懐古的資料

2ちゃんねるブント (戦旗)スレまとめ part1 (4/5)

前エントリーからの続き)

三里塚・成田空港、農作業風景586 :名無しさん@3周年:04/03/30 10:23
ついでに三里塚現地での思い出を語ってください。

587 :名無しさん@3周年:04/03/30 10:50
>>586
で、現地ではひたすら援農していた思い出しかありませんw

590 :名無しさん@3周年:04/03/31 13:46
援農、援農、また援農・・・・・
来る日も来る日も援農ばっかしだったなあ・・・
顔真っ黒になり、汗と泥に塗れた日々、、
この先に日本革命があるとおもーた。
けど、ほんとつらかったなぁあ・・・

591 :名無しさん@3周年:04/03/31 21:33
援農・・・ いやーおかげでビニールハウスの架け方マスターして、今は家庭菜園でそのノウハウ活用してるよ。
妻は、どこでそんなの覚えたのと聞くけど、活動してたこと言ってないから、なんとなくムニャムニャでごまかしてるけど・・・

592 :名無しさん@3周年:04/03/31 21:43
漏れは牛の世話ばっかだった。
牛糞の処理と乳絞り。酪農のプロになっちまったw

593 :名無しさん@3周年:04/03/31 23:30
ふーん。
農業ばっかりやってたわけ?
機動隊と戦ったりするわけではないの?

594 :名無しさん@3周年:04/04/01 01:10
夏は来る日も来る日も芋畑で草むしり。
都会の学生には草むしりくらいしかやらせる仕事無いんだけどね。

595 :名無しさん@3周年:04/04/01 08:58
豚の去勢やってた人いますか?

596 :名無しさん@3周年:04/04/01 09:52
あーやったやった。
我ながら股間を押さえてぶるっちまった。

620 :名無しさん@3周年:04/04/02 14:36
去勢とかタネ付けは心臓が凍った・・・

597 :名無しさん@3周年:04/04/01 09:54
へー、純粋の農業の手伝いやるだけなのか。
政治党派がわざわざそういうことやるのはなんか意味があるのかな?

598 :名無しさん@3周年:04/04/01 10:47
>>591
オレもビニールハウス架けやった。
ムチャクチャ寒い日だったんだけど中がものすごく暖かいことに感動した。

601 :名無しさん@3周年:04/04/01 12:27
牛とか豚のお産付き合った人いますか。感動ものでした。

604 :名無しさん@3周年:04/04/01 12:37
戦旗と仲のいい畜産農家っていたっけ?
オレ牛や豚の世話はしたことないなー。

605 :名無しさん@3周年:04/04/01 19:41
農作業の後の農家の五右衛門風呂と風呂上りのの焼酎いかったなあ。労働の神聖さを実感した。
農民の労働も疎外されてんだろうかなど考えたりしながら帰路についたものだ。

613 :名無しさん@3周年:04/04/01 21:18
>>605
おお、五右衛門風呂の同士がいたな。
あれは確か辺田だったっぺ。

漏れはBFではホントにいろいろなこと経験させてもらったけど、
具体的に書くと完全に人物特定されちゃうからな。

春になると思い出す。筍の天ぷら。うまー!

606 :名無しさん@3周年:04/04/01 19:44
なんかいつの間にか援農スレになってないか???
まぁ、いろいろ聞けて楽しいけどさw

607 :名無しさん@3周年:04/04/01 20:14
農作業なんて全くやったことのない学生にとって作業そのものはキツかったけどさ。
一日の仕事を終えて、トラクターの後に腰掛けて夕暮れの農道をトコトコと帰る時間は結構いいものだったな。
>>605氏のように労働の神聖さっつーかそんなもんも感じたな。
「人間の生活って案外これが本来なんだろーな」とか考えたよ。一ヶ月やそこらでまた地区に帰る学生の感傷なのは間違いないんだけどさw
焼酎とカツオのタタキ(醤油にニンニク入れるの)ウマーだった。
もう農作業には出なくなった隠居したジイサンの話なんかも含蓄があって楽しかったな。

608 :名無しさん@3周年:04/04/01 20:18
デモの時の警察の挑発には、今思い出しても頭に来る。メットをはぎとられたりこずかれたり、つきとばされたり、罵声をあびせられたり。こいつら、いつか復讐してやるからな、と真剣に思った。

609 :名無しさん@3周年:04/04/01 20:35
>>607 俺は都内出身だから田舎料理とかは初めてだった。
三里塚のおっかあらのつくる味噌汁や簡素な煮つけやそんな素朴な料理がやけに美味かった。
腹ペコだからなおさらに。遠慮なく戴いたらとても喜ばれて恐縮したものだ。
党派は違うが、つい懐かしくなりカキコしました。スマソ。

>>608 同感!!

610 :名無しさん@3周年:04/04/01 20:37
結構聞いていると面白いねえ。
なんか、のんびりとした感じを受けるね。
実際は大変だったんだろうけどさ。

611 :名無しさん@3周年:04/04/01 20:55
他党派と援農先一緒になった時って気まずくなかった??
農家だけじゃなく岩山鉄塔当番とか。あんまし話しもせず淡々と過ごした。
現闘が昼、夜弁当持ってきてくれるのだけが楽しみだった。・・・

612 :名無しさん@3周年:04/04/01 21:03
>>609
確かに農家ではずうずうしいくらいの方が可愛がられたね。
オレ人見知りが激しかったから農家でもあんまり喋れなくてさ、
農家の人が夜迎えに来た現闘の人に「この子おとなしいねえ」とか言って笑われた。

615 :名無しさん@3周年:04/04/02 00:24
援農行った時、たまたま田植えにあたった。複数のグループが来てたが(現闘の人含め)だれも田植えをいままでしたことがなかったのでみんな喜んで田んぼに入った。それ以前も以後も田植えをやったことはない。

617 :名無しさん@3周年:04/04/02 01:50
>>611
>他党派と援農先一緒になった時って気まずくなかった??

