ニュースとお知らせ
サイト内検索
twitter
トップリンク

小説・三里塚

小説・三里塚 戦後最大の住民闘争、三里塚。実在の開拓農家をモデルに、敗戦、開拓、闘争と、その波乱の道のりを感動で描く。

市東さんの農地取り上げに反対する会

市東さんの農地取り上げに反対する会 親子3代90年も耕してきた農地を、違法に取り上げる動きを見過ごすことができません。

結衣ちゃんは革命家

結衣ちゃんは革命家 誰でも遊べるブラウザゲーム。ヒロインの声は声優さんによるフルボイス。君はエンディングを見ることができるか?

mixi 三里塚勝手連

三里塚勝手連 当コミュは三里塚闘争に共感し、様々な形で農民を応援していきたいと考えている有志の集まりです。

戦旗派コレクション

戦旗派コレクション 20世紀、1970~80年代を駆け抜けた「戦旗派」の写真集。かつての同志たちへ、そして……。

過激派への100の質問

現役活動家時代に一般の方からよく聞かれた質問、100問100答集。過激派FAQ。
オンライン状況
66 人の同志が革命的にオンライン中です。 (1 人の同志が ニュースとお知らせ を参照しています。 )

登録会員: 0
シンパ: 66
カウンター
本日
昨日
累計
FROM 2004/5/01
ニュースとお知らせ
ニュースとお知らせ
  
投稿者 : 草加耕助 投稿日時: 2016-04-18 04:17:16 (3918 ヒット)
呼びかけ

緊急署名】「経産大臣: 川内原発を止めてください」

⇒「経済産業大臣: 川内原発を止めてください。」のサイトはこちらをクリック

※以下の要請に賛同の署名をお願いします。

ーーーーーーーーーーーーーー
 私は、現在は県外在住ですが熊本市の出身です。
 2016年4月15日及び4月16日に発生した震度7、震度6といった巨大地震及び百数十回を超える余震が続いています。
 報道を見るにつれ、被害の状況が拡大し故郷の町が変わり果てた姿を見るに堪えません。

 にもかかわらず、熊本県に隣接する鹿児島県にあり、今回の地震の震源となったと考えられる活断層上に建設されているといわれる川内原発は稼働を続けています。
 万が一、福島第一原子力発電所のように事故が起きれば、九州全体が放射線の海と化することは想像に難くありません。

美味しい水と美しい自然に囲まれた熊本、そして九州のために川内原発の稼働の即時停止を決断してください。
ーーーーーーーーーーーーーー

 賛同者の署名は以下の宛先へ届けられます

林幹夫経済産業大臣
安倍晋三首相
九州電力社長

0コメント

投稿者 : 草加耕助 投稿日時: 2015-04-03 16:46:17 (7817 ヒット)
呼びかけ

テント撤去判決をはね返し、原発再稼働反対を闘い抜く闘争強化資金カンパを!

 東京地裁民事37部(村上裁判長)は、去る2月26日、テント撤去と損害賠償金約2800万円の支払いを命じ、両方について仮執行宣言を付した判決を 下しました。原告(国・経産省)の請求内容のすべてを認める不当な判決です。

 経産省前テントひろばは、直ちに東京高裁に控訴し、仮執行の停止を申し立てました。
 この仮執行停止の申立に対して、東京高等裁判所は幸いなことに、地裁判決主文のテント撤去に関して500万円、損害賠償については1700万円の保証金を供託することで、執行を停止することを示唆しました。私たちは、これについて、テント撤去に関する項目について保証金を供託し、3月18日にテント撤去に関する執行停止が決定されました。損害賠償に関する1700万円については供託をしなかったため、依然として強制執行の恐れがありますが、テントそのものは、東京高裁の判決までは、法的にテントは維持され、その条件のもとで東京高裁での訴訟が継続されることとなりました。これは、全国脱原発の闘いの一定の勝利と考えてよいと思います。 

 経産省前テントは依然として経産省前に存在し続けます。私たちは東電福島第1原発事故の責任を追及し、原発の再稼働に反対する闘いを新たな決意を込めて闘い続けるものです。高裁での闘いは、各専門家や被告に対する証人調べ、原告が提出した証拠調べ、証拠の全面的開示などを実現してゆく事が極めて重要となります。こうしたことと結びついて、今、最後の山場に来ている九電川内原発の再稼働を阻止する闘いがあります。これは安倍内閣による狂気のような反動攻勢の一角をこの部分で打ち破る闘いとなります。

