憲法論

  1. 「大日本帝国は民主国家だった」そうです(苦笑

    通説はだいたい以下のようなものでしょう。
    『明治憲法は天皇主権であり、議会や内閣も天皇の下にあった。「民主的権利」は法律の枠内で恩恵的・恣意的に与えられていたものにすぎない。なお、主権の変更は憲法改正の限界を超えているので、日本国憲法は帝国憲法の改正ではなく、新憲法の制定である。そして、天皇主権から国民主権になったのは良いことだ』

  1. 反戦動画集
PAGE TOP