籍『「反緊縮!」宣言』(亜紀書房、5月23日発売)が刊行されます。

 では、ここでいう「反緊縮」とは一体どういうものなのでしょうか? 一言でいえば「反緊縮」とは、「政府が積極的に財政支出をして、人びとの暮らしを支えていくこと」を指しています。これに対して、「緊縮」とは「政府が財政支出を抑制し、財政の立て直しを図ることによって、人びとの暮らしを貧しくしていくこと」を指していますが、今年の10月に予定されている消費増税は、典型的な緊縮政策だと言えるでしょう。

 近年の欧州ではこの「反緊縮」という言葉を掲げて、長年の新自由主義政策によって苦しめられた人々の生活不安の声を拾い上げ、私たちの日々の暮らしに直結する経済の領域にも「民主主義(Democracy)」を求める運動が広がっています。

 『「反緊縮!」宣言』の刊行を記念して、こうした反緊縮運動の理念を紹介するとともに、欧州とは異なるアジア(特に日本)にこの反緊縮の理念を根付かせていくにはどうしたらいいのか、そして経済に「民主主義」を求めるとはどういったことかについてお話をしていきたいと思います。

  • 日時:2019年6月8日(土)
       14:00~16:00(開場13:30)
  • 会場:サンシティビル8階(ジュンク堂書店三宮駅前店の一つ上の階)
       神戸市中央区雲井通6丁目1−15 電話078-252-0777
  • 主催:ジュンク堂書店三宮駅前店
    協賛:亜紀書房/明石書店/薔薇マークキャンペーン/ひとびとの経済政策研究会/市民社会フォーラム

   

『「反緊縮!」宣言』(亜紀書房)

ABOUTこの記事をかいた人

当サイト管理人。京都市生まれ。立命館大学法学部卒業。かつてはブント系の左翼だったが、現在は平凡な普通のおっさん。2004年にイラク侵攻への怒りから『旗旗』を開設。その後、ネットなどで知り合った人々と自由な個人共闘である「ジグザグ会」「三里塚勝手連」をはじめた。サイトはHTML→XOOPS→Wordpressと変遷し、14年分のコンテンツはそれなりに膨大だったが、現在もブログ以外のコンテンツは手作業で移植中のため、終わりが見えない状況。