ニュース】放射能汚染水、1年8か月間流出の可能性…破綻する安部・ブエノスアイレス発言

安部ブエノスアイレス発言
破綻する安部・ブエノスアイレス発言

投稿者: 司 宮二

 怒るより先に真っ青になりました。もう東電を批判して済ませられる段階ではないし、日本だけの問題でもない。首相は「完全にブロックされている」「コントロール下にある」としたブエノスアイレス発言をすぐに撤回して国際社会に陳謝し、オリンピックも返上して世界に援助を求めるべき。全力で対策を!

————-
汚染水、1年8か月間流出の可能性…東電発表
2013年9月18日読売

 福島第一原子力発電所の貯蔵タンクから漏れた汚染水中の放射性物質が、雨水とともに約1年8か月間にわたって、周辺の地中や港湾外の海に流出し続けていた可能性があると、東京電力が明らかにした。

 東電の説明では、2012年1月と2月に、2区画のタンクからの汚染水漏れを見つけ、漏水部分をふさぐ補修工事を行ったが、タンクを囲む汚染水の外部流出を防ぐせきの排水弁は当時から開きっぱなしにしていた。先月に300トンの汚染水漏れなどが見つかったタンクがある2区画とは別だった。

 東電は15日、台風18号の接近に備えてせき内にたまった雨水を採取し、検査を実施。その結果、この計4区画のせき内の雨水には、ストロンチウムなどの放射性物質が1リットル当たり17万~2400ベクレル含まれ、国の放出基準値(同30ベクレル)を大幅に上回っていた。

 東電は17日、「せき内に残っていた放射性物質が雨水と混ざり、排水弁を通じてせきの外に流出した可能性がある。外洋への流出も否定できない」と話した。

————-
安倍首相:汚染水「完全にブロック」発言、東電と食い違い
2013年09月09日毎日

 安倍晋三首相が、7日にアルゼンチン・ブエノスアイレスで行われた国際オリンピック委員会(IOC)総会の五輪招致プレゼンテーションで、福島第1原発の汚染水問題をめぐり、「完全にブロックされている」「コントロール下にある」と発言したことについて、「実態を正しく伝えていない」と疑問視する声が出ている。

 9日に開かれた東京電力の記者会見で、報道陣から首相発言を裏付けるデータを求める質問が相次いだ。担当者は「一日も早く(状況を)安定させたい」と応じた上で、政府に真意を照会したことを明らかにするなど、認識の違いを見せた。(後略)

Other Posts こんな記事もあります(一部広告)。

安部ブエノスアイレス発言

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です