ここがオカシイ!? 靖国神社

by tutti
靖国神社に参拝する右翼
こんにちは。不安定な気候が続いていますね。今回、初日記ということで緊張しています。

私は神奈川県の高校一年生ですが、このサイトの常連shgfuさん「じゃないほう」ですので(間違われたこともある)あしからず。

さて、ちょっと前の話になりますが、終戦記念日の靖国神社。

あそこは「その日」ばかりは異様な雰囲気がただよっています。

クソ暑いのにスーツをびちっときた右翼集団、軍服姿で日の丸片手の爺ちゃん等々。

その中でも目を引いたのが遊就館でした。
僕はわざわざ中を見て回ったのですが、感想は「ひどい!}

まるで日本がアジアを「解放」した英雄のように扱われているじゃないか!

少なくとも、太平洋戦争を、帝国主義国家の植民地の奪い合いと思っていた
僕にとってはある意味衝撃的な展示でした。

展示で、天皇制の遠大な歴史や、武士の死をも恐れぬ忠誠心、そして太平洋戦争で、国を守るために散って行った英霊・・云々説明されても、僕の気持ちはしらけるばかり。むしろ作為的なものすら感じる。

戦中に日本軍が犯した凄惨な犯罪や、おびただしい数の犠牲者、侵略に翻弄された人民などについては、まるで触れられていなかったのだから。

私は、戦没者を悼み、冥福を祈るのは大切なことだと思います。

そうすることで、おぞましい戦争の記憶を後世に伝え、二度とくり返さないようにすべきでしょう。

だからこそ、戦争を無制限に美化しようとする靖国神社には納得いかないし、
追悼施設としての役割からも逸脱しているように思います。

このことについてちょっと考えているのです。様々な方から意見を賜りたいと思います。

Other Posts こんな記事もあります(一部広告)。

靖国神社に参拝する右翼

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です