ああ、それがまたいかにもベテラン活動家って感じの人だとさー、
尚更そうだったよね。
普段内部では散々批判していた他党派の活動家でも、向こうの方が農家とは親しいし
農作業そのものも慣れててさ。
実際の作業の時は「あ、それじゃーキミはこれやって」とか指示されて
オレも「あ、ハイ」とか従っちゃったりしてw
そのくせ小屋帰ったら「あいつらズブズブだね」とか言っちゃってるの。誰か助けてください..。

621 :名無しさん@3周年:04/04/02 21:21
>>617 ハハハ。農作業は党派や年齢さえも超えてたな。やっぱ熟練と能力がモノを言った。
いくら偉そうなこといったって仕事ができなきゃあおっかあに認めてもらえない。
各派の現闘の人には敵わないよ。

種付けなんてさせられたの?
豚のお産とかにもつきあったとか・・・
都会から農業やりに山村に移り住みむ人増えてるって今日もNHKでやってたけど、
かつて三里塚に関わってた人とかもいるのかなあ、なんて思ってみてました。

622 :名無しさん@3周年:04/04/02 21:33
現地の農家に嫁いだ女性活動家とか婿養子に入ったメンバーとかいたか?

623 :名無しさん@3周年:04/04/02 21:52
これはさすがにいなかったな。
中とかノンセクトとかは多かったみたいだが。

625 :名無しさん@3周年:04/04/02 22:46
デモの時、機動隊に突っ込むのは正直ビビッタよ。まわりがそういう雰囲気金
だったから、逃げられなかった。運良く逮捕されなかったけど・・・ でも
ホットしたね。
こんなオレ戦旗の恥じだったかな・・・

626 :名無しさん@3周年:04/04/02 23:01
>>625
蛮勇と勇気は別物。君は正しい。

627 :名無しさん@3周年:04/04/03 09:50
機動隊に囲まれてデモしてるとき、公園から狭い路地を通った時になんかのはずみで
機動隊員もろともブロック塀が倒れた。このときとばかり、みんなで機動隊をさんざん
足けりにしてやった。他の隊員も助け出すのに必死で、われわれには何もしなかった。
あの痛快感は今でも忘れられんよ。

628 :名無しさん@3周年:04/04/03 11:54
集会でまくビラが余ったから、オレの勝手な判断でアパートや公営住宅のポストに
投げビラしたことあった。その中に、警察職員(事務職員?)の女子官舎があった
ことを後で知った。公務員住宅と表示があっただけなので、そのときにはわからな
かった。仲間から追及されないかとヒヤヒヤしたが、結局何事も起きなかった。
もともとオレには組織的行動はあわなかったから、その後離脱したけど・・・

629 :名無しさん@3周年:04/04/03 12:54
>>625
オレも普段は「逮捕なんて屁でもない」と思ってたし、仲間にもそのように吹聴していた。
しかしある連続闘争の時にはかなりマルキの嫌がらせを受け、キチンと許可を取った情宣や
座り込み集会なども排除の対象になり、かなりもめる局面が何度もあった。
ある時スクラム組んでマルキと対峙した時、たまたま最前列になってしまいw
「あ、やべ逮捕されるかも」と思ったらむしょうに怖くなった。
何よりも「怖い」と思っている自分にビックリしたし、それがまた怖さを増幅した。
スクラムが崩れ仲間が一人逮捕された時、すかさずオレは最前列から抜け出し
トラメガを持っていたことをいいことに
「ご通行中のみなさん!こんな暴挙が許されていいのでしょうか!」とかアジって
仲間の目と自分の恐怖心をごまかした。思えばあの日から召還への道は始まっていたのかも。

630 :名無しさん@3周年:04/04/04 10:45
>>628
ビラといえば、集会のときに配られる他党派のビラをたくさん集めて分類し、
コレクションしてた。ダンボールで3箱はあった。思うところがあって、
5年前に処分した。失敗だったなー。
ずっと持ってれば、ネットオークションで値がついたかも。

631 :名無しさん@3周年:04/04/04 11:32
>>630
くわ~~もったいない。

632 :名無しさん@3周年:04/04/04 11:33
くわ~~もったいない。って

オマエ洪庵か?

633 :名無しさん@3周年:04/04/04 12:30
くわ~~バレたか

634 :名無しさん@3周年:04/04/04 12:33
死ね!!

