サイト案内

お知らせ】「ニュースとお知らせ」をブログに統合します

おしらせ今まで、当ブログにおいては私の個人的な意見や拙い思索のようなものを中心に掲載しておりましたし、政治ブログというのは、少なくとも人様に読んでいただいたり、ご意見を頂戴することを前提にするのであれば、そういう自分の論考を中心に載せるべきものだと思っていました。

それで、当サイトに関する技術的なお知らせや、要請文などの単なる転載記事、それにマスコミのニュースに少し自分の意見を書き足したにすぎないものは、ブログではなく、「ニュースとお知らせ」のほうに掲載するようにしていました。ブログのカテゴリにその手のものが残っているのは、以前にMovable Typeをつかっていた時代のなごりにすぎません。

しかし、CMSを使わずにブログ単体機能だけで運営されているサイト様の場合なら、単なる「お知らせ」を含めて何もかもをブログに統合しておられるのが当然のことだったりするわけです。それどころか折々のマスコミのニュースにコメントをつけただけのブログも多くあります。そういうのを見ているうちに、なんだかそのほうが自然なような気がしてきました。よって今後は、「ニュースとお知らせ」をブログに統合することにしました

個人的な感情から言いますと、ニュースといえども、もちろん他人が苦労して作り上げた立派な言論であり、それをネタにして、「お知らせ」などで紹介するのならともかく、ブログという本来「自分の創作物」を置くべき場所で再利用するなんてのはどうも抵抗感があります。とりわけ、誉めるのならともかく、どうしてもその記事を批判せざるを得ない場合など、他人のふんどしで相撲をとっておきながらエラソーなことを言って、その記事を書かれた記者さんに本当に申し訳ないなあと、今から心が痛みます。あと、そういう「ニュースにコメントつけただけ」という形式なら、一日に3本でも5本でも、簡単で楽に書けるということがあります。つまり何となく「ズル」しているような気がする(笑

などという言い訳も書きつつですが、このブログ部分だけを見ていただいている方も多いようですし、これも読者の便宜の一つになるかもしんないなどと自分を納得させております。現在、「ニュースとお知らせ」に置いている文章も、日付をあわせて、順次こちらに転載していくつもりです。そのため、ただでさえ水のようにシャバシャバに薄い当ブログの内容ですが、今後はさらに薄くなるかもしれません。その点につきましては、なにとぞ御容赦ください。

最後に、役割を終えた(?)「ニュースとお知らせ」機能の使い方ですが、まだはっきりとは考えていません。現在、この部分にもコメント投稿できる機能はついていますが、さらにトラバの送受信機能を付加して、読者のみなさんが自由に使用できる、「みんなの共用ブログ」にしようかなあなどと思っていますが、苦労して設定しても、需要はほとんどないであろうと思えて迷うところです。

でも、こういう「ズルしてる」という感覚に自分が耐えられなくなった場合、結局はまた元の形式に戻してしまいそうな予感。いやほんと、たとえどんなに拙いものでも自分なりに文章を考えることに比べたら(文章に限らず)他人様の作り上げた表現活動に乗っかって、それを論評するのは、それを作り上げた人の半分以下の労力ですみます。特に自分にとって批判しやすい文章をさがし、それをコキおろすのが一番簡単でして(笑)、おそらくその文章を書いた人の4分の1程度の労力でできてしまう。やはり批判は批判なりに、そこに自分なりの創作が含まれていないものは長期的に見て尊敬されませんし、そんなにお手軽に否定されては、文章を書く人間としてたまったものではないだろうなと先回りして考えてしまうんです。

どうも「楽すること」に罪悪感を持ってしまうんですよね。まあ、それでも、マスコミ報道のあり方に意見をいうのならまだいいんですよ。「公器」ですからね。公共性もあります。ですが、一般人が書いたブログの文章を集めてコキおろすことで成立しているサイトもあります。こういうサイトもあるのですから、マスコミ記事批判にさえ罪悪感をおぼえてしまう私は、ちょっと古いのかなあとも思います。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

トップリンク


おすすめ













市民派議員


衆議院議員/服部良一

千葉県議/吉川ひろし

成田市議/足立まちこ

柏市議/内田ひろき

門真市議/戸田ひさよし

カウンター


昨日 :
本日 :

FROM 2004/5/01

過去記事ランダム表示

稲田朋美議員(弁護士) 映画『靖国 YASUKUNI 』予告編映像と稲田朋美議員(弁護士)

世間がこの騒動で注目するべきは映画よりも稲田議員のほうなんですよね。ネトウヨ系の「オピニオンリーダー」がやっている言論弾圧の犯行手口を、議員や弁護士という責任ある立場の人間が、そのまんまリアルの世界でやっているというトンデモさんなわけです。映画の内容ではなく、そのことが今回の事態の本質なのです。

月別アーカイブ

  1. フリーダウンロード

最近の記事

  1. トランプ抗議プラカード
  2. 不正ハンターたかひら
  3. ハロウィンの赤ちゃんの写真
  4. 不正ハンター高比良宣伝カー
  5. これが開票作業だ 戸田ひさよし
  6. 旗旗のアンテナ
  7. 旗旗のリンク集
  8. 小林よしのり氏、立憲民主党の応援
  9. 辺野古リレー
PAGE TOP