過去の記事一覧

  1. 6・16新大久保カウンター行動の逮捕者を救援しようーまずは「逮捕おかしいぞ」の声を

    ◆権力による「在特会」桜井会長の逮捕・回収 去る6月16日、東京の新宿区新大久保で行われた「在特会」のヘイト「デモ」において、歩道上で彼らの差別行為に抗議していたプラカ隊やしばき隊などをはじめとするカウンター行動の市民に、路上から突…

  2. 都議選では議席ゼロも-維新の没落を見て考えたこと

    きょう(14日)告示された東京都議選。惨敗した場合の責任について問われた維新の会の橋下共同代表は、「…

  3. 2013・06・02 NO NUKES DAY

    ウィ・シャル・オーバーカム (We Shall Overcome)あれこれー6・2 NO NUKES DAY にて

    昨日の芝公園での脱原発デモに参加した際、「旗旗7号」と名づけた手押しサウンドデモシステムをゴロゴロと押して歩いてきました。そのうちあんまり張り切りすぎて、喉が痛くなった私は、コールを休んで一曲くらい流そうかなと思い立ちました。コールの合間に時々おとなしい目の曲をはさむスタイルでいけばいいんじゃないかと。そんでここぞとばかりに「We Shall Overcome」を大音響にならないよう小さめのボリュームで流してみたんですね。

  4. 議論するのはいいことだ(下)-形式や流行でなく運動の中身の議論を

    さて、問題提起の後は休憩をはさんで全体討論にうつります。お三方それぞれの提起を中心に、質問や各自の問題意識、具体的な取り組みや報告、提案など活発な議論が行われました。そのなかでも、前半の針谷さんの「刺激的」な提起について、しばらくやりとりが続く場面がありました。先に書いたように、針谷さんの言いたいことは、「テント村は左翼だけの運動にせずに全国民的な運動にするべきだ」ということなのでしょうが、すでにテント村に参加しているのは左翼だけではありません。その左翼の人にしたって、運動の内容を自分たちの主張で独占しようなどとは考えていません。つまり、テントはすでに針谷さんが言うような「全国民的な運動」になっています。なにより「9条改憲阻止の会」が、福島のお母さんら、後から来た非左翼市民の人々に運営を明け渡し、自分たちは裏方に徹して支えているという、テント村成立の経緯がそのことを雄弁に物語っています。門戸は広く開かれているのです。

  5. 議論するのはいいことだ(上)-「テント村を守ろう討論会」に参加

     去る2月2日に「たんぽぽ舎」で開催された「討論会・経産省前テントひろばを守ろう」に参加してきました…

  6. 「画像アルバム」に新規画像1,057枚追加しました

    当サイトの『画像アルバム』のコーナーは、主に私自身が参加した集会の写真などを掲載・保存しています。けれど時期によっては力尽きて、せっかく参加させていただきながら、アルバムやブログなどでのご紹介がなされていないものがあります。アルバムについてはだいたい載せてきたつもりでいまして、数件くらい載せてないものがあるかなあくらいに思っていましたが、調べてみると、時期によっては3件に1件くらいの割合でしか掲載していない期間もあり、全部あわせてなんと33件も(!)掲載していない集会等がありました。それでこの機会に3日ほどかかって全部掲載することにしたものです。もちろん掲載画像はある程度は取捨選択しましたが、それでも今回掲載した未掲載画像は全部で1057枚になりました。

  7. 活動家は「細かいこと」を気にしないほうがいいよ

    基本的に現世には神も悪魔もそのへんをうろうろ歩いていたりはしないので、特定の誰かを祭り上げて依拠したり、逆に貶めて叩きまくるのはどうかと思っています。人間の心というのは誰でも7割くらいが善で、3割くらい悪で、それから弱い部分が7割くらいで、でも強い部分を3割くらいもっている。私もそういう普通の人間です。それから大切なのは、人間はいかようにでも変われるということだと思っています。一人の人間をとってみれば誰でも良いこともすれば悪いこともする。だからどんな指導者に対しても「おまえのそこはおかしいぞ!」と気軽に議論できること、その議論のやり方(不毛な「内ゲバ」や内紛や分裂にならないこと)、そしてそういう議論を容認できる組織や運動や指導者であるのかという点を私は重視しています。特に政治や市民運動の分野では、一時的な成功やら「時代の風にのっている」ことより、それが一番大切なことです。

  8. 右も左も沖縄の怒りを舐めきっている-1・27オスプレイ反対東京集会参加体験記

    去る1月27日、東京日比谷野音で「オスプレイ配備撤回!普天間基地の閉鎖・撤去!県内移設断念!NO OSPREY 東京集会」が行われました。すでにマスコミでも報道され、いろいろなブログでも記事があがった後ですので、集会の詳細はそちらに譲ることにさせていただき、私は自身の簡単な参加体験を残しておこうと思います。
    最初に書いておきますが、この日の集会はまさに前代未聞!沖縄県下のすべての市町村の首長と議会の議長がオスプレイに反対するために東京に代表団としてやってきたのです。この日の集会は彼らを迎えるためのものでした。代表団からの参加者は国会議員や地方議員も加えてその総数なんと144名!壇上に並んだ首長たちの多くは保守系・自民党系だったりするのですが、彼らは実行委員会を作ってオスプレイ配備撤回を求める10万人規模の県民大会を開き、その圧倒的な県民世論を背景にして、安倍首相に配備撤回の「建白書」を手渡すためにやってきたのです。