635 :名無しさん@3周年:04/04/04 12:38
くわ~~今から首吊ります

636 :名無しさん@3周年:04/04/04 17:30
オレ、労働者共産主義委員会の「共産主義革命」創刊号もってるけど、
高値つくかな。

637 :名無しさん@3周年:04/04/04 17:39
オレは、前衛編集委員会の「世界革命」創刊号(70年発行)持ってるぞ。

638 :名無しさん@3周年:04/04/04 17:41
ヤフオクに出してみれば?w

639 :名無しさん@3周年:04/04/04 19:07
オレは世界画報の東大闘争特集号持ってる

640 :名無しさん@3周年:04/04/04 20:35
腹々時計もってるけど・・・ 佐々木さんにもらったの。

641 :名無しさん@3周年:04/04/04 20:45
1970年前後は、北海道大学を中心とする状況は
民青と三派(ブンド、中核、青解)が拮抗していた。
Zは、年寄りが多かった、死んだ魚のような目をしていた。
直木賞作家、藤堂志津子は、藤女子大の三派(ブンド)シンパでした。

イスラム研究の第一人者、現東大教授山内昌之は
今のとつとつ紳士的な語り口とはまったく違う
ブンドの指導者として、
火の吹き出るようなアジテーションで
対立党派の、Zからも、思わず拍手がわき出てきた。

当時の北海道社学同指導者・八十島君が
中核派の女性活動家と一緒に自死したのは衝撃でした。

普通に生き延び、大学を卒業するのが
少なかったときでした。

643 :名無しさん@3周年:04/04/05 01:58
恐怖心からトラメで逃げる、ってな話題が出ましたが、
場合によってはコーラーも狙われやすいよね。
指揮者や旗持ちとかも。
ジグザグやられた報復にすこーんと抜かれていくというか、、

646 :名無しさん@3周年:04/04/05 21:19
日向でもにしだでみいいけど、ブントは革マル派に対してどのような判断をしているのですか。
集会を共にしたり、共同戦線張ったりしたことあるの?労戦でも学戦でもいいけど。
そもそも左翼の一員と認めているのでしょうか。ご事情存じている方お願いします。

647 :名無しさん@3周年:04/04/05 23:03
カクマルのことを左翼だって言ってるのは、カクマルだけじゃないのか?

おっと、同じ革共同の四ターも奴さんらのこと、左翼規定してたかな?
ふつーの左翼は、反革命カクマル 
 もしくは、反革命革マルのどちらかの規定でしょ。

648 :名無しさん@3周年:04/04/05 23:08
東大全共闘の頃は加わっていたのだけど裏切ってしまいその後は聞きませぬね。
いざとなると逃げ足はどこの誰よりも迅速ときく。100メートル11秒台と誰かが言ってた。

649 :名無しさん@3周年:04/04/05 23:23
いやさ、逃げるだけならいいんだけどね。
権力からは逃げるだけじゃなく、
闘う人民の背後から襲撃するってこと繰り返してたわけだから、
もう、左翼とは言えないって。
メットかぶって、赤旗振ってるけど、
ありゃ、右翼が左翼のコスプレしてるだけなんだわ。

650 :名無しさん@3周年:04/04/05 23:42
いえてるな。
コスプレカルトだなありゃw
左翼、右翼の範疇に入らん輩だ。

だからその範疇外の他は解体対象でしかないという論理になる。

651 :名無しさん@3周年:04/04/06 00:44
しかしオレが戦旗(日向)に結集した時はまだ機関紙などの表現は「革マル派」だった。
それが’84年ごろ突然「これから『カクマル』と表記する」と意思統一された。
思えば中核のテロ宣言が出た辺りだったから、中核に対するポーズって意味もあったのかな?

654 :名無しさん@3周年:04/04/06 08:59
>84年ごろ突然「これから『カクマル』と表記する」と意思統一された。
違うだろ。そこから10年以上前の川口君虐殺に関する日向論文で、
「革マルには革命の革は使うことことができない」とかの内容で、
カタカナ表記すべきと主張していたし、戦旗や他の書物でも70年代から
そうしていたはず。詳しくは失念したが、西田派との分裂以前だ。
中核とのテロ宣言は関係ないだろ。

657 :名無しさん@3周年:04/04/06 14:23
>>654
ん?そうだたっけ?
オレなんかその頃にそんな意思統一が内部であった記憶があったもんで。
勘違いだったらスマソ。

665 :名無しさん@3周年:04/04/07 20:16
中核相手に「土下座外交」したというのは、卑屈な感じではあるが、それで
テロや内ゲバが避けられれば安いもので、政治的には正しい判断という感じでは。

打撃になるのは、自分より弱いと思われる対象にたいしてはテロるのに、
強いものにたいしては卑屈に逃げるという、卑劣かつ卑屈の相乗効果が出る場合。
リアリズムを持ってはいるが、もっと良いリアルな対処ができるはずだな。

弱い相手にも強い相手にもテロを辞さないというのであれば、リアリズムから
逸脱し、アホとしかいいようがないが、筋は通っている。

672 :名無しさん@3周年:04/04/17 00:43
ブントよ。人質事件に何かコメントを出してくれ!

674 :名無しさん@3周年:04/04/20 01:25
>>672
ブントは三人を糾弾するか、政府を糾弾するかで、迷っています
世論の様子をみて決めているようですが、混乱を極めているようです。

おそらく私の予想だと、それぞれ両方を批判するという、折衷案的見解に収まりそうです。

675 :名無しさん@3周年:04/04/20 09:39
674
それは無いだろう。
もしもそれが事実なら完全な変質として受け止めざるを得ないな。

677 :名無しさん@3周年:04/04/20 09:56
>>674
WEBでは一応抗議行動のレポート出てる。
それよりも身内の活動家に「さん」付けするのやめれ。

679 :名無しさん@3周年:04/04/21 19:40
>>677
昔呼称問題とかを闘労とかで議論したときは、外向けの出版物には
身内を「さん付け」しないってことになったはずなのにね。
たしかあのときは荒氏でさえ呼び捨てで表記することまで意思統一された
はずなのに、いつからこんなんになっちゃったんだろ?
 
ブントはホント忘れっぽいよ 昔きめたことなんて貫徹されたためしがない
綱領なんか ちゃんと党大会とかで修正して今の路線になったんだろうな?

