2006 映画「蟻の兵隊」予告編
サイト内検索
twitter
トップリンク

小説・三里塚

小説・三里塚 戦後最大の住民闘争、三里塚。実在の開拓農家をモデルに、敗戦、開拓、闘争と、その波乱の道のりを感動で描く。

市東さんの農地取り上げに反対する会

市東さんの農地取り上げに反対する会 親子3代90年も耕してきた農地を、違法に取り上げる動きを見過ごすことができません。

結衣ちゃんは革命家

結衣ちゃんは革命家 誰でも遊べるブラウザゲーム。ヒロインの声は声優さんによるフルボイス。君はエンディングを見ることができるか?

mixi 三里塚勝手連

三里塚勝手連 当コミュは三里塚闘争に共感し、様々な形で農民を応援していきたいと考えている有志の集まりです。

戦旗派コレクション

戦旗派コレクション 20世紀、1970~80年代を駆け抜けた「戦旗派」の写真集。かつての同志たちへ、そして……。

過激派への100の質問

現役活動家時代に一般の方からよく聞かれた質問、100問100答集。過激派FAQ。
オンライン状況
45 人の同志が革命的にオンライン中です。 (1 人の同志が 反戦動画集 を参照しています。 )

登録会員: 0
シンパ: 45
カウンター
本日
昨日
累計
FROM 2004/5/01
反戦動画集(新)
工事中

<おしらせ>
現在「反戦動画集」は仕様の変更中です。ここが移行後の新サイトになります。
旧サイトには297件のムービーが登録されています。ここにない動画は旧サイトでご覧ください。なお、順次、動画の整理やリンク切れのチェックを行いながら旧サイトから移行作業を行っています。  

2006 映画「蟻の兵隊」予告編 高ヒット [地図表示]
2007/9/14 23:02 投稿者: 草加耕助 (記事一覧) [ 6772hit ]


 かつて奥村が所属した部隊は、上官の命令で戦後も中国に残留して戦った。いわゆる「日本軍山西省残留問題」である。しかし、長い抑留生活を経て帰国した彼らを待っていたのは「逃亡兵」の烙印だった。
 彼らの軍籍は抹消されており、軍人恩給はついに一円たりとも支給されなかった。日本政府は、「残留兵はみずからの意思で勝手に戦い続けた」と主張したのだ。なぜか?そういうことにしないと、政府がポツダム宣言に違反したことになるからだった。

 仲間たちの悔しさ、怒り、悲しみを背に、80歳の奥村は、証拠を求めて中国に向かった。やがて現地を旅する奥村の胸に、死んでいった戦友たちの姿がよみがえる。いつしかその一人一人に語りかけながら歩く奥村の姿があった。
 そしてある場所にたどりついた時、そんな奥村の心に、「今でも夢にみる」というもう一つの記憶がよみがえった。終戦間近の昭和20年、その日奥村は“初年兵教育”の名の下に、この場所で罪のない中国人を刺殺するよう上官に命じられたのだ。

 これは80歳の奥村和一(おくむらわいち)さんが、山西省残留事件の真相を解明しようと執念で孤軍奮闘する姿を追ったドキュメンタリー映画です。

映画「蟻の兵隊」公式サイト
地図  [KML] [地図表示]
公式サイトhttp://www.arinoheitai.com/
撮影地中国山西省
この動画の評価0.00 (投票数 0) 0.00 (投票数 0)投票する
カテゴリ内ページ移動 ( 58  件):     1 ..  52  53  54  55  56  57  58    

新しくコメントをつける

題名
ゲスト名
投稿本文
より詳細なコメント入力フォームへ
GNavi   (based on MyAlbum-P)