清志郎さん

by 中野由紀子
清志郎さん逝ってしまいました。
まだ涙が出ません。ただただ寂しい。
しばらく経ってからどっとくるんじゃないかと思います。
追悼のCDやらDVDやらがこれからたくさん出ると思います。
「絞ったジュースを水で薄めて売りさばく」業界人に儲けさせるのがなにより嫌いだった清志郎さんです。
バカなレコード会社の「便乗や利用」みたいなやり方はよしてほしいなぁと強く思うのでした。
「俺みたいなジャパニーズの小おとこが、黒人に太刀打ちできるようになるには、喉から血が出るくらい歌わないと」と言っていました。
復活祭で着たピンクのスーツで、薔薇に囲まれて新しいツアーに出たバンドマンは、今ごろ薔薇風呂にでも浸かって疲れた身体を癒してるでしょう。
「花をたくさん付けて棺おけから起き上がってくるヤツが一番不死身だよな」とも言ってました。
それでひところは頭にやたら花を付けてステージに上がっていましたね。
出世払いができなくなっちゃった。
いつかみんなそっちに行きますから、それまでみんなを見守ってもらいましょうかね。
本当にありがとうございました。これからもよろしくお願いします。
////////////////////////////////////////////////
◆告別式(ラストステージ)は、
日時 5月9日(土) 
 12時~13時 葬儀
 13時~18時 告別式(一般の方の弔問も受付いたします)
   (※当初15時までの予定が、18時まで延長になりました)
場所 東京都青山葬儀所(東京都港区)
http://www.aoyamasougisho.jp/map.html
※密葬は3日、4日に目黒の羅漢会館で行われました。
////////////////////////////////////////////////
草加さんはじめ、皆さんのブログでいろんな映像が紹介されていますので、
私はなにで送ろうかすっかり迷ってしまいました。ハー
詩人としての良さといいましょうか、それも知ってほしい気がしますので、
とりあえずこの2曲にしました。
アルバム『夢助』より「花びら」と、
アルバム『RHAPSODY』より史上最強のラブソング「スローバラード」。
◆「花びら」 忌野清志郎


◆「スローバラード」 RCサクセション

拍手ゆきちゃんに拍手を贈る

追悼:忌野清志郎さん

2009年5月5日

Other Posts こんな記事もあります(一部広告)。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です