【すみません!】物販の発送が遅れています

もう無理!
ごめんなさい

「ショップ旗旗」にて購入を申し込まれた皆様へ!

 大変にお待たせして申し訳ありません。(_ (–;( _(–; ペコペコ
私、個人的に今、睡眠時間を含めて一日10時間足らずしか自由時間がとれない関係上、処理が大幅に遅れています。

[スポンサーリンク]

 9月末頃より申し込みが増えはじめて、私の一日の処理能力を上回る件数のご協力をいただいたため、処理するよりたまるほうが多くなりつつあります。特に「10月20日カンパ集約」の方針が出てから、駆け込み的に増えています。

 こんなふうに書くと、「いったい何十件の申し込みが来てるんだ!」と思われるかもしれませんが、実際はそんなに驚かれるほどでもないです。私がへたれなだけです。すみません。

 とは言え、これがボランティアの「カンパの取次ぎ」ではなくて「商売」だったら・・・。
って、不謹慎ですね!┌(`Д´)ノ)゚∀゚ ) すみません、Part2。

 近日中には必ずお届けしますので、もう少しだけお時間下さい。
  かえすがえすもごめんなさい。ゴメン(-人-;)(;-人-)ゴメン

 あ、それから被告連帯Tシャツの最終発送分は、20日のカンパ集約日ぎりぎりになると思います。とりあえず入金が間に合わない分は、私が立て替えて基金にカンパしておきますので、その後での入金もよろしくですう。

Related Posts 関連記事はこちらです。

Other Posts こんな記事もあります(一部広告)。

4 件のコメント

  • 【緊急】在庫一掃投げ売りセールのお知らせ。草加さんにはいつもお世話になっております。本日はもう13日です。あと一週間で、柘植さんから提起された集約の日になります。この日にカンパ金全額の一時集約をすることになっています。そうすると、17日に届く予定の第三次分Tシャツを3000円で販売し、その利益分をカンパにまわす、というような悠長な事をやっている時間がありませんので、突然の事で草加さんを混乱させるかも知れず申しわけありませんが、本日より「在庫一掃投げ売りセール」に入りたいと思います。本日からご注文の方は1着でも1200円で販売します。利益はありませんので、この売上げはカンパにはなりません。しかし「管制塔基金運動」の宣伝材料として活用してください。また闘争終了後は、「闘争勝利記念品」として永くご愛用ください。キャップは700円、マグカップは735円にいたします。「ええ~!? もう3000円払っちゃったよ~。損したぁ」などと思うなかれ。いただいたカンパ分はちゃんと連帯基金に送金されますからね。\(^o^)

    -予約以外で残っているTシャツの枚数

  •  草加さんくれぐれも無理しないで下さいね。先日のオフ会で伺いましたが、一日三四時間しか寝ないなんて本当に体を壊してしまいすよ。お互いもう若くはないのですからボチボチ行きましょう。

  • まっぺんさん>

    >突然の事で草加さんを混乱させるかも知れず申しわけありませんが

    うーむ。確かに混乱するかも(笑)
    「ショップ旗旗」での連帯Tシャツ取り扱いは終了しておりますし、当方でセール分の在庫を持っているわけでもなく、旗旗から申し込んでいただいても、まっぺんさんのところへの注文状況によっては在庫が確保できるかどうかわかりません。とりあえず、まっぺんさんのところで在庫を一元管理していただいたほうがいいかと思います。

    と、いうことで、在庫一掃セール分のお申し込みはまっぺんさんのほうに窓口を一本化ということでお願いします。
    なお、在庫一掃で購入された分はカンパにはなりません。全部業者への支払いに消えます。 まっぺんさんが赤字をかぶらなくても良いということですので、希望の方は購入してあげて下さい。

    http://redmole.info/frame02.html

    アッテンボロー さん>

    ご心配ありがとうございます。しかしボチボチしてたんでは集約に間に合わないので、あと一週間は死んだ気になって飛ばします。その後で少し休もうかなー。

  • <成田管制塔襲撃>元活動家が賠償金約1億円を納付へ

     成田空港開港直前の78年3月に起きた管制塔を襲撃した事件に関連した過激派の元活動家らが27日、裁判で支払いを命じられた賠償金約1億300万円を来月中旬に現金で納めることを決めた。納付先は、国と成田国際空港会社(当時・新東京国際空港公団)。元活動家らは支援者からカンパを集めるなどして賠償金を用意したという。
     事件をめぐり、国などは破壊された機器などの賠償を求めて提訴。最高裁が95年7月、4384万円の支払いを元活動家ら16人に命じる判決を出し確定した。しかし、支払いはなく、国側は民法上の時効を停止させるため今年7月、元活動家の一部の給与を差し押さえるなどして協議を続けていた。賠償額は法定利息で膨らんだ。
     襲撃事件は、開港予定の4日前に発生。活動家が空港内に侵入し、管制塔を占拠し、機器類を鉄パイプや火炎瓶などで破壊するなどした。事件により、開港は約2カ月延期された。【長谷川豊】

    おめでとうございます。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です