680 :名無しさん@3周年:04/04/23 14:03
身内に「さん付け」するかどうかなんていちいち会議で意思統一しなきゃいけないことなんだろうか?
社会人になった時にいの一番に教わること。

681 :名無しさん@3周年:04/04/23 18:25
今の幹部に社会人経験ある人なんているのかw。

682 :名無しさん@3周年:04/04/23 20:24
オレが関わりをもち始めたときに、古手?の活動家に生活費をどうしてるかって
聞いたら「人民に食べさせてもらってる」との答えだった。当時は単純にヘーって
思ったけど・・・ 

683 :名無しさん@3周年:04/04/23 21:02
>>682
まさかそれが「人民=同盟員」で
しかも給料の大半を絞り上げているだなんて
夢にも思っていなかったろ?

684 :名無しさん@3周年:04/04/23 21:09
それって、搾取かな?

685 :名無しさん@3周年:04/04/23 21:16
>>684
当たりめえだろ。

686 :名無しさん@3周年:04/04/23 22:03
最近、スレッドの伸びが遅いのは皆さん竹田ウォッチに忙しいせいかな?

688 :名無しさん@3周年:04/04/24 00:01
686へ
伸びが遅いのは、イラク人質事件後だよ。少なくともあの時期元活として昔を語るのは、余りにも堕落と思えた。(あくまで俺は)

689 :名無しさん@3周年:04/04/24 00:52
>>688
日本の戦後最大のターニングポイントはイラクへの自衛隊派遣よりも
この人質事件のような気がしてきた。
予想以上の人質とその家族へのバッシングを見て
何だかものすごく気持ちの悪い国に住んでいる気がしてきたよ。

691 :名無しさん@3周年:04/04/24 08:01
689へ
今回マスコミの家族・本人パッシングにはホント嫌気が差した。
イラク戦争の是非はいつの間にか消し飛んで、既成事実化され、お国に歯向かう危険思想の持ち主として断罪される。
自民・公明・民主の占有率が全体の9割を超えてる現状では、これからもっと非国民扱いの出来事が起きると思う。
いやたまんないね。
かといって今の社共に新しい波をつくることは出来ないし。中も今だマル打倒だし。NGOのブントが主流にはなれないし
日本にも新たな政党が望まれるよ。韓国でも新たな潮流が登場したわけだし。

692 :名無しさん@3周年:04/04/24 11:00
人質や家族をバッシングしている連中は多分彼等が人質になる、ならない以前に
ボランティアとかNGOとかの存在そのものが嫌いなんだろうな。
金や名声のため以外のことに(命をかけてでも)行動する価値観が自分に存在していないから
そういう人を見て、戸惑い、恐れ、焦る。
そこへ「あいつらは偽善者なんだ」とかいう都合のよい自己弁護が与えられる。皆飛びつく。
彼等を批難することで「何もやっていない自分」を正当化する。
戦前のような国民を戦争へ総動員していく体制なんて、案外簡単に出来ちゃうんじゃないか?
と考える今日このごろ。

693 :名無しさん@3周年:04/04/24 15:19
うんだうんだ。
田原が週刊誌で語ってたけど、戦前の朝日も別に国家統制によって戦争賛美に変わったわけじゃーなくて
自らの論理によって変わっていったそうだ。
今までの戦争でこれは侵略で資源の略奪ですよと言って戦争を始めてる奴はいないわけで。
自衛隊のイラク派兵も人道援助だから許せるなんて世論調査で50%理解が出てるくらいだから。
これは本当にどんどん危険な方向に進むね。石波等は年金も払ってなくて国民の義務も果たしてないくせに、ふざけんなと言う思い。

695 :名無しさん@3周年:04/04/24 16:31
694
最近思うんだけど、元活で社会経験あって、家族もいてそれでも再度社会変革を考えている奴で考えたほうがいいと思う。
俺は辞めて就職して家族もいるけど、今の政治情勢で再度表現したい層はあるんじゃーないかと思う。
だけど党派闘争も知ってるし、セクト主義も知ってるし。
だから元活主導の党派連合の形態がいいと思うが。

700 :名無しさん@3周年:04/04/24 19:48
>>695

>元活で社会経験あって、家族もいてそれでも再度社会変革を考えている奴で考えたほうがいいと思う

オレもあなたの意見に賛成だな。オレも元活だけど。
現存している新左翼党派に未来を託すのは無理があるけど、
かと言って市民団体の脊髄反射的な「党派排除」も反発憶えるしね。WPNとかさ。
運動を党派が指導することのメリットもデメリットも知っていて、
尚且つ現在は一般市民としてのスタンスを持っている「元活動家」層が
再び運動に舞い戻ればそれなりの力になると思う。
そういう「受け皿」があるのかはよく分らないんだけど。まあこれは言い訳。

701 :名無しさん@3周年:04/04/24 21:24
いやいや、思い出を語ってるのが一番いいんでは。オレはかつての党派性を思い出すと
もうイイヤという感じ・・・ だからって、今の既成政党には全く賛同しないけど。

702 :名無しさん@3周年:04/04/24 22:05
>いやいや、思い出を語ってるのが一番いいんでは
そう、このスレ立てたやつが言ってるじゃない。
まあその辺はお互い様っちゅーことで(w と。
ブントに思い出はあっても、政治的未来はないんよ。

705 :名無しさん@3周年:04/04/27 12:28
元活動家の皆さん。
イラク戦争反対闘争のみに限定して再び闘争に参加するとしたら(その後の後腐れなし)
どこの潮流に参加しますか?現実的な話として。
オレはブントはちょっとイヤだな。やっぱワーアクとかになるのかな?