 川内原発1号機では、3月30日から、再稼働の前に必要な「(設備や機器の検査をする)使用前検査」が始められました。遅れていた九電の「工事計書」の再補正が提出されたのが2月27日、以後3月10日、3月16日と2回の補正が出され、そのたった2日後の3月18日、第63回の規制委員会で10分ほどの審議(事務方の規制庁の説明が大部分)で工事計画の認可が行われてしまいました。すなわち、規制庁の担当部長の専決で全てを決め、規制委員会は形式的に認可をしただけです。「使用前検査」がどのように進むか、「再稼働ありき」で行われるのは火を見るより明らかなことです。

 川内原発再稼働の基本日程は、九電によると、6月末までに原子炉起動に必要な検査を終了し、7月上旬に発電を開始して、8月中に国の最終試験を受けて営業運転に入ります。こうした九電の勝手な予定は絶対に許されることではありません。何としてでも再稼働を止めなければならなりません。

 これからは、より厳しい再稼働阻止の闘いとなります。九州や鹿児島、そして薩摩川内市の闘いがより一層重要かつ喫緊なものとなります。脱原発の総力を挙げて再稼働阻止の闘いに挑まなければならなりません。ついては、再三のお願いで恐縮の限りですが、テント撤去の執行停止の供託金を含めたこれからの裁判費用、とりわけ原発再稼働反対を闘い抜く闘争のための、資金カンパをお願いする次第です。

テント撤去判決をはね返し、原発再稼働反対を闘い抜く闘争強化資金カンパ
 郵便振替:00160―3―267170 経済産業省前テントひろば
 他銀行からの振込:ゆうちょ銀行 〇〇八普通 5289163 経済産業省前テントひろば

※テント応援団も3000万資金カンパを呼び掛けていますが、一部重複する場合はご容赦下さい
 2015年3月31日 経産省前テントひろば(淵上)

0コメント

投稿者 : 草加耕助 投稿日時: 2014-11-12 21:00:22 (9126 ヒット)



詳細http://palestine-forum.org/event/201411-bds.html

ガザに自由を! パレスチナに公正な平和を!
「イスラエル・ボイコット・マラソンデモ」に幅広い参加を!


◆場所:【大阪】ヨドバシ梅田前
 http://www.yodobashi-umeda.com/information/access_map.html

◆期間:2014年11月12日(水)~ 12月24日(水)
    平 日・18:00~18:30
    土日祝・11:30~12:00


 今年の夏、イスラエルが2100人以上のガザ住民を殺戮したことに対し、国際社会からは多くの批判の声が上がりました。しかし、パレスチナでは違法な占領とアパルトヘイト政策が今も続けられています。その上、安倍政権は、イスラエルとの経済・軍事交流を急速に深めつつあります。

 いつまでこのような不条理が容認され続けるのでしょうか? かつて南アフリカでは、国際的なボイコット運動が広く取り組まれ、アパルトヘイト廃絶に大きく貢献しました。今、パレスチナでも同様の呼びかけが行われ、イスラエルに対するボイコット運動が世界中に広がりつつあります。

 そこで私たちは、これ以上ガザの悲劇を繰り返させないため、また、パレスチナにおける占領・封鎖・人権侵害を終わらせるため、42日間にわたる≪イスラエル・ボイコット≫マラソンデモを行います。

 メインのターゲットはヨドバシカメラです。ヨドバシカメラは、パレスチナ西岸地区内のイスラエル入植地で製造されている家庭用炭酸水製造機ソーダストリームを販売し続けています。また、パレスチナ人の移動の自由を奪うイスラエル軍検問所における生体認証システムを開発・納入しているヒューレット・パッカード社のパソコンやプリンターを販売しています。

 さらにヨドバシカメラは、イスラエル軍・警察の通信システムや、入植地におけるレーダー監視システムを供給しているモトローラ・ソリューションズの入庫管理システムも利用しています。また、最近ガザの虐殺現場ではソニー製CCDカメラ内蔵の兵器が発見されています。ガザ虐殺やパレスチナの封鎖・占領に直接・間接にかかわっている企業が、ヨドバシカメラを通じて何も知らされていない消費者から利益を得ているのです。

