1968.10-1969.02 映画「続・日大闘争の記録」

反戦動画集のトップにもどる

 1968年9月30日、大学経営陣は大衆団交に津波のように結集した1万人の学生の前に屈服しその要求を受け入れた。これにより日大闘争は学生側の勝利的解決で収束に向かうと思われた。
 だが、時の佐藤自民党政権はこれを政治問題ととらえて学内問題に介入し、国家権力を総動員して日大闘争の封殺を計りはじめた。さらに日大当局も一転して学生との合意を反故にし、暴力団・右翼学生組織(関東軍)を使って学生に襲いかかる。
 ドキュメンタリー「続・日大闘争」は1968年10月から1969年2月までの、闘争開始から200日を越えようとするバリケードストライキの防衛と東大闘争を支援する街頭・キャンパスでの機動戦を描く。

映画「日大闘争の記録」

1968.04-09 映画「日大闘争の記録」

2012年4月23日
日大闘争ドキュメント(けいとういホームページ)
注意

このビデオの著作権は日大全共闘映画班を継承するグループが有します。このビデオの非商用目的での利用に許可はいりませんが、全体・部分を問わず、改編・剽窃は、日大闘争に参加した同志の人権、名誉において禁じます。
1968年全共闘だった時代より)

Other Posts こんな記事もあります(一部広告)。

映画「続・日大闘争の記録」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です