706 :名無しさん@3周年:04/04/27 17:33
>>705
潮流云々の時点で参加はしたくないな。
そういうのは、なくならないんだろうけどさ。

707 :名無しさん@3周年:04/04/27 19:44
>>706
確かに潮流云々よりも純粋なイラク反戦の意識だけで参加できればいいんだけどさ、
かつて経験がある分だけ、その辺とは無縁でいられないと言うか...
例えばたまたま日程などが合ったのでワールド・アクションに参加したとしたら
「これって中核系だよな、オルグされたらどうやってかわそう」とか考えちゃうよね。
そういうのとは関係なく「参加したい人間が参加したい時だけ自由に参加できる」
形態を作れていない組織側の問題もあるんだろうけど...。

708 :名無しさん@3周年:04/04/27 20:42
かつてのように運動参加者が数千、数万規模に膨れ上がれば中核であれブントであれ
もう参加者一人一人に構ってる暇など無くなる。自ずと自由に参加し自由に抜けられる環境となる。
いまようやくその萌芽が見え隠れしてきている。鶏と卵の話しで恐縮であるが、万とは言わぬけど、
早く数千、毎回渋谷数千とかの規模になって欲しいもんだ。それまではある程度党派の関与も仕方ない
のかもしれない。かつて(70年安保)はどうゆう過程だったんだろうか。やっぱ同じだったんでは?

709 :名無しさん@3周年:04/04/27 20:56
とは言っても結局は党派のヘゲモニー争い、かき回しになる。
かつての集会の時、共闘といいながらあの罵倒の仕合を思い出すよ。
マル青同だけが唯一、「労働者階級に敬礼!]とかやってたけど。

710 :名無しさん@3周年:04/04/27 21:09
アチャー(マル青同!)

観客としては分をわきまえた党派闘争は大いに結構だけんどねw

711 :名無しさん@3周年:04/04/28 01:13
>>708
確かに渋谷ワーアクなんかはHPなんかで見ている限りはほとんど党派色って感じられないね。
参加してる若い子なんかは「中核派?何それ?」って感じなのかな?
好きな時に参加できて、党派にオルグされない集会があったらいいなあとは思うけどさ、
みんな昔の自分を思い出してみてよ。
集会に参加してくれた人をそのまま放って置いたかい?
それこそ地の果てまで追いかける勢いだったでしょ?w

>>709
>かつての集会の時、共闘といいながらあの罵倒の仕合を思い出すよ。
あれはなぁ。慣れちゃうと楽しんでる風もあったからね。つーか三里塚分裂後は
戦旗の演説の時はムチャクチャヤジ多かったよねw
オレも普段キャンパスで対立してる党派のアジの時はここぞとばかりに(以下ry
そういう集会にいきなりオルグ対象連れて行ったら一気に消耗してしまった..。

713 :名無しさん@3周年:04/04/28 19:05
>対立してる党派のアジの時はここぞとばかりに
→ヤジを飛ばさないと、①活動家としてのコケンにかかわる
           ②仲間から認められなくなる
           ③タバコと同じで、習慣化してる
           ④なんとなく闘った気になる

714 :名無しさん@3周年:04/04/29 00:31
>>713
オレは100%ウサ晴らしだったなw
学内じゃあんまり立場強くなかったから。

715 :名無しさん@3周年:04/04/30 20:58
結局、国会のヤジと同じで、低レベルつーことか。でもあん時は本気じゃなかったか。
今から思えば馬鹿バカしくても。

718 :名無しさん@3周年:04/05/01 21:59
最新号の「理戦」に西部邁が登場。
そりゃ、確かにブントの大先輩だけどさ、いくらなんでもなぁ。

720 :名無しさん@3周年:04/05/02 18:55
機関紙「SENKI]見ると、いまだに援農やってんだな。オレ、80年代に援農行ってて
何か疑問感じたけどなあ・・・ 

722 :名無しさん@3周年:04/05/02 20:17
>>720
前の方のレスにもあったけど、援農に対する疑問って
「農家に利用されてるんじゃないか」とかそういうこと?

726 :名無しさん@3周年:04/05/03 13:39
>>722
そういうこと。表面的にはそういう面はある。援農合戦を繰り広げる支援団体と
それをアリガトサンする農家側。援農=闘う農家支援、というだけではないわな。
まあ、それはそれでいいとは思うが。

727 :名無しさん@3周年:04/05/03 15:14
>>726
学生の労働力を期待する農家と農家に恩を売っておきたい党派の思惑が一致している面もあるのかな?
現役の頃はもちろんそんなこと考えたことなかったけど。
それにしても反対派農民も減った今、未だ現闘置いてる党派は日々何をしてるんだろう?

730 :名無しさん@3周年:04/05/03 22:13
ところでGWは休みで盛り上がってると思うが、メーデーとか行ってる元活いる?
俺はまったく行った事無いんだが、どうよ?