 11月12日から12月24日にかけての42日間、私達は毎日、ヨドバシ梅田前に立ち、戦争・占領協力企業の製品やサービスの取り引きを行わないよう要請します。また、戦争のない平和な世界を築くため、より多くの方がイスラエル・ボイコット運動に参加してくださるよう呼びかけます。

続きを読む | 残り1205字 |0コメント

投稿者 : 草加耕助 投稿日時: 2014-10-06 00:00:25 (9829 ヒット)
呼びかけ

【緊急】IWJのアーカイブがピンチです!
 http://iwj.co.jp/info/whatsnew/post/21084

USTREAMのアーカイブ映像が消去されてしまいます!期限は10月10日。
保存のために緊急のご支援(カンパ・作業ボランティア)をお願いします!


緊急、かつ重大なお知らせです。
9月30日にUstreamAsiaから新たなニュースリリースが発表されました。アーカイブ映像の保存期間を変更するという急な告知です。

http://www.ustream-asia.tv/news_20140930.html

こちらのニュースリリースにあるとおり、Ustream Asia株式会社での、アーカイブ映像(過去の番組)の保存期間が、30日間に変更となり、30日間を経過すると自動的に削除されるようになります。

また、これまでに保存されてから既に30日間経過しているアーカイブ映像も、2014年10月10日以降に削除されるということです。

IWJでは、映像配信にUstreamを利用しており、また自社の記事にもUstreamアーカイブ映像を埋め込みで使用しています。

その数は、9月30日現在で1万本を超えます。

我々IWJは、中継したら中継しっぱなしで終わらせるのではなく、手間暇とコストをかけて、アーカイブとして整理・保存し、貴重な時代の記録として、後日、多くの人が検索し、アクセスできるようにつとめてまいりました。

しかし、このUstreamAsia側のニュースリリース通りですと、今もUstreamアーカイブ映像を使用している、過去記事の動画が10月10日ですべて消去されてしまうことになります。

我々は、Ustreamで中継するだけでなく、同時に配信するビデオで録画し、より鮮明な画像の動画を変換してvimeoにアップして、保存しています。

vimeoへの変換とアップが終了している動画は保存されますが、問題なのはvimeoへの変換、アップ作業の終了していない動画です。その数はアーカイブの過半数を超えます。現時点では、我々も正確にはカウントしきれていませんが、6~7千本はあると思われます。

特にiPhoneやスマートフォンで配信された地方の動画アーカイブはほとんど消滅してしまう可能性があります。

IWJユーザーのみなさまにはご承知の通り、IWJでは乏しい予算と人員の中からやりくりして、財源と人出を捻出し、「アーカイブ大整理プロジェクト」を進行中でした。

いずれ、すべてのアーカイブは、独自に保存し直す必要があったので、よい機会ともいえるのですが、問題は時間の猶予です。

UstreamAsia側は、9月30日に急に告知し、すべてのアーカイブ消去の期限を、10月10日にすると通告してきました。たった10日間で、数千本もの動画をダウンロードし、保存しなくてはなりません。

呆然とするしかありません。

現在、IWJとしては、UstreamAsia側に事態の説明を求め、アーカイブ消去までのこのあまりにも短い期間の猶予を延長するように求めて交渉していますが、まだ結論はでていません。

我々としては、呆然と立ちすくんでばかりはいられません。交渉が不調に終わった場合、10日にはIWJにとって(あるいは多くの人にとって共有の)財産ともいうべきアーカイブが消えてしまいます。

それは、アーカイブを検索して、過去記事を視聴したり、読んだりすることを楽しみにされている会員の皆様への期待と約束を裏切ることになってしまいます。そんなことはあってはなりません。

結論として、IWJでは、
1)全てのアカウントのUstreamアーカイブ映像を至急、ダウンロードして保存する。
2)Ustreamアーカイブ映像を使用している全ての記事を更新して、vimeoへアップした映像に置き換える
という膨大な作業にすぐさま着手することにしました。