  9. ぐったり

    そろそろ再開します

     ブログのみならず、サイトの更新そのものが滞っておりまして、ご心配&ご迷惑をおかけしております。まあ…

  10. たまこまーけっと

    今年1月から3月のアニメ

     こちらの方は久しぶりに更新です。 遅くなりましたが、今年の1月から3月まで放映していたアニ…

  11. 緊迫する三里塚・新年デモに参加 2・18千葉→3・24現地闘争へ

    旗開き前の新年デモは120名が参加、市東さん宅前の開拓組合道路から、市東さんの畑まで往復という、かなり長いデモでした。シュプレヒコールも市東さんの問題が中心でした。この2月18日には市東さんの農地法裁判において市東孝雄さん本人の証言が予定されています。この日が裁判の最大の山場となり、かつ裁判所は3月結審、早ければこの春から夏にかけても市東さんの畑の強制収容が目論まれているのです。

  12. 三里塚三人デモご報告(後編)‐ 鈴木さん宅へ

    去年の暮れに書いた記事の続きを、何事もなかったからのように今さら書く私であった(笑)。→前編の記…

  13. 初詣の思い出

     他に書かないといけないことが沢山有り、実際三里塚のことを続けて書くつもりでおりましたが、マル共連B…

  14. 熱田一さんがお亡くなりになりました

     47年間におよぶ三里塚闘争で、闘争第一世代のお一人でもあり、三里塚芝山連合空港反対同盟(旧熱田派)…

  15. 三里塚】またか!突然の第三誘導路「前倒し供用」を許さない

    ◆地元に何の説明もなく前倒し供用を発表 お正月三ヶ日明けの4日、成田空港株式…

  16. 情報公開なくして「自己責任」なし…トモダチ作戦参加の被曝米兵が東電を訴え

    よく「ウソつき東電」などと言うが、要するにそれは、世界中で当然のこととされている企業と国の消費者(=国民)に対する情報公開のことなのだという視点を、誠に恥ずかしながら、このニュースを見るまで持っていなかった。だがそう考えるとわかりやすい。私たちはこの訴訟を揶揄してすませるのではいけいないと思う。

  17. ヨルムガンド

    開設のご挨拶

     こんばんは。日本革命連合ウェブサイト管理人です。 このアカウントをjrlのアニメチャンネル…

  18. 三里塚三人デモご報告(前編)‐ 実は二人デモに(・_・;)

    実はここに来る2週間ほど前に、所轄である千葉県警山武署にデモ申請の件で電話しました。しかしだいたいですねー、百人にも満たない人数で旗持って歩くだけで、いちいち申請がいるのって、仮にも「民主国家」と呼ばれている国では日本くらいなわけで、そのこと自体が非常識なわけですよ。しかも今回は多くても数人なわけでしょ、まー三里塚の集会に参加する時も、会場まで旗持って歩いているだけで、機動隊から「無届デモ」扱いの嫌がらせを受けるし、不当弾圧を心配する人たちからもアドバイスもらったんで、一応は交渉するけどさー、ものすごくナンセンスだよなとか思いながら電話したわけです。

  19. ただいま三里塚三人デモ実施中!(のはず)

     これは予約投稿です。このエントリが公開される頃、「三里塚勝手連」の有志による独自デモが出発している…

  20. 総選挙の朝に思うこと ー 大人の責任

    現在の自民党の支持率はどうか。実は21パーセントしかなく、驚くべきことに大惨敗した前回の政権交代選挙の時(22%)よりも下がっているのだ!自民党の支持者が増えているというよりは、単に民主党の支持者が減っただけで、もちろん自民に返った部分もあるわけだが、多くはその他の乱立した小党に分散してしまった。そして、一人(一位)しか当選しない小選挙区制の中で、自民党だけが少ない支持率でも議席を独占してしまうという構図だ。

  21. 総選挙の前日に思うこと ー 極右化した自民党と立憲主義の危機

    これは「戦前」の写真ではない! 左の写真は60年前のものではない。正真正銘この11月におこな…

  22. 読者の皆さまへ

    更新が滞っています。申し訳ありません。現在、公私にわたって、3つほど取り組んでいることがあります…

  23. サーバーを移転しました

     あまりにも表示が遅い(重い)、文字コードが特殊なのでトラックバックの送受信ができない、携帯やスマホ…

小説三里塚

小説三里塚表紙 「小説三里塚」目次

 戦後最大の住民闘争、三里塚。実在の開拓 
 農家をモデルに、敗戦、開拓、闘争と、そ 
 の波乱の道のりを感動で描く。
.

PAGE TOP