738 :名無しさん@3周年:04/05/05 09:55
GWはどこも人で一杯だから、家でごろごろしてたよ。
そういや、かつて三里塚で反対同盟の集会があると、マル以外のさまざまな党派が来てたな。
ものすごい人出で興奮したよ。普段聞いたことない党派のビラもあふれてた。
あいつら、まだ存在してたのか、って感じ。各色のヘルメット見本市でもあった。
ああいう集会なら出かける気になるが、もうあれだけの人が集まる集会ってあるんかな。

739 :名無しさん@3周年:04/05/05 10:09
集会中に〝トイレ〟を口実に隊列から離れウロウロするのが楽しみの一つだった。
しっかしこんなセクト普段どこで何してるんだろうというくらい雑多な連中もいたな。
メット外して回りビラもらいの話し聞きいので結構楽しく刺激的であった。
三里塚公園の土の匂いが今も忘れられない。分裂前の遠い記憶である。

740 :名無しさん@3周年:04/05/05 11:46
>メット外して回りビラもらいの話し聞きいので結構楽しく刺激的であった。
あれれ、オレも同じことしてたよ。特に共産同系の小グループを回ってみるの
面白かったなあ。

741 :名無しさん@3周年:04/05/05 11:53
青が労対と分かれた頃で、左右に青二列が印象的だった。
全体の見栄えというか配色には貢献していましたね。
屋台とか来てなかったっけ?

742 :名無しさん@3周年:04/05/05 15:38
三里塚といえば、野戦病院の担当になったときは楽しかった。
野戦なんで中核の隊列とか行き来できたし集会の最前列には行けたし。

743 :名無しさん@3周年:04/05/05 15:48
本当はあの頃もうちと中核とうまくやっていけたら今の体たらくには
ならなかったように思っている。あそこで日和ってしまったことが
その後の分岐になったような気がしてならない。

744 :名無しさん@3周年:04/05/05 16:16
>>743
というか、余りにも中核とのギャップを感じたからではないかと思う。
中の大衆運動の組織化は老練だったらしく、美味しいとこ取りされるのに相当危機感を募らせてたと思う。

745 :名無しさん@3周年:04/05/05 17:11
ん?ギャップとは?軍事路線のこと?BUNDもその後はかなりなことやったと思うけど。
大衆運動の組織化や形成は確かに一日の長があったのは確かだが、若手の獲得合戦では決して負けてはおらんかった。
その「美味しいとこ取り」というのがよくわかりません。大衆組織、労組などの獲得合戦は正々堂々とやればいいし、
そこで「勝敗」いっても始まらないのではないかと。負けないくらいの党建設すべきという総括があるのみで。

746 :名無しさん@3周年:04/05/05 17:34
いまは小なりといえども西田のほうがきっちり原理原則のもと闘っている。
あいまいな路線のもと水ぶくれている組織よりいいんでは。

748 :名無しさん@3周年:04/05/05 19:48
>>743
中核とどうのこうのと言うより、そもそも反対同盟の分裂に原因があるんじゃない。
>>746
西田=両川って、なにやってんの? 闘うだけの組織実態あんの?

752 :名無しさん@3周年:04/05/06 08:54
うんだうんだ。
>>745
言葉足らずでスマソ。
80年代初頭Bの伸びが顕著になる中で、三里塚闘争の集会企画を中に持ちかけたところ、いいようにあしらわれて結局実現できずと言うのがあった。
その当時から中のセクト主義は強烈だったし(高々粗はごときにと言う感じ)自分たちが中心じゃなきゃ駄目というセクト主義。それとのギャップと言う意味。
いいとこ取りは、大衆運動の中で、Bがヘゲモニーを握りそれ以上の組織的伸張をはかられる事に対する危機感と言う意味。
中など今だ○打倒だし、弊害を考えれば、やっぱり判断は正しかったのでは。

753 :名無しさん@3周年:04/05/06 10:23
戦旗の縮刷版を最近読んだけど、すごいね。
今のブントとは大違いだ。
皆も、機会があれば読んでみるとよいかも。
ノスタルジーに浸れます。
皇居・アメ大にM22の記事なんて、感動してしまった。

757 :名無しさん@3周年:04/05/06 13:25
>>752
>80年代初頭Bの伸びが顕著になる中で、三里塚闘争の集会企画を中に持ちかけたところ、
>いいようにあしらわれて結局実現できずと言うのがあった。

その話は初耳なわけだが最近の中核って丸くなったように見えるよ。

758 :名無しさん@3周年:04/05/06 13:48
いまこそ提案してみればいいに。
イラク反戦をテーマにどうよ。
歓迎されると思うよ。

759 :名無しさん@3周年:04/05/06 14:10
>>758
市民運動の現場では両派系が共闘してるのは見るけどな。

760 :名無しさん@3周年:04/05/06 20:29
まあ、荒は荒なりに一所懸命やったんだから。あんまり責めるなよ。
それと、中核に期待なんかしちゃだめよ。セクト主義は昔からよ。
オレは三里塚の反対同盟の件で、恫喝をかけられたのを忘れんぞ。

761 :名無しさん@3周年:04/05/06 20:38
一坪に加担してりゃ仕方なかろう
で、荒に期待しろとでも???

764 :名無しさん@3周年:04/05/06 21:12
>>761
中核は今になって一坪持ち上げてるじゃないか

765 :名無しさん@3周年:04/05/06 21:14
へぇえ初耳だな。

771 :名無しさん@3周年:04/05/07 01:03
>>765
その件でインター(かけはし)と機関紙でやり取りしてたじゃん。

766 :名無しさん@3周年:04/05/06 21:16
荒にそんなに期待はしないが、荒の「破天荒伝」(太田出版)を読んだら、
なんとなく納得したり、ああいいんだよ、わかるよ、みたいな感覚にはなったけど・・・

767 :名無しさん@3周年:04/05/06 21:43
いまはどうなの?黄色いポルシェがどうしたこうしたてあたが。

768 :名無しさん@3周年:04/05/06 23:08
今は完全にダメだね。
自己顕示欲の塊になってしまった。
5月22日の広松の集会にも全国動員をかけてるし。
政治集会ならともかく、これは政治党派が動員を
かけるような集会ではないはずだが。