具体的にご説明いたします。

続きを読む | 残り1744字 |0コメント

投稿者 : yukiko 投稿日時: 2014-07-07 15:39:51 (9756 ヒット)
呼びかけ

 共同運営実験スペース りべるたん・早稲田学生有志による【7.6早稲田カウンター学生弾圧救援会】から声明が出されました。

メガホンがちょっとさわった?とかで暴行とでっち上げられ不当逮捕。あまりにひどい!
誰もが不当逮捕される今の状況に、学生、社会人問わず声を上げましょう。

ひとりでも多くの皆さまのご支援をよろしくお願い申し上げます。

声明文賛同連絡先:ikebukurolibertine@gmail.com
カンパ口座:ゆうちょ銀行018 普通預金 口座番号60880751 名義「りべるたん」


/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

(以下の声明の転載・拡散をお願します)

 既にご存知の方も多いかと思いますが、7月6日にりべるたんの仲間(以下A君)が公安警察よって不当逮捕されました。本件においては、早稲田学生有志様と連携して、A君奪還の日まで断固として戦い続けます。以下に本件の経緯と方針等を記した声明文を公開します。

--------------------
7.6早稲田カウンター学生弾圧救援会声明

7.6早稲田カウンター学生弾圧救援会
共同運営実験スペース りべるたん・早稲田学生有志


 7月6日、早稲田で行われた「第二回 朝鮮カルト組織犯罪撲滅デモIN高田馬場~早稲田」というレイシズムデモのカウンター行動において、私たちの同志であるA君という学生が不当逮捕されました。共同運営実験スペースりべるたん及び「早稲田学生有志」は本弾圧に対し7.6早稲田カウンター学生弾圧救援会を結成し、抗議行動及び救援活動をA君奪還まで展開します。本弾圧に対する声明をここに表明します。

本弾圧の経緯

 今回のカウンター行動は、民主主義の名の下でレイシズムによるヘイトスピーチを許してはならない、「人種のるつぼ」である早稲田の街に排外主義集団を通してはいけないという思いから、早稲田大学の学生数人が中心となり呼びかけられました。A君はその趣旨に賛同し、カウンターに参加した正義感の強い学生の一人でした。

 抗議行動において、A君を含む数人は暴言を吐き続けられなどする中でレイシズムデモと対峙し続けました。その最中にA君の持つメガホンがレイシズムデモ参加者のメガホンにぶつかったと言いがかりをつけられ、その行為が公安警察によって「暴行」にでっちあげられました。メガホンとメガホンの接触という、ただそれだけのことが暴行とされ、非常に許しがたく、信じがたい逮捕劇が敢行されました。

本弾圧における救援体制と支援の呼びかけ

 A君は現在の社会が抱える矛盾に対して強い批判精神を持ち、多くの社会運動に主体的に関わっている知性と情熱を持ち合わせた勇気ある学生です。活動の中でA君は、さまざまな社会問題に関心を持つ若者が集うスペースであるりべるたんで共に闘う仲間を集めようと、その運営に深くコミットしていました。そのようなA君の事情を勘案して、今回の救援活動においては、カウンター行動を呼びかけた「早稲田学生有志」及びりべるたんの共同で「7.6早稲田カウンター学生弾圧救援会」を結成し、救援活動を展開します。カウンター行動に参加された、ないしその趣旨に賛同する多くの学生・市民の方々と連帯して奪還の日まで闘い続けていきたいと思います。

 現在、救援活動に奔走しておりますが、本救援活動は学生や若者が中心であるために、弁護士さんによる接見費用を始めとした資金面で非常に不安があります。連帯してもらえる学生・市民のみなさんには可能な限りで構いませんのでカンパをお願いしたく思います。今回の救援活動におけるカンパ先は混乱を避けるため、以下の「りべるたん」の口座に一元化します。救援活動終了後には収支を公開致しますのでご理解頂けますと幸いです。

 また、本声明に対して賛同してくださる個人・団体とメッセージを集めています。賛同及びメッセージは、関連団体のブログ等に掲載させていただく予定です。匿名希望の方はその旨お書き添え下さい。

 一日も早いA君奪還に向けて、共に闘っていきましょう。そして、A君のような若く正義感あふれる学生がおかしいと思ったことにおかしいと、不当な弾圧をされることなく声をあげられる民主主義社会を作り上げましょう。よろしくお願いします。

