〔社会〕ここ最近の活動報告(2013/4/2)

by ときわ列車

常磐在来線主義者 こんばんは、ときわ列車です。

 いろいろと書きたかったことが溜まっているのに、日記にしないまま過ごしてしまいました…

 今回はmixi日記の転載ですが、「活動報告」でもあるため、そういう内容になるよう編集しております。なお、画像は載せません、悪しからずm(__)m

①3/15
 この日は経済産業省前の「脱原発テント」を訪れました。

 このテントに対し、政府は強制撤去の圧力をかけてきており、テント前には前日に東京地裁から出された「公示書」がありました(参考…
http://tentohiroba.tumblr.com/post/45328566073/3-14#)。

 リンク先の「公示書」を一見するとテントのことを認めたように見えますが、実際は東京地裁が「仮処分」をしたという以上、今後は裁判次第でテントひろばの運命が決まることを示すものである側面が強いでしょう。

 この日は「仮処分」のことを聞きつけた福岡の方とテントで出会うことが出来ました。玄海原発再稼働阻止のための様々な取り組みを知ることができ、とても嬉しかったです。

 このテントには在特会なども妨害に来ているようです。可能な限り訪れて「テント防衛」の一助となりたいです。

②3/24
 千葉県の成田空港に今もなお反対している「三里塚芝山連合空港反対同盟」の全国集会に行ってまいりました。

 僕がこの同盟を知ったのは実は学生時代で、招待された動労水戸の旗開きに事務局長の北原鉱治さんも出席していたことで繋がることが出来ました。

 それまで「成田空港=日本の空の玄関口」という認識しかなかったのですが、段々その認識だけでは成田空港の「本当の姿」を見てはいないことに気付き始めました。

 そして決定的に認識が変わったのは2009年におこなった「現地訪問」。農地の頭上のかなり低く感じるところで飛行機がバンバン飛び交う状況には恐怖を覚えました。これ自体が「農民への脅し」なんだと痛感しました。一方でいくら「補償金」を積まれても、自らの「生活の糧」である畑を手放さない農民の皆さんの「強さ」に触れ、もっと力になりたいと思ったものでした。

 あれから4年…今再び農民が農地を奪われようとしている状況下において、僕は再び三里塚の地にこのサイトの管理人などがメンバーになっている勝手連と共に降り立ち、集会とデモを貫徹(その間は動労水戸の皆さんと行動)しました。

 集会では動労千葉・水戸など連帯する労組や団体のみならず、多くの人々がアピールしました。特に福島から椎名千恵子さんもアピールしました。このアピールが非常に素晴らしかったです。彼女の発言で福島と三里塚がさらなる連帯を深めたことを確信しました。「当たり前に『命』を守るその摂理に立ちましょう」という言葉を僕も今後胸に抱いて具体的に行動したいです。

 ちなみに椎名さんによるアピールの動画も上がっていますのでこれを紹介します。

集会の様子はこちらも参照を…
http://www.sanrizuka-doumei.jp/home/2013/03/post-371.html

 デモの最中も飛行機が低空で頭上を何度も通り過ぎました。正直怖かったです。この恐怖に「毎日」晒されつつも農地を守るためたたかいぬく農民のみなさんには頭が上がりません。

 僕は、三里塚の地とそこに生きる農民の皆さんが大好きです。彼らと共にたたかうことを、この日、改めて誓いました。

 ところで、この日は帰る前にもう一度勝手連の皆様と合流し、少しの時間でしたが食事を共にしました。三里塚での具体的な行動とこの会を通して連帯を深められたと確信しました!

 また行くぞ!三里塚!!!

③3/29
 この日の「いわき駅前アクション」は特別な思いで臨みました。

 というのも、このアクションで中心的な位置にいた女性、HN「ひまわり」さんが東京に引っ越すことになってしまったため、確実にいわきのアクションに参加できる最後の日だったからです。

 僕たちアクションの仲間は彼女のために送別会を開くことにしました。

 急に開こうとしたものだったので、色々と根回しが大変だったのに、言いだしっぺの一人が他ならぬ僕なのに他のアクション参加者の皆さんにご迷惑をおかけしてしまい、主役の「ひまわり」さんに対しても準備をやっていただいた皆さんにも本当に申し訳ない気持ちでいっぱいでしたが…

 会は原発問題に関する厳しい話がありながらも、楽しく進み、「ひまわり」さんも満面の笑みを浮かべていました。その姿にまた心打たれました。
http://ameblo.jp/yukikoot/

 彼女とは、こちらから東京に出向けばまた会えますが、いわきでできたアクションの仲間と繋がれたのも、そしてその皆さんに動労水戸平支部まで加わって大きな連帯の輪が出来たのも、彼女の力が大きかったと思います。

 今後は、自分のアクションでの役割ももっと大きくなると思います。ですが、この「いわき駅前アクション」はみんなで作り上げるもの。あまり自分だけで背負いこもうとせずに、自然体で運動に関わり続けようと思います。

 ひまわりさん、ありがとう!!!!

④4/1
 話は今までとは一気に変わって職場の話。

 この日、正式に辞令が出て今の会社に「正社員」として採用され、その最初の出勤日でした。これにより、ようやく今の会社で「労働組合」に加入することができます。

 しかし、話に聞くだけでも「御用組合」なのが見え見えです。明日はその説明がありますが、どんな活動をするのか、全部は知り得ないでしょう。とはいえ、この組合をより「まとも」な組合にするのが僕の役目ではないかとも思っています。

 仕事は仕事として力を入れつつ、この組合をどう変えるか模索します。

 原発も三里塚も仕事も組合も……大変なのは、これからです。

Other Posts こんな記事もあります(一部広告)。

常磐在来線主義者

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です