769 :名無しさん@3周年:04/05/06 23:10
いまさらに名って、戦旗の縮刷版だとか、昔の論文とかを
熱心に出版しているのを見ていると
荒も相当耄碌したな、という感じがある。
早く引退した方が良いね。もう知的想像力にかけている。

772 :名無しさん@3周年:04/05/07 01:07
ところで反対同盟の熱田派っちゅーのはまだ同盟として存在してるの?
WEB見る限りではブントと熱田さんの個人的付き合いにしか見えないんだけど

773 :名無しさん@3周年:04/05/07 02:21
>>772
げんさんも亡くなり、今や唯一熱田さんとの付き合いのみだと思うよ。
というか、三里塚に対して位置づけが昔と違うことに起因してると思うが。

774 :名無しさん@3周年:04/05/08 20:09
>>773
熱田派から絶縁された後も熱田さんや源さんとの付き合いは続いていたということ?
そもそも熱田派自体円卓会議あたりで消滅したのでしょうか?
インターやプロ青の潮流は今どのように三里塚に取り組んでるのでしょう?
教えて君でスマソ

775 :名無しさん@3周年:04/05/09 00:28
かつての青行はどうなってんだ。
I・Sとかさ。

776 :名無しさん@3周年:04/05/09 10:05
>>774
スマソ。詳しくはわからない。
最近召還の登場を願う。
>>775
俺が驚いたのは、相川勝重が芝山町長になってたこと。
新聞でみてオッタマゲタ。

777 :名無しさん@3周年:04/05/09 10:09
塚を政争の具に「利用」し町長さんになったとか?
そんで、まだ空港絶対反対逝ってるわけ??
んなぁことないだろな。ないだろうな、くそぉ~。

778 :名無しさん@3周年:04/05/09 10:42
>>777
セイコウ路線の集大成だろうな。いまじゃー空港共存の名の下に
利権獲得に奔走してんだろうな。行政を握り特区として繁栄を築く気だろうな。
こうなると絶対反対農民は、こいつらからも攻撃の対象に今やなってんじゃないかと思われるが。

779 :名無しさん@3周年:04/05/09 10:45
四ター、プロ青いまだに応援してんか??

780 :名無しさん@3周年:04/05/09 11:35
懐かしいな。
昔は機関紙の一面は三里塚、二面も三理塚、三面だって三里塚だった。

781 :名無しさん@3周年:04/05/09 12:29
>>780
ホント80年代は三里塚抜きに語れなかったよな。
でもあの当時の同盟幹部も結構亡くなっており、時代の流れを感じるよ。
堀越さんはまだご健在かな?

782 :名無しさん@3周年:04/05/09 12:41
そー言えば80年代の初頭に三里塚現地行動隊の内部向けの記録映画みたいなモノを撮ったって
聞いたことあるんだけど知ってる人いる?
なんかメンバーが腕立てとかしてる風景が映ってるらしいw

783 :名無しさん@3周年:04/05/09 12:47
3・8分裂の時には内部には北原派に行こうという意見はなかったのか?
どー見ても熱田派の中では浮いてたぞ

786 :名無しさん@3周年:04/05/09 15:04
>>774 >>783
戦旗の人の話では3・8分裂はねじれてしまったと言っていたよ。
本来自分たちの路線は北原派であり、青行路線のインタ、プロ青とは
一緒にやれないと。しかし、熱田さん、小川源さんという徹底抗戦農民と
関係が深いことから、それを脱落派とまで呼ぶ中核もだめだ、がっかりしたと
言っていたな。それに、ここは戦旗のよくわからないとこだが、
中核を批判しておきながら、まさか、分裂、テロ宣言をしてくるとは思っていなかったようだ。
大党派として自分たちのような小党派の批判を受け止める度量があると
思っていたらしい。むしろ、連帯する会にいながら、中核との共闘を望んでいた
ようだから、同盟の再統合というのも本気で言っているみたいだった。
熱田さんも戦旗と青行との間で苦労したようだが、青行路線が強くなると
だったら熱田派という呼び方をするな、と戦旗よりの発言をしている。
現状をみると青行路線はやはり、闘争幕引きであったわけだし、それを
早くから見抜いていた中核はあのような判断をしたのだろうけど、
やはり、やり方が強引過ぎた感は否めない。その後の北原派内部の小分裂を
見ても。

787 :名無しさん@3周年:04/05/09 15:31
>>786
中核派は、かつての大衆運動とともに歩む路線から、自党派に都合よく運動を
つくりあげる転換期にあったのでしょうかね。
その後の部落解放同盟からの離脱、労組交流センターの創設をみてもそう思う。

788 :名無しさん@3周年:04/05/09 16:48
>>786
丁寧な解説ありがとうございます。
当時の元戦旗の立場から思うに、中核派にもうちょっと度量があれば(セクト主義的でなければ)
同盟の分裂は「徹底抗戦派」と「条件闘争派」と純化したものになっていたかもしれませんね。
一坪の問題とかもあったと思いますけど、中核の引き回しに嫌気がさしていたってところもあるでしょうし
戦旗が熱田派に属してしまったのは苦渋の選択であり不幸なことだったんじゃないかと思ったりもします。

789 :名無しさん@3周年:04/05/09 18:01
>>786
センキもそんな奇麗事だけじゃーなくて、センキ系列の反対同盟設立を熱田派から追い出される
直前画策したが、熱田さんも含めだれも獲得できなく頓挫と言うのが事実。
センキ現闘は、作男だと粗になじられたと聞いたことがあるが。

790 :名無しさん@3周年:04/05/09 18:50
作男・・ むむ・・ 
でもしょうがねえだろう。そういう展開だったんだから。
てーか、農家は自分の利害を守る闘いだったんだから。
青行=農家の跡取りなんか、もろ空港と共存=営農第一だ。

791 :名無しさん@3周年:04/05/09 19:15
シンポジウムから円卓会議に至る辺りではもう戦旗は熱田派から追い出されていたと思うけど
インターやプロ青はその辺りの動きをどう評していたのですか?

