2008年6月

稲田朋美議員(弁護士)天皇制

映画『靖国 YASUKUNI 』予告編映像と稲田朋美議員(弁護士)

世間がこの騒動で注目するべきは映画よりも稲田議員のほうなんですよね。ネトウヨ系の「オピニオンリーダー」がやっている言論弾圧の犯行手口を、議員や弁護士という責任ある立場の人間が、そのまんまリアルの世界でやっているというトンデモさんなわけです。映画の内容ではなく、そのことが今回の事態の本質なのです。