辺野古より緊急よびかけ!!23日から「事前調査(事実上の着工)」開始!3度目の闘いが始まった!

辺野古埋め立て予定地の海底
辺野古埋め立て予定地の海底

(AMLより転載)

転載歓迎!緊急!!!
週明け(23日)から事前調査開始!!

県内外の皆さん、辺野古へ結集してください!!
3度目の闘いは始まった!!

 今朝、琉球新報は朝刊で「週明けから事前調査・那覇防衛施設局、警備、県警と調整」と報道しました!!

・「事前調査」は基地建設を強行しようとする政府の「V字型滑走路基地建設の着工」に他なりません!!
・さらに、環境アセス法さえも無視した違法な調査なのです!!


★この事前調査を絶対に許してはなりません。

事前調査(実質、基地建設着工)において政府はアセス法違反であり、法治国家としての責務も負っていません。のみならず、県民のV字型滑走路建設反対の約7割の声を完全に無視しています。

基地建設計画は1997年12月21日の名護市民投票で「52%(過半数)が反対」という結果が出ています。
政府はその声を無視し、リーフ上基地建設案も2004年4月19日より強行着工に踏み切りました。しかし、それさえも沖縄・全国・全世界の人達と共に徹底した体を張った闘いにおいて阻止され、2005年10月28日には「リーフ上基地建設案 白紙」に追い込みました。

すでに基地建設計画は私たちの手によって破綻しています。政府は「V字型滑走路基地建設」を即刻、中止すべきです!!

★私達は警察権力などの脅しには屈しない!

那覇防衛施設局は県警の導入を視野に入れているようです。前よりも厳しい闘いが要求されていることははっきりしています。しかし、私達は沖縄・全国・全世界の仲間たちを最後まで信じた時にそれに屈しないで闘える!

私達が逮捕されることも予想されるでしょう。しかし、その私達の闘いを引き継ぎ、引き受ける仲間たちが全国にいるということ。私達はそこに全てを賭けています。

沖縄・全国・全世界の繋がりがあれば私達は絶対に負けない。政府はこの繋がりを分断しようとするでしょう。しかし、「どうしても基地建設を阻止したい・戦争を止めたい」「どうしても勝利したい」という私達の切実な思いはそれを絶対にさせない。

★今まで以上の人数が緊急に必要になってきています。

命を守る会のおじぃ・おばぁが闘い抜いてきた10年間。その中で繋がってきた全国・全世界の仲間たちへ辺野古への結集を呼びかけます!!今こそ、立ち上がってください!!

3度目の闘いが始まった!!今こそ、私達が3度目の勝利を手にする時です!!
辺野古へ集まってください!!

政府は今すぐ辺野古から手を引け!!私達が全世界と共にある限り政府に勝てる要素など一つもない!
私達は命を守る会を先頭として、私たちの時代と未来を賭けて最後まで闘う!!

環境アセス法(環境影響評価法・大規模な事業などをやる場合の法手続き。)
名護市民投票(1997年12月21日に行われた基地建設計画に対する住民投票。)
リーフ上基地建設案(1996年に発表されたリーフを埋め立てて基地建設を行う計画。)
V字型滑走路基地建設案(2005年リーフ上基地建設案の白紙を受けて日米政府が再度沖縄に押し付けた基地建設計画)
警察権力(警察や公安・機動隊のこと。)

(以下↓↓ 4/21琉球新報の報道)

普天間代替週明明けから事前調査

 那覇防衛施設局警備、県警と調整米軍普天間飛行場移設先の環境現況調査(事前調査)で那覇防衛施設局は、 22日に参議院沖縄選挙区・補欠選挙が終わるのを持って、週明け早々にも海域調査に着手する。
 海域使用についての県の同意を得る前の段階から、ダイバーによるサンゴの目視調査など海に直接手を付けない作業に取り掛かる。
 施設局は反対派の阻止行動に対処するための警備について県警と調整している。

 事前調査に向け施設局が3月末に県へ申請した海域使用の協議について県土木建築部は20日までに、意見照会していた庁内各課からすべて回答得た。
 23日以降に沖縄総合事務局財務部との協議を経て、施設局の海域使用に同意する。

 県関係者によると、施設局は申請から1ヶ月が経過する26日にも県の同意を得たい意向を伝えている。施設局は県の同意を得た後で、カメラなど調査機器を設置に備える意向だ。

 事前調査の具体的な内容は、阻止行動を警戒し明らかにされていない。
 分かっている範囲では、サンゴ調査に使用する着床板の設置、ジュゴンやウミガメなど大型の海生生物の動向を調べるためのカメラやパッシブソナー(音波探知機)の設置を予定。
 普天間飛行場移設をめぐって県は、事前調査については「手続きとして拒否できない」として施設局の申請に同意する方向だ。 (滝本 匠)

Other Posts こんな記事もあります(一部広告)。

辺野古埋め立て予定地の海底

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です