792 :名無しさん@3周年:04/05/09 20:00
中核どうこう云ったって結局中核路線が正しかったわけじゃねえのか。
いまとなっちゃあ一坪派が塚を条件の泥沼に引きずり込み、同盟を解体させたの。
振り替えりゃあとても分かりやすい。もうそれから20年も経った今となれば。
中核も強引なとこはあったが塚の責任党派自認してたから必死だったんだろう。
「農地死守」だけは譲れなかったろう。元々農民層はプチブルだからややもすれば
条件に弱い体質があるわけで。それを巣食うのは原理原則、そこを崩せば瓦解の道。
公団当局が一番知っていた。それにのるかのらないかの端緒だったわけだな。
残念な歴史の過程だった。戦旗はその嵐の中で勝手に踊ったんだな。
結局、インター、プロ青などと共に裏切りの烙印を歴史に刻んでしまった悲劇、喜劇。
もうどうしようもないけどね。

793 :名無しさん@3周年:04/05/09 20:22
マル共みたらなんとかちゅう常連がコピペしまくってるが。一言。
まあチュンに組するものではないが、譲れない一線つうのはあると思うぜ。
三里塚では反対闘争当初から「空港絶対反対」「農地死守」だったろう。
懐深くしてそれを譲ればいかったんかいな?そういう基本路線でさえもか?
そのもとでの方針や戦術レベルならまだしも、同盟の憲法みたいな路線を変えてもいい
ちゅうのは最早懐の深さ云々ではなかろうに。それは路線変更、背信だろうと思うな。
労働運動でも然り。「一人の首切りも許さない」これ譲れるか?
憲法第9条これ譲れるか?そんな難いこと言わず、もっと柔軟にいこうよ、てえの
漏れは違うと思うぜ。そういうとこから左翼はほころび腐敗していく。
今の左翼の総崩れみてのとおりだろう。情けねえ。

795 :名無しさん@3周年:04/05/09 21:06
ここに集うかつての戦旗の人達の熱い情熱はわかる。
けど、それが結果としてある意味「無駄」になり。
それもこれも指導部の問題だろう。ジグザグばっかだもの。

796 :名無しさん@3周年:04/05/10 00:13
>>792さんが言うように、やっぱり左翼党派ってのは原理原則を曲げないっつーのが一番大事だな。
それが正しい正しくない以前に筋を曲げちゃいけないんじゃないかって最近特にそう思うよ。
世の中全員のコンセンサスを得るなんてどだい無理な話なんだからさ。
その点色々あっても中核派には見習うべきところもたくさんあるよな。
パラチェンブントのその「脱共産主義」の「理論」に従うなら、戦旗は70年代から
左翼である必要は無かった気がするよ。

797 :名無しさん@3周年:04/05/10 00:47
「原理原則を曲げない」という事がなぜ「4トロ狩り」につながるのかをわかりやすく説明してくれ

799 :名無しさん@3周年:04/05/10 11:07
>>797
インターへのテロは全く賛同しかねるけど、それをもって中核の全てを否定する気にはなれない。
インターをはじめ熱田派陣営が三里塚闘争の「話し合い絶対拒否」の「原則」からは結果として
逸脱し転落してしまったのは事実なわけだし。
中核派は現在も現闘を置き、組織として未だ三里塚にはかなりのウエイトを置いて取り組んでいるけど
インター(の潮流)がそれを成しえていないのは中核のテロだけが原因ではないでしょう?
当時戦旗に身を置いていた者としては中核のテロは許しがたい行為だったし、戦旗としても
全く他人事ではなかったわけだけど、熱田派がどんどん右旋回していくのも同時に歯がゆく感じたよ。
結局は「脱落派」だったのかな?とか今となっては思ったりもするよ。
そこからもさらに脱落したオレが言うのもなんだけどねw

801 :名無しさん@3周年:04/05/10 11:25
>>799
オレも同じだ
第2カクマルと呼ばれたのも今になってみれば頷ける気がする
今じゃそれ以下になちゃったしな・・・

802 :名無しさん@3周年:04/05/10 12:00
インターは陰でなにやってるのやら。
俺は好かん。現闘連中なにやってたんだ?

 ⇒続きを読む

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

トップリンク


おすすめ













市民派議員


衆議院議員/服部良一

千葉県議/吉川ひろし

成田市議/足立まちこ

柏市議/内田ひろき

門真市議/戸田ひさよし

カウンター


昨日 :
本日 :

FROM 2004/5/01

おすすめ記事

辺野古リレー アルバム】8・12 沖縄県民大会に呼応する首都圏行動

アルバム一覧に戻る だいぶ以前になりますが、「8・12 沖縄県民大会に呼応する首都圏行動」に…

月別アーカイブ

最近の記事

  1. 辺野古リレー
  2. 10・8三里塚全国集会全景
  3. 漫画『蟹工船』
  4. 幼児に旭日旗を持たせて軍国教育
  5. ヒゲ戸田通信
  6. レクリエイターズ
  7. 20170927前原小池
  8. 0922fuchigami淵上太郎さんを釈放させたぞ
  9. マキァベリ『君主論』
PAGE TOP