敗戦記念日を覚え、平和を求める集い~斉藤幸平さん講演/滋賀


イベント詳細


敗戦記念日を覚え、平和を求める集い 斉藤幸平講演会

エコロジーやジェンダー、人種差別をめぐる新しい社会運動、オキュパイ運動、ブラックライブスマター、未来のための金曜日…。
分岐点にある世界を牽引するために、ほんとうの左翼が担うべき仕事はなんなのか。世界の左翼潮流を見ながら考察したいと思います。

■ 講師:斎藤幸平さん(大阪市大准教授)
 テーマ「いま。未来への分岐点」

斎藤幸平:1987年生まれ。大阪市立大学経済学研究科准教授。ベルリン・フンボルト大学哲学科博士課程終了。2018年『大洪水の前に-マルクスと惑星の物質代謝』で日本人として初、最年少でドイッチャー記念賞を受賞。
著書にNatur gegen Kapital: Marx’ Okologie in seiner unvollendeten Kritik des Kapitalismus, Campus, 2016 共著に『労働と思想』(堀之内出版、2015年)等。
監訳にマルクス・ガブリエル、スラヴォイ・ジジェク『神話・狂気・哄笑』(堀之内出版、2015年)等。
編著にMarx-Engels-Gesamtausgabe, IV. Abteilung Band 18, De Gruyter, 2019.

   

■ 日時2020年8月16日(土)
 13:30受付 14:00~16:00

■ 会場:解放県民センター4階大ホール
 滋賀県大津市におの浜4丁目1−14
 JR膳所駅・京阪膳所駅より北東へ約1km
 近江バス・京阪バス 馬場一丁目バス停より北東へ約250m
 http://www.shigajinken.or.jp/about_us.html

■ 参加協力費¥1000

■ 主催:日本基督教団滋賀地区社会委員会
連絡TEL090-8821-5367(木戸)

敗戦記念日を覚え、平和を求める集い 斉藤幸平講演会

ABOUTこの記事をかいた人

当サイト管理人。京都市生まれ。立命館大学法学部卒業。かつてはブント系の左翼だったが、現在は平凡な普通のおっさん。2004年にイラク侵攻への怒りから『旗旗』を開設。その後、ネットなどで知り合った人々と自由な個人共闘である「ジグザグ会」「三里塚勝手連」をはじめた。サイトはHTML→XOOPS→Wordpressと変遷し、14年分のコンテンツはそれなりに膨大だったが、現在もブログ以外のコンテンツは手作業で移植中のため、終わりが見えない状況。