2009年 5月

アクション

寄稿】在特会、外国人追い出しへ行動へのカウンター情宣報告(名古屋)

5月2日、在特会と新風による外国人排斥名古屋デモが行われた。これに対抗して「在日、滞在外国人への排撃許すな」と題して対抗街宣活動を行った。以下はその報告。街宣場所は、右翼デモとの直接の衝突をさけるため、予定の場所を移動し、買い物客・行楽客で賑わう名古屋の中心部の道路をはさんで激しいシュプレヒコール合戦を敢行。また、デモ解散した右翼メンバーの一部が、我々を挑発しにきた場面もあったが、よくこれを抑え、我々は正当な闘いを貫徹した。頭にはくるが、つまらないこと。大衆は両者をチンピラとしか見ない

国家・国籍

在特会「外国人追い出しデモ」の本質

私が「不法滞在の外国人を規制するべきだ」とごく素朴に考えている、そんな右翼市民だったらどうしたかなと考えることがあります。まず、13歳の女の子の個人宅や小学校にデモをかけるなどという非人道的な行為には絶対に反対したと思います。北朝鮮を見ればわかるように、非人道的な行為を正当化する理屈には、何か根本的な部分において致命的な欠陥があるのです。そこに目をつぶって理屈をこねくり回し、自分たちの正当性を主張する点において、まさに彼らはひと昔どころかふた昔も前の左翼運動の最悪の部分、その正統にして漫画的な後継者であり、それを裏返しただけの醜悪なパロディでしかありません。

どうでもいいこと

『旗旗』開設5周年ありがとう!

この5月で『旗旗』開設祝5周年だぁ~♪. ノ'0')ノ ̄♪祝 v(^O^)v 祝♪~ヘ('0'ヘ). イェーイ!と喜ぶのは自分だけか(泣)。しかし思えば最初はジオサイトの一角にて、めちゃしょぼいサイトをオープンさせたのがはじまりでしたねー。「このサイトについて」やら何やらで書いていますが、コケた元活動家として、なんかクラーいというか、でも右傾化する世相を見ると、何かしないともうこの国はダメになるというか、そういう悲壮な感覚がありました。裏返せばかなり真面目な雰囲気があったと思うのですが、5年ですっかり軽くなっちゃいましたぁ。(^~^;)ゞ

追悼:忌野清志郎さん

私の世代ではやはりこれ。政治的な物議をかもした曲もあったし、サイトの性格上、よほどそちらにしようかとも思ったけれど、あえてこの曲で送りたいと思います。政治的に利用されたり、変に祭り上げられることを嫌った清志郎さんを私が送るとしたら、、やはりそうすることが一番ふさわしいように思うから。もともと「ロック魂」に欠けるし、そんなにファンというわけでもなかった人間が言うのも本当におこがましいのですが、できることなら、清志郎さん本当にありがとう、そしてごくろうさまでしたと、私にもせめて一言だけ、そう言わせてください。

『旗旗』は草加耕助が趣味で運営している個人サイトです。投稿してくれる奇特な皆さんの記事もあります。気に入っていただけたら、ごゆるりとお過ごしくださいませ。
このサイトについて