TAG 中国

国家・国籍

尖閣問題についての話題

言及されておられる事件については、まさしく菅政権にとっては、軍事力の増強維持と、安保体制(属米政治)の維持のための格好の宣伝に使われていますね。また、中国政府にとっても、やはり軍事力増強の口実に今後使われていくでしょうし、民衆の目を「外敵」に向かわせていくことで、国内の問題(人権・チベット・貧富の拡大)から目をそらせることに成功しています。まさに歪んだ共依存です。そしてまた、日中両国とも、こういう排外的なナショナリズムの扇動に、まんまと乗せられている人が大勢いる。おそらくにんまりしているのは米中の支配者のみ。日本の菅政権はおたおたしながらその尻馬に乗っているだけ。まさかアメリカは日本を守ってくれるとか本気で思ってるわけじゃないですよね。

国際連帯

長野聖火報道で見たショックな光景

聖火リレーに抗議する人々に混じり、個人的に中国当局を批判するプラカードを掲げて抗議していた時のことです。彼が中国人だとわかると、なんと!この聖火リレー抗議隊は、プラカードを掲げる彼を取り囲んで吊るしあげはじめたのです!びっくりしました。聖火リレーに抗議している人々は、中国の人権侵害ではなく、それに抗議する人も含めて、手当たり次第に中国人をなじっていたのです。すごくショックな光景でした。

運動組織論

チベット問題・長野聖火リレーに関する議論より

どうも右派系の中のごく一部の悪質な人(私がネトウヨと呼んでいる人々)が、チベット問題を文字通り単なる<ネタ>として使って、左派系のブログや掲示板を荒し回るという唾棄すべき行為を行っている(いた)ようです。これは命がけで闘うチベット人民に対する最大限の侮辱行為以外の何者でもないでしょう。そういう現状もふまえて「四トロ掲示板」に以下のような投稿をしました。

中国「段ボール肉まん」騒動で思ったこと

私たちアジア人は、「衛生」とか「著作権」とか、要するに目に見えない財産にお金をだすという考えが非常に希薄であるという点が共通してますねえ。私が子供の頃は、本物の隣に堂々とその半額くらいで「パチモン(=「偽者」と紙一重の「類似品」)が売られていましたからね。子供の服なんかは全部パチモンばっかで、学校で見せ合って大笑いしてました。当時は欧米人からそれを問題であるとか言われても「何を堅いこと言って…」くらいが平均的日本人のノリでした。

反弾圧

Yahoo!の通報で中国人ジャーナリストが有罪に!

中国のジャーナリストである師濤氏は、米国に電子メールを送ったために10年の刑に服しています。師濤氏の刑を決定した裁判記録によると、Yahoo!が、同氏に関する情報を中国政府に提供したとされています。中国政府に協力したYahoo!の役割を考えると、その企業倫理に疑問符をつけずにはいられません。