ニュース】衆院選沖縄 自民前職(裏切り4人組)が軒並み苦戦 全員落選なるか?

石破の恫喝はよほど怖かったのだろう。意気消沈だった衆院4人組+参院1

投稿者: 司 宮二

衆院選:1区赤嶺・国場氏接戦 4区仲里氏やや先行(沖縄タイムス2014/12/11)
https://www.okinawatimes.co.jp/article.php?id=94160

(…前略)1区は共産前職の赤嶺政賢氏(66)と自民前職の国場幸之助氏(41)=公明推薦=の接戦となり、維新元職の下地幹郎氏(53)は厳しい戦い。2区は社民前職の照屋寛徳氏(69)が優勢で、自民前職の宮崎政久氏(49)=公明推薦=は苦しい展開。3区は生活前職の玉城デニー氏(55)が優位に立ち、自民前職の比嘉奈津美氏(56)=公明推薦=は支持の広がりが見られない。4区は無所属新人の仲里利信氏(77)がやや先行し、自民前職の西銘恒三郎氏(60)=公明推薦=が追う。(…中略…)

 1区は赤嶺氏が共産、社民の支持層をまとめ、無党派層の半数近くに浸透している。国場氏は自民支持層の7割と公明支持層の多くを固めているが、無党派層の支持は2割にとどまっている。下地氏は維新と生活の各支持層が厚く、無党派層も一定取り込んでいる。

 2区は照屋氏が社民、民主、維新、共産、生活の各支持層の大部分に浸透。宮崎氏は自民支持層を固めたが無党派層に広がりを欠いている。

 3区は玉城氏が生活をはじめ民主、維新、共産、社民の各支持層をまとめ、無党派層も約8割が支持。比嘉氏は自民、公明支持層以外への浸透が進んでいない。

 4区は仲里氏が無党派層の6割の支持を集め、社民支持層にも浸透する。西銘氏は自民支持層の大半をまとめたが、無党派層の支持は広がっていない。 (後略…)


石破の恫喝に屈して沖縄を売り渡した自民党議員たち

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

基本的にROMっているおじさんですが、ネット巡回中に気になった記事や情報などを紹介したいと思います。苦情などは連絡フォームから、司宮二宛と明記の上で送ってください。草加さんにすべてをぶんなげですがよろしく(笑)。