カンパ口座:ゆうちょ銀行018 普通預金 口座番号60880751 名義「りべるたん」
賛同連絡先:ikebukurolibertine@gmail.com


0コメント

投稿者 : 草加耕助 投稿日時: 2014-06-19 20:32:26 (5622 ヒット)
呼びかけ

 正直、みんなの党は安倍政権同様の改憲勢力であり、敵だと思っていますが、こればっかりは頭にきて許せない!人間の尊厳を傷つけられた人への対応にダブルスタンダードでいたくない。

 何より「議場で笑いがおこった」「舛添知事も笑っていた」(おときた議員のブログ)さらに「たかがこんなことくらいで」と言わんばかりの都議会自民の対応に腸が煮えくり返る。もう今度ばかりは敵に塩をおくります。とりわけ政治や社会運動の中で平気で差別発言(用語)を連発する人たちには、あらためて己の罪の深さに思いを致してほしい。

 署名のオリンピック云々の部分には同意できない表現もありますが、ものは考えようで「このことが世界に広まり」「ボイコットする選手が出る」のならいいことです。東京オリンピックに誤解を与えるのではなく、まさにこの程度の人権意識の人たちを中心に開かれるオリンピックだということを世界に向けて明らかにしましょう。

--------------------------------
都議会本会議内で女性差別発言をした
自民党都議会議員を特定し厳正に処分するよう強く求めるネット署名


発信者 東京都議会における差別発言を許さない市民一同

署名はこちらから → http://t.co/4wPfWZFoEF


 2014年6月18日、東京都議会の本会議において、みんなの党会派の塩村文夏議員が、女性の妊娠・出産を巡る都の支援体制について一般質問をしていた際に、自民党都議らの座る一角から男性の声で「自分が早く結婚した方がいい」「産めないのか」などといった野次を浴びせかけられました。  

続きを読む | 残り3427字 |0コメント

投稿者 : 草加耕助 投稿日時: 2014-05-09 20:41:58 (2926 ヒット)
呼びかけ

安倍政権はダメだとはっきり言おう!5・10(&6・15も!)新宿デモへ!
http://zigzag.blog.jp/archives/1002668703.html(ジグザグ会ブログより)

 直前になりましたが行動参加への呼びかけです。ジグザグ会も賛同団体として参加します。
5月13日には集団的自衛権容認の報告書が安倍に提出される可能性が高く、原発輸出・再稼働と並んで事態は重大な局面に入ります。多くの方の参加を呼びかけます。以下、主催(呼びかけ)団体からの告知を転載いたします。
安倍の原発再稼働宣言(2013年2月28日)レッドカード


★☆★☆★☆★☆(以下、転送・転載大歓迎)★☆★☆★☆★☆

続きを読む | 残り1832字 |0コメント

投稿者 : 草加耕助 投稿日時: 2014-04-09 15:31:18 (2544 ヒット)
呼びかけ

★☆★☆★☆★☆★(転送・転載大歓迎)★☆★☆★☆★☆★

【4月26日第一次締め切り】【2.9竪川弾圧】「園良太さんへの公安警察・江東区・東京都による終わらない弾圧への抗議声明」に賛同をお願いします!

以下の抗議要求声明への個人・団体賛同を募集します。4月26日(土)までに個人名/団体名と肩書きを solfeb9@gmail.com にお送りください。
以下の宛先に提出し、救援会ブログでも公表します。

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

2.9竪川弾圧・園良太さんへの
公安警察・江東区・東京都による終わらない弾圧への抗議声明

http://solfeb9.wordpress.com/

2014年4月8日

呼びかけ:稲葉菜々子(茨城大学)、上杉崇子(弁護士)、鵜飼哲(一橋大学)、大口昭彦(弁護士)、川村理(弁護士)、下地真樹(阪南大学)、山中幸男(救援連絡センター)、2.9竪川弾圧救援会

宛先:江東区役所水辺と緑の課
「地方公務員災害補償基金」東京都支部年金求償係

<要求>
1:園良太さんへの「損害賠償請求」の全てを今すぐやめること。
2:園良太さんへのあらゆる連絡と弾圧をやめること。
3:市民の抗