懐古的資料

2ちゃんねるブント (戦旗)スレまとめ part1 (3/5)

前のエントリーからの続き)

404 :名無しさん@3周年:04/02/13 20:05

85年11・10三里塚_戦旗・共産同現地単独集会

宮台真司が松原グループにいたというのは、ホント?
松原氏はいまどうしておられるのか?
私は彼らを直接知らないが、活気のあるグループだったらしいね。

405 :名無しさん@3周年:04/02/13 20:47
>>404
活気はあったさ
でも松原問題で党が松原グループへの糾察隊を送り込んで、一人一人ボコボコにしてからみんな口をつぐんでしまったけどね

これ見てドキッとしてるブント古トロ元中央部の諸君 人の口に戸は立てられないてこと、今後は良く考えたほうがよろしあんたらは立派な内ゲバ党派や、スローガンとは裏腹にな

ま・・・今はどうか知らんけどな

409 :ちなみに‥‥:04/02/14 03:21
>>145
もともとBUNDの資格は、活動暦10年以上で、非転向の逮捕歴があって(逮捕暦は必須ではない)、かつ「理論戦線」か「戦旗」に論文が載るようになってはじめてBUNDの選考資格ができることになってた。これにBUNDの推薦人2名以上があれば党中央の選考により晴れて?BUND(党員)になれたわけです。
それまではBUND候補で、活暦の足りない若手はキム候補だった。けれど80年代に入り、定期の党大会を復活するにあたって、それまで曖昧化していたBUND(党員)候補やキム候補の資格を統廃合して整理したのさ。
「ブント主義の再生」にも書いてあるけど、厳格な党員資格によるレーニン主義党建設ってやつで、その辺は日共のゆるい党員資格による党勢拡大とはちょっと違うところかな。
それがだんだんオール(拡大党大会みたいなもの)から、グランワークショップへと、党組織論もヘチマもないパラチェン的転換になっちまった。

416 :名無しさん@3周年:04/02/14 18:45
>>406
>松原グループ?糾察隊?詳細キボンヌ。
松原グループメンバーを一人一人別々に呼び出して、公園だとか人目につかないところでボコボコにしたんだよ
ちなみに成田空港業者のトラック同時炎上ゲリラでパクられた福本がゲロったときも、荒氏は「絶対テロってやる」といっていた周りでとめるのが大変だったんだよ

422 :喫煙者:04/02/14 22:12
>>416
コケた者にたいしては、戦旗派は「去るものは追わず」が基本だったんですが、コケたり屈服した指導部については指導責任を追及することにしたのはたしか88年の党大会で決めたんです。

N(←なるたけ実名はよそうよ)は地区指導者で、彼ただ一人の権力への供述により、次々と逮捕者が出て、地区もカードルも手ひどい権力弾圧を受けました。んで、BUND(同盟員)全員にアンケートを取って党大会でこういう場合どう対処するか討議しました。地区討議と同盟員の多数が(みんなカンカンだったので)「制裁を加える」を可としたものが過半数だったように覚えています。私は制裁反対の立場でしたが、誰にも共感を作れませんでした。

これを「制裁は加えず、組織離脱を認めたうえで、自己批判と金○○万円を弁済させる」ということで皆を説得したのは荒指導部でした。荒氏が「我々は指導責任を追及するが、だからといって警察権を持っている訳じゃないんだ」と言うのを聞いて、わたしはホッとした覚えがあります。それでも納まらない諸君はかなり居ましたが‥‥

だから
>荒氏は「絶対テロってやる」といっていた
>周りでとめるのが大変だったんだよ
と416さんがおっしゃるのは、ちょっと事情が違います。

ついでにいえば、全党員アンケートと言うやり方は、中核派がよくやっている方式です。中核派ではそもそも定期的な党大会を開催している形跡がみられない(党規約に規定されているのに!)ので、アンケート方式を多用してるのでしょう。もと中核の知り合いの話では中核派はコケたメンバーからは活動資金を徴収してましたね。(みんな80年代頃までの話ですが)

425 :名無しさん@3周年:04/02/14 22:53
そのときの党大会で荒さんは、ある例を引き合いに出し、「テロるべきだ」という部分に対して、絶対にその道に入るべきでは無いと皆を説得したのが事実。
また党員の資格に関しては、レーニン主義に照らして、10年以上の活動家は無条件に党大会への参加が出来ることを述べていたと思う。

426 :名無しさん@3周年:04/02/14 22:55
>>422
>金○○万円を弁済させる

って、どういうことですか?

427 :名無しさん@3周年:04/02/14 23:35
>>405>>416
小林義也氏の例の手記には

「Mが行っているのは反党行為であり、暴力を行使してでもそれをやめさせるべきだという意見が大勢を占めました。議長として総会を進行させていた荒自身が、この意見をリードしていました。明確に反対意見を表明したのは、政治局員のS氏ただひとりでした。」

        ~~~~中略~~~~~~

「幸いなことにその後、Mが行っていたのは分派活動ではなく単なる学習会だということが判明し、彼への暴力行使は行われないですみました。」

と書いてあるけど、真相はどっち?

428 :喫煙者:04/02/14 23:48
>>337
>荒戦旗と革マルの共通点って何だ?
>マジメに聞きますが

よく「日向カクマル」なんて揶揄する言葉を見聞きしますが、もともと戦旗派とカクマルは両者ともイデオロギー闘争・思想闘争重視の党派です。旧マル戦派や、2次ブントの頃の関西ブントを別にすれば、ブント系で活発なイデオロギー闘争をやってて、ほぼ毎号機関紙・誌に論文が載る党派は戦旗しか見当たりません。(もっとも、他のブント各派ともロクに定期刊行すらまともにできてないところが多いんだけど‥‥)

革共同や構改系その他でも、あるのは政治主張と運動論、闘争記事に論評ばかりで、党の綱領的見解を反映し得るようなイデオロギー内容を打ち出す論文というものが、からっきし出てきません。(書き手がいないことの表現なんでしょうが)中核「前進」なんかはまるっきり政治主張と論評、記事ばっかりで、たまに出てくる経済分析は勉強不足が明らかだし、国家論なんかはレーニン「国家と革命」のアテハメばっかり‥‥

そういった点、カクマルと戦旗がずっと問題にして論じている戦後思想の検討の対象が、考え方や結論は正反対ですが(物質の哲学=革命か、主ー客を統一するマルクスのヴィッセンシャフトの実践か‥‥というような)、取り組んでいる問題がそう遠くないんです。

「書けない」奴はどんなに古カブでも容赦なく失脚する、と言うのも「共通点」の一つと言えるんでしょうか‥‥(パラチェン後はどうだか知りませんがね)

429 :名無しさん@3周年:04/02/14 23:54
>>428
そうじゃねえよw
両派の共通点は、他党派に対するゲバに異常な執念を燃やしていたところ。

430 :名無しさん@3周年:04/02/15 00:02
他党派解体、他ブント解体かなw

433 :名無しさん@3周年:04/02/15 00:23
>>429>>430
そーかなぁ?
中にいる時は他党派のことなんてそれほど意識してなかったよ。
戦旗にもそんな記事(他党派批判)なんてそれほど掲載されてなかったけど。

434 :喫煙者:04/02/15 00:29
>>426
>金○○万円を弁済させる
>って、どういうことですか?
彼の郷里までエージェントを派遣して、党への資金提供を(むりやり)承諾させた。

>>427
小林義也氏が何を言おうが自由ですが、「制裁反対」もたくさん意見がありました。「Mが行っていたのは分派活動ではなく単なる学習会だということが判明し、」というのも違います。Mからも資金提供させてケジメをつけさせている。

>>429
>そうじゃねえよw
>両派の共通点は、他党派に対するゲバに異常な執念を燃やしていたところ
他党派に対する内ゲバは71年以来やってません。アタックされたことはありますが。

435 :名無しさん@3周年:04/02/15 00:34
>>433
日向が革マルといわれたのはBUNDが割れたころ。建軍(赤軍・さらぎ・関西)するわけでもなく思想活動(叛旗・情況)に邁進するわけでもなく、他ブントにゲバかけるのが生きがいだったから。
権力にゲバかけないで、身内にかけるところが誰かさんとそっくりでんな。

日向が理論的なんてチャンチャラおかしい。荒の「思いつき」の言葉をお経のように唱えるだけだろ。まともな組織内論争がないから、機関紙に観念的「思想」を書ける。

436 :名無しさん@3周年:04/02/15 00:36
>>434
>他党派に対する内ゲバは71年以来やってません。アタックされたことはありますが。

三里塚で西田戦旗にゲバかけたって小林義也が書いてるよ。自分がやったって。

440 :名無しさん@3周年:04/02/15 00:41
>>436
>三里塚で西田戦旗にゲバかけたって小林義也が書いてるよ。自分がやったって。

そのくらいは党派間の「小競り合い」くらいなんじゃないのー。
複数党派が活動してる学内とかでは日常茶飯事だったんじゃないの?

448 :名無しさん@3周年:04/02/15 00:59
うん。そこは読んだことある。
でも何となく「アダチだもん殴っちゃっていいヨ」みたいな雰囲気はあったな。
「だってのび太だもん」みたいな感じ。

450 :名無しさん@3周年:04/02/15 03:56
アダチ=のび太、、、、

ひでえなぉぃ (w

441 :名無しさん@3周年:04/02/15 00:42
ロフトプラスワンでのテロもあるけどな。
まあやられた香具師を他党派といっていいもんかどうかは微妙だが。

443 :名無しさん@3周年:04/02/15 00:46
>>435
なるほどね。
第二次ブントの分裂過程なんて全然知らずに活動してたから、同じキャンパスの他ブント党派の活動家がイデ闘(ただの怒鳴りあいだけどw)の時に何であんなにも燃えるような憎しみの目を向けてくるのか当時はサパーリ分らなかったよ。
「キミもそんなとこやめて戦旗に結集すりゃーいいのに」って思ってよ。
正直スマンかった。

447 :喫煙者:04/02/15 00:57
>>432
>ではどうして自分たちより劣る中核派に脅されるとゴメンしちゃうんですか?
中核の内ゲバ宣言に対して、「ゴメン」なんてしたことないよ。まぁでもこの件では、いまでも「連帯する会」系の友達とはよく話しあうことはありますがね。「一坪運動」という戦術にこだわって3.8反対同盟分裂を招くことの戦略的打撃は、やっぱりはかりしれないものがあったじゃない?

それと、中核が戦旗より劣っているなんて風にも思ってませんでしたよ。イデオロギー問題や戦争論はともあれ、政治力や運動論・組織論では戦旗派は中核やインターにも学ぶことは多かったし、実際に学んでた。(それが良かったかどうかは、今となれば再考すべきですが)

>431
カルトなんておっしゃいますが、どこの党派だって(サークル集団や自治会運動にだって)それなりの「セクト」性はあったさ。

451 :名無しさん@3周年:04/02/15 09:49
その当時の三里塚には、確かにちゅんの威を借りて敵対するなど言語道断の雰囲気はあった。
それよりもアダチに関しては、東外大にいたアダチシンパをテロルという計画はあった。3・8以前。しかしこの計画は、張り込み中本人不在のため未遂。
その後キャンパスで捕まえ、ぶん殴ったという話は聞いている。その当時はなんの疑問も無かったが、今考えると内ゲバ主義は内包してたと思う。

452 :名無しさん@3周年:04/02/15 10:48
当時の戦旗は贔屓目無しに、「どんな党派にも学ぶべきところはある」っていうスタンスが感じられたのに、西田戦旗に対してだけは理屈抜きに敵対視してたよなあ。
なんか親のケンカに子供が巻き込まれたみたいでオレはあんまり好きじゃなかった。

454 :名無しさん@3周年:04/02/15 11:11
西田ってマルにはやられる(熊大)は、粗にはやられるは、立つ瀬がないな。
よくがんばってると思うよ。どこで何やってるかしらんが。いまどこにいるんだ?

455 :名無しさん@3周年:04/02/15 12:00
アダチは全国委と組織統合する模様

460 :名無しさん@3周年:04/02/15 15:41
>>422
>荒氏が「我々は指導責任を追及するが、だからといって警察権を持っている訳じゃないんだ」
>と言うのを聞いて、わたしはホッとした覚えがあります。

わるいけどキミ 荒さんがオフレコでいろいろいってたことは知らないみたいだね。まぁオフィシャルには荒さんはキミがいったみたいなこといったけどね。あえて名前出さんけどもKさんが上手く誘導してくれたから中原氏はやられなかったようなものだよ

>>427
松原が分派活動をしてたわけじゃないってのは正解
でも党が分派活動にデッチ上げようとした

461 :名無しさん@3周年:04/02/15 16:09
>>460
>でも党が分派活動にデッチ上げようとした

うん?それじゃあ松原氏はそれ以前に上には睨まれてたってこと?

462 :名無しさん@3周年:04/02/15 16:11
(´-`).。oO(>>422と>>460って実際会ったら知り合いなんだろうなあ

464 :名無しさん@3周年:04/02/15 21:04
階級闘争に限界を感じて集団でおちたんだよ。分派とは違う。<松原グループ

465 :名無しさん@3周年:04/02/15 21:06
>>464
つまり、本体より先にパラチェンしたわけですな。

466 :464:04/02/15 21:16
そうだな、つまりSSLを分裂させる形でブル転した。>>465

467 :名無しさん@3周年:04/02/15 21:19
本体は、それからしばらくして、松原グループのマネをしたわけか。

468 :名無しさん@3周年:04/02/16 00:30
>松原グループ
かなり以前のブントスレで、松原氏はその後仲間と会社を起こしたとか読んだ記憶があるが

469 :名無しさん@3周年:04/02/17 08:35
そもそもMの親は中小企業の社長。いつも尊大でなんでこいつがと思ってた。
まーそれぐらいの、組織だったてことだけど。当時のSSLの中心Mこそ粗自ら否定していた2時分との学生運動そのもの。規模は違うけどね。

439 :名無しさん@3周年:04/02/15 00:40
>>434
71年9月に生田あいの家襲撃したやつか?

>電話、電気線は切られ、内部のガラス戸、ガラス類はビー玉ぐらいに粉々にされ、
>テレビ、書籍、写真や手紙にいたる私物・貴重品を含むほとんどのものは運びさられ、
>娘のベビータンスの一つ一つの引き出しが開けられ、台所にあったその日の夕食に娘
>と二人食べた残りの味噌汁、醤油、油などがかけられ、衣類は引きちぎられていた。
>泣き叫ぶ娘を抱いたまま、わたしはしばらく動けなかった。

さすがバスガイド殴った荒将軍。女子供へのテロは得意だね。

470 :名無しさん@3周年:04/02/17 14:39
>>439
まあ、あれだな・・・その前段として戦旗は7月に京都に出撃して政治集会を強行開催したわけだが、その過程で戦旗のレポ(女性)が関地区に拉致られてレイプされるという事件が起きているんだ。この件は一切オフレコにされたが、生田あいは裏で起きたそんな事実も知らずに自分が一方的に被害を受けたとかほざいているわけだがな。それだって、直前に警告の電話で退避する時間を与えているんだがな。

471 :名無しさん@3周年:04/02/17 21:11
>>470
お前がやったのか。
生田は、どーでもいいがw

472 :名無しさん@3周年:04/02/17 21:44
まじか、それ・・・・
それ、ちゃんと歴史化しとけよ。証言まとめてよ。

475 :名無しさん@3周年:04/02/18 08:31
>>470
生田あいは一方的にやられたとは書いてないよ。そのレポのレイプについては書いてはいないが。

>その後「12.18ブント」指導部が荒派の代表にテロを行い、その報復として指導部は皆地下に
>もぐっているから、公然の学対の一員であるわたしの自宅が襲われたのだろうと話があった
>が、これらのテロ方針が、どのようにどこで出されたのか、誰がやったのかについては、何
>一つ知らされなかった。

477 :名無しさん@3周年:04/02/19 19:06
おいおいその拉致とかレイプって一体いつの話なんだよ?
松原氏の話の流れとは関係無いんだよね?

478 :名無しさん@3周年:04/02/19 21:05
レポがレイプされたなんて、ネタでつ

479 :名無しさん@3周年:04/02/19 21:59
そろそろ80年代の元ヤン、誤、元ブンだとそろそろ30代後半から40代前半と思うが、みんなまっとうに生きてんの。

480 :名無しさん@3周年:04/02/21 14:50
>>479
子供2人できました。なんか普通に生きてます。
会社の飲み会とかでは違和感感じまくりですが。

481 :名無しさん@3周年:04/02/24 01:35
>>479
普通の家庭人として暮らしています。
でもホームセンターのヘルメット売り場でちょっと足が止まったりします。

482 :名無しさん@3周年:04/02/24 09:07
>>479
会社から災害出動用にヘルメットが支給されてるよ(白ヘルだけどw)
家に大事にしてまつ
試しにかぶってないよw

485 :名無しさん@3周年:04/02/24 22:13
みんな普通なんだね。
そういう俺もそうだけど。
今でも、人はどこから来てどこに行くのかはやはりテーマなんだけど。

486 :名無しさん@3周年:04/02/25 01:17
みんな生き抜いていこうな。生きていればいつか革命を見られるかも。
無理か。

487 :名無しさん@3周年:04/02/25 07:06
それは厳しいけど、最近アメリカってやはり自由の国だなーと思ってます。
大きく変わるとしたら、アメリカの方がありえるかもしれない。

491 :名無しさん@3周年:04/02/29 11:09
会議の後とかにはよく近所の安居酒屋に行ったりした。まだみんな若かった。地区のキャップだってどこも20代後半くらいだったし。
常にお金がなかったので、本当に信じられないような安い店で何時間も語り合ったよ。
先日の闘争のこと、これからの活動のこと、そんな話もよくしたけど普通の若者らしく恋愛の話なんかもした。
ほどよく酔っ払ってアジトまでの帰り道、夜風にふかれながら、4人くらいのメンバーで「4人ジグザグデモ」とかをゲラゲラ笑いながらやってた。

1984年。

アジトの前にはしょっちゅう公安の車が張ってたし、中核からテロ宣言も出てたのになんかそういうのんびりしたところもあった。当然下部メンバーばっかりだけどね。

519 :名無しさん@3周年:04/03/11 14:34
>>491
違うぞ。
仕事と家庭を背負った40歳の君(そして俺)の方が、あのころよりはるかに世界と正面対峙しているはずだ。

524 :491:04/03/11 18:32
>>519
ありがとう。
今の自分を卑下しているわけじゃないんだ。
あの頃の自分は何年経っても喉に引っかかった小骨のような感じなんだ。
飲み込むことも消化することも、それがどんな形だったか取り出して見ることも出来ない。
それがまた最近痛みだした。そんな感じ。

492 :名無しさん@3周年:04/02/29 14:30
革命ってほんとは楽しくやるもんだよね。
楽しく生きられるように世の中を変えるんだから。
80年代の僕たちはそう間違ってはいなかったと思う。

493 :名無しさん@3周年:04/02/29 16:07
革命は楽しいものとも思わないけど、中や、青、○とは違った地平で世界を語ってたことは事実。
その当時他は、マニアル主義の白の転向率は高かったし、悲壮感は漂ってたし。青はその後内内ゲバに入るし、結局夢破れたポルポトかってな感じだよ。

494 :名無しさん@3周年:04/03/01 00:33
>>491
あのころはゲリラ闘争真っ最中だったからね
なんか一月に一回は何らかのゲリラやってたような気が・・・

そいや最近中核のゲリラもなくなったね
今回の自衛隊派兵でも、(私が知っている限りでは)ゲリラやられてないよね

495 :名無しさん@3周年:04/03/01 01:14
そうさ。俺達は間違ってなかったんだ。
少なくとも80年代は。

496 :名無しさん@3周年:04/03/01 11:26
>>494 青が防衛庁でやってる。

497 :名無しさん@3周年:04/03/01 18:16
>>491
不覚にも涙ぐんでしまった。

498 :名無しさん@3周年:04/03/02 02:07
>>497
僕はもうあの頃のような仲間意識で他人に接することや
あの頃のような熱い気持ちで泣いたり笑ったりすることもない、と思う。

ある闘争からの帰り道、仲間の一人が急に笑いながら走り出した。
僕は無意識にそれを追いかけた。
二人でゲラゲラ笑いながら競争して、そのうち息が切れて
二人で歩道にへたりこんだまま、まだ笑い続けた。
別に意味の無い行動なんだけど、僕はあの頃のことを思い返す時
その光景をいつも鮮明に思い出す。
20年後の今思い出すのはそんな風にいつも笑っていたことばかりだよ。
苦しいことなんてみんな忘れてしまった。

でも変えられない事実は僕はそんな仲間から逃げ出したということだ。
そしてあの頃の仲間誰一人にすら顔向けできない。

ただあの頃同じ空気を吸っていた人たちが、あの頃どんな景色を見てきたのか
知りたいと思ってここに書き込みました。

499 :名無しさん@3周年:04/03/02 04:36
>>491その居酒屋には公安は来てないの?
公安が本気なら、店の人に「あいつら追ってるんです」と聞き込みして、店の人が「来ないで」って言いそうだけど。
実家とか、小中学校の同級生に、公安が身分を名乗って、聞き込みってしないの?

500 :名無しさん@3周年:04/03/02 11:01
>>499
しょっちゅう行ってたけど別にお店の人に何か言われたことはなかったよ。
実家&バイト先へ来るのは定番だけど。

そういうわけで500ゲトー

509 :名無しさん@3周年:04/03/04 00:06
>>498
そうそう。俺にとっても戦旗はなんか感傷的になる経験。

今も久々に大衆集会に顔を出すと、あいさつする人、もう運動から引いてしまって会えない人、いろいろいるけど、「あの時代」を一緒に生きてきたんだな~って感じ。

逃げ出したんだったら、顔をあわせたら思い出話くらいできると思うよ。反対して出て行った人にはエグイけど(こういうところ、まだ前衛気質をひきずってるんだなと思う)。

511 :名無しさん@3周年:04/03/05 19:31
>>509
現役時代は全共闘のこととかを感傷的に振り返るオッサンとか大嫌いだったんだねどなw
自分がそうなってしまいますた。もっとみんな懐古主義的に語ってください。

513 :491:04/03/10 01:05
今日仕事で近くを通ったので、本当に20年ぶりに僕の地区のアジトがあった街に立ち寄ってみた。正確に言うのなら、20年間避け続けた街なのだ。寄ろうと思えば今までだって寄る機会はあった。このスレが何となく僕をそこに立ち寄る気にさせたのだ。

街は呆然とするほど変わっていた。僕たちが週に2~3回は飲んだくれていた居酒屋は影も形もなくなっていたし、そもそもこんなにもキレイな町並みではなかったのだ。

あの頃自分が40歳になるなんて全くイメージできなかった。ましてや、40歳になった時に二十歳の時の自分のことがこんな風に陽炎のように曖昧な記憶になるなんて思いもしなかったよ。

ただ一つ確信をもって思い出せるのは、僕はあの時世界を相手にしていたのだ。そのくせその頃の町並みを正確に思い出せないのは、きっと僕は下ばかり向いて歩いていたからに違いない。

514 :狼煙派:04/03/10 01:09
>>513
茶化すようで申し訳ないが、俺は今の仕事について6年になるけど近所の商店街のテナント10件以上替わっちまってて二年前何があったかもう覚えてない。
あなたが下ばっかり向いて歩いてたからというわけでもないと思うよ。

ちなみに俺は活動始めたのは高校生だったが、その高校は今はもう無い。

516 :狼煙派:04/03/10 01:19
最近通勤コース変えて小学生の頃住んでた街を通るようにした。

小学生の頃お菓子を買ってたお菓子屋は二軒とも無くなってた。
雑貨屋はコンビニに変わっていた。
スーパーは酒コーナーが独立して二軒になっていた。

ナンカセツナイ

517 :名無しさん@3周年:04/03/10 21:08
首都圏の話題が中心で足立分派時に荒派に残り、一時期は戦旗派を支えた愛知労共闘が、何故かあまり話題になりません。80年代にはゴタゴタがあったようですが、知っている人教えて!
当方は管制塔前後に、周辺にいました。管制塔戦士のYさんは、もう離れてしまったの?

518 :名無しさん@3周年:04/03/10 21:28
昔、愛知県立大にいたね。

520 :名無しさん@3周年:04/03/11 16:32
>517
そういえば、旭丘は高叛共闘の拠点だったな。
T原さんもいたし。愛知で足立に行ったのは一人もいなかったの?

522 :名無しさん@3周年:04/03/11 17:21
>>520
80年代に愛知に社学同って隊列として存在してたの?
オレの記憶では首都圏と関西(京都・大阪)しか見たことないんだけど。
三里塚に現行とか出してた?

525 :名無しさん@3周年:04/03/12 17:32
>>520
古い話で恐縮ですが、一応、知っている範囲で言うと・・。
足立分派以降、高校生活動家は進学せずに労働者に、大学生は中退し同じく労働者になりました。高校はあさひが丘、施行芸、名護や学院が拠点でした。名護や学院のフラグは、進学してしまい脱落しました。

526 :名無しさん@3周年:04/03/12 18:33
>>525
>足立分派以降、高校生活動家は進学せずに労働者に、
>大学生は中退し同じく労働者になりました。

それは組織的な方針としてそうなったのですか?

527 :名無しさん@3周年:04/03/12 21:13
>>526
私自身が結集したのはそれ以降なので伝聞ですが、当時は高校から学生に持ち上がった人が一人もいませんでした。(当時の学生は大学に入ってから結集した人が少数いただけです。)当時は7.7華青闘告発以来の血債猛省精神が重要なスローガンでしたので、高校生たちにとって大学に行くと言う選択は(組織的に否定されたわけではありませんが)、取りえなかったのだと思います。

人間的にも頭脳的にも、非常に優秀な方たちが中高卒の資格で職場に入っておられました(郵政や清掃局、工員、と場など)。自分はそのような先輩達についていけないと脱落して、今はすっかりブルジョア的生活に浸ってしまっています。

528 :名無しさん@3周年:04/03/12 22:56
いやー。やっと帰宅。次年度予算の詰めで寝れない日々だったけどひと段落。
最近盛り上がっていますね。
→527
確かに上福岡のK太郎も中卒だよね。もう時代的にほとんどありえない時代に入りつつあったから違和感は覚えたけどね。現場労働者に学ぶとか言いながら、Aさんも含め、ほとんど労働者にはなれなかったんだから、ポルポト的理想主義だったのかも。

529 :名無しさん@3周年:04/03/13 00:32
>>528
コーム員かよw

530 :名無しさん@3周年:04/03/13 00:50
>>527
うーん...。
オレも組織内の文章では読んだことがあるな。 ‘70年代後半の恒常的武装闘争時代のことは。連赤もそうだけど、こういう時って「自己犠牲の競い合い」になっちゃうんだろうね。
オレが読んだ文章では、「我々の地区は野菜クズなどを使って食費を抑えているのに××地区はそういう姿勢が見られず小ブル的..」というようなレベルでの批判合戦が頻発して、上層部が「コレはいかん」と反省して、’80年代の躍進に繋がっていったとか何とか..。
会社に入って同じような現象(オレの方がアイツよりも頑張ってるとか何とかいう不毛な競い合い)を見ると唯物論って何だろう?って思うな。

532 :名無しさん@3周年:04/03/13 11:20
→529
いや違うよ。予算会議って普通どこでもあるでしょ。
→530
その文章は俺も読んだけど、80年代ではそうなのと言うぐらいだったよ。SSLもそんな体験してるメンバーはほとんどいなったしね。しいて言えば再建時のS城さんぐらいじゃないのかな。後は、再建時は正義感に燃える若者の集まりのようなオモムキだったし。

536 :名無しさん@3周年:04/03/13 17:27
分派当時の高叛共闘は45~50代なんですね。彼等が支部を形成して依拠していた名古屋最大の被差別部落も、今は改良住宅になってしまい面影はありません。80年代にかなりのゴタゴタがあり、人が入れ変わったと言う噂は聞いたのですがどうなんでしょうか?
エコアクション名護屋に、南部の指導部だったベ0さんやも0さん残っているのでしょうか?

537 :529:04/03/13 18:44
>>532
失礼しました。あやまります。
役所の人間には仕事の上で腹が立つことが多いので。

538 :名無しさん@3周年:04/03/14 13:39
→537
活動してた頃は、思想のもとに生きていると思ってたから、仕事の種類も気にならず、色々なことも気にならなかったけど、今は家族のため、働いているようなもんだから、頭にくること、矛盾を余計感じるよ。

539 :名無しさん@3周年:04/03/14 14:41
>>536そのお二人は90年代初めにやめた筈です。

540 :名無しさん@3周年:04/03/14 14:57
>>レスありがとう。
も0さんの方は理論水準の高い、頭のよい方でした。べ0さんは温厚な中にも闘志を秘めた方でした。
私の様に軟弱で脱落したものでなく、ゴリゴリの方でパラチェンに反発してやめられた方は、どの様に今を生きてられるのでしょうか?

541 :名無しさん@3周年:04/03/14 15:13
首都圏だけじゃなく、地方の地区の思い出話も出始めましたね。
>>540さんも引き続き色々お聞かせください。
その他関西地区とか、その他地方支部の思い出話もキボンヌ。
(80年代当時大阪以西に支部ってあったかな??)

542 :名無しさん@3周年:04/03/14 17:22
>536
そういえば開港阻止決戦の前段を飾る武装闘争に決起したTさんもいたな。円便で交番襲撃という70年闘争を彷彿とさせる闘いだった。過激派公務員キャンペーンのさきがけだったっけ

543 :名無しさん@3周年:04/03/14 18:31
大0、冨0両君ですね。その後、3.26では愛知は管制塔戦士のYさんだけでしたが5.20では大量の逮捕者を出しました。突撃隊ではなく後方の部隊が襲撃され、女性が多数パクられました。

521 :名無しさん@3周年:04/03/11 16:57
>>520 古い話はいいよ。80年代の話でいきましょうよ。ところで、ここにいる人は学生戦線?労働戦線?俺は学生で闘っていたぞ

523 :名無しさん@3周年:04/03/11 17:38
>>521
オレは学生。
ただこのスレの90番で当時の戦旗のあり方へに対して

>その党派メンバーの社会的関係性、「労働者である」「学生である」という事と、
>党での運動が全く関わり合いのない形になっている党、というのもすっごく珍しいよ。
>殆ど「出家」のイメージなんだよね。

と批判されてるんだけど、>>521さんが経験された学生戦線ってどんな闘いだった?
オレとしては駅で情宣するのが労共闘で大学で情宣するのが社学同程度の差しか感じなかったんだけどなー。揶揄じゃなくて、90番のレス読んだら「あーなんか分るな」と思ったわけ。
確かに三里塚への現行としての長期滞在とか、全国集会に向けて各地の社学同メンバーが首都圏の拠点の大学に泊り込んで連日決起するようなことはあったけど、それも「学生戦線として」って言うよりも「学生は時間があってヒマだから」という理由の方が大きい気がする。

547 :名無しさん@3周年:04/03/21 15:49
三里塚の小屋に夏休みになると詰めてたけど、三階の大広間にギューギューになって寝たものだ。今あの環境で寝ろと言われても無理だな。若いっつーのはすごいことだ。尤も援農先でしこたま飲まされてバタンキューって感じではあったが。

548 :名無しさん@3周年:04/03/21 17:16
俺も援農行ったけど、農家のオヤジはうまそうに冷えたビール飲んでた。でも俺には何も飲ませてくれなかった。ふとんのすきま風を思い出す。何かあの当時の農家、結構いい暮らししてたよな。今から思うと、農家に体よく利用されただけじゃないか、との思いもある。

550 :名無しさん@3周年:04/03/21 19:44
>>548
>でも俺には何も飲ませてくれなかった。

えーー??そう?どこの農家でも「もう勘弁」ってくらい飲ませてくれたけどなぁ。あんまり酔って小屋に帰ってくると、その日の総括が出来ないので現闘の人が農家の人に「あんまり学生に飲ませないでヨ」と苦笑いしてたくらい。

>今から思うと、農家に体よく利用されただけじゃないか、との思いもある。

うーーん。
オレは逆に全くの素人を農作業に使ってくれる農家の寛大さにいつも恐縮してたけどなー。正直労働力としてはあんまり期待されてなかったんじゃない?我ながら「オレって役立たず」と思いながら作業してたよ。

553 :名無しさん@3周年:04/03/23 00:53
少なくとも’80年代のある時期、現行の学生に対しては労働力として農作業の手伝い→闘う農民に学ぶという意識からもう一歩進んで「農民をオルグする」ということまで意識を高めろ、ということは求められたけどな。
ただ農作業手伝って、農家の人の昔の闘争の話聞いて「空気入りました」だけじゃダメだと。用水闘争の最中だったから、成田用水の欺瞞性を農民に訴えろ..ということまで言われた。インター・プロ青に対するヘゲモニー争いっていう意味もあったのかな?
当然18~19歳の小僧にそんなことできるはずもなくwただただ農作業に追われ一日が終わりますたw逆に農家の奥さんに「たまにはお母さんに顔見せてあげなさい」とか説教されたりして....。

554 :名無しさん@3周年:04/03/23 01:00
ちょっと元気を失った学生を、柳川のオッカアのところに援農にやり空気パンパンに入れてもらうように仕向けていたのは組織の方針だったのだろうか。

555 :名無しさん@3周年:04/03/23 17:19
一番きつい援農先はどこでしたか?

556 :名無しさん@3周年:04/03/23 22:31
70年代末のロートルさま達は何処へ?2ちゃんには出てこないだろうな。
キツイ援農といえば、ごぼうだべ。でも、愛○とか埼○の労共闘の若目のおねえさんと一緒に援農入れると、しあわせだったかも。五右衛門風呂だったりしたし。

557 :名無しさん@3周年:04/03/23 22:55
>>555
どこの家だか忘れたけど、ネコでカボチャを延々と運んだのは本当にぶっ倒れるかと思った。あとは代掻きだね。正直キツかった。

>>556
五右衛門風呂だと何か見えたのでつかハアハア。
詳細キボンヌ。
でも小屋では女性メンバーも普通に着替えたりしていたので逆に色々困ったw

558 :名無しさん@3周年:04/03/23 23:22
正直あの頃は(80年初頭)農民に学ぶ。韓国民衆に学ぶ。被抑圧人民と連帯する。色々言ってたけど、ゾレンとしての人民像でしかなかったかなーと思う。現実存在の人間はホント欲望とエゴの狭間で生きている普通の人々だったよ。

559 :名無しさん@3周年:04/03/24 00:49
>>558
初めて援農に入った農家(付き合いも古く闘争にも熱心と見られてた家)のオッカアが「オラァ学生が『軍事空港フンサーイ!』とか言ってるのを聞くと腹立つだよオラァこっから空港がどっか行ってくれればいいだけだぁ」と言ってるのを聞いて軽くショックを受けました。
その頃の私には、そう言ってカラカラ笑いながらも闘争を続ける農家の人々の「本当の強さ」には気がつきませんでした...。

561 :名無しさん@3周年:04/03/24 23:17
>>558
あれは党の煽りにも大きな問題があったと思いますよ。私が知ってる限りでも「機関紙に書いてある三里塚農民像」をまにうけて、実際農民と会ったらズレがあって批判しちゃったとか、変なことをいってしまったとかいってトラぶっちゃった学生が数人いましたからね。

しかも「オマエはおかしなこといった」みたいに地区に帰って批判されるありさま。今考えれば党が「三里塚農民像」をかってに作り上げているのがいけなかったのにと思います

562 :名無しさん@3周年:04/03/25 22:09
→561
現実存在としての農民・労働者いろいろ。今の自分は活動を離れて、今の矛盾をより強く認識できます。

でも、色々ある中でやっぱり闘う農民は素晴らしいことは今も変わりありません。石井武さんは素晴らしい農民活動家と思います。熱田さんも息子夫婦は逃げ出し今だ闘っているのは頭が下がります。それをつくったのもブントでしょう。それは頭が下がります。しかし社会常識を学んだ人々で組織は構成されるべきでした。

565 :名無しさん@3周年:04/03/28 20:48
援農=闘う農民に学ぶ、みたいなとこが強調されすぎてたような気がする。
農家の人は、学生さん、アリガトね。と単純に割りキッってたように今では思う。当時はオレも、これが権力との闘いにつながる一手段だと信じてたけど・・・
まあ、このスレらしくていいのかも・・・

566 :名無しさん@3周年:04/03/29 01:32
>>565
でも援農先では「戦旗のコはマジメだね」とかよく感心されたよ。
「農作業に向いた服装で行くよう」とか「農家の人に迷惑がかからないよう風呂は短め」とかちゃんと組織として意思統一してたじゃん?
ある農家の人が「労農合宿所の連中は皮靴で援農に来る」とボヤいてたよ。

567 :名無しさん@3周年:04/03/29 02:02
>皮靴で援農に

漏れは当時、もっと驚くスタイルで行った香具師を知ってるが‥
書くのやめとこ(W

575 :名無しさん@3周年:04/03/29 21:21
>>567
突飛な出来事を書くと 誰が書いたか特定されちゃいますものね
でもすごく古い話ならいいのでは?
もうセンキには古い活動家もほとんど絶滅しているようですし

579 :名無しさん@3周年:04/03/30 00:58
このスレのせい(おかげ?)で、もう本当にすっっかり忘れてたこととか急に思い出したりしてる。
初めての集会は三里塚だったんだ。そのことははっきりと憶えているんだけど、三里塚の集会の前日、「迷うといけないから」ってどっかのアジトに泊まらせてもらったんだった。狭い部屋に何人もが詰めていて活気に溢れ、初参加の僕にみんな「やあよく来たね」って感じで暖かく迎えてくれたんだ。
新左翼のアジトなんてもちろん初めてだし、ところ狭しとビラや機関紙が積んである。部屋の片隅には真っ赤なヘルメットが重ねて置かれていた。緊張感と高揚感でほとんど眠れなかった。
本当に20年間全く忘れていたのに、HDDの片隅で忘れられていたjpgファイルを発見したように、急にその時の光景を鮮明に思い出した。

580 :名無しさん@3周年:04/03/30 01:19
ノスタルジーはもういいんだよ!!今どうにか汁!!!

581 :名無しさん@3周年:04/03/30 01:21
>>580
別にええやん。読んでいて、おもしろいよ。

582 :名無しさん@3周年:04/03/30 01:22
>>580
そういうお前は今なんかやってんのか?

583 :名無しさん@3周年:04/03/30 01:26
>>582
なんもやってねえよ!!2ちゃん見てるとそう思っちゃうんだよちきしょう!

585 :582:04/03/30 01:38
>>583
オレもお前の気持ちがよく分かる。
突っかかってスマなかった。
ニュースを見るたびに嫌悪感ばかりを覚えるよ。

584 :名無しさん@3周年:04/03/30 01:34
ノスタルジーついでに続きを書くよw

翌朝バスに乗って三里塚に到着した。ちょうど20年前の今頃だよ。
バスから降りる時にメットを渡された。労共闘と白く描かれた赤いメット。それを被ってバスから降りると機動隊が通路を作って嫌がらせとしか思えない「検問」をやっていた。ガチャッ!ガチャッ!とわざと盾の音を出して。正直ビビった。震えた。逆に大声で抗議をする活動家たちを頼もしく思った。機動隊の盾の通路の向こうの明かりに、僕は自分の立ち向かうべき世界を見つけた。
見つけた気になっていた18歳の春。

 ⇒続きを読む

草加 耕助

投稿者の記事一覧

当サイト『旗旗』の管理人。建設現場などで働いています。10代からの数年間左翼活動してましたが、現在は特に何ということもない普通のおっさん。今は休みの日に集会などにぶらり参加。そこで知り合った人たちと個人参加者の互助会的にジグザグ会、三里塚勝手連などを名乗りゆるく楽しく連帯中。よろしければご一緒にいかが?。個人としての目線を大切にしていきます。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

トップリンク


おすすめ













市民派議員


衆議院議員/服部良一

千葉県議/吉川ひろし

成田市議/足立まちこ

柏市議/内田ひろき

門真市議/戸田ひさよし
  1. オンライン左翼ゲーム

最近の記事

  1. 経産省前テント7周年9・11集会(撮影ムキンポさん)
  2. 寝落ち中(汗)
  3. 進撃の巨人 Season2
  4. 樺美智子さんを偲ぶ会
  5. 流砂13号
  6. 青焼き同人誌「Yakan」(マンガ・むかしいま)
  7. ロシア反プーチンデモ
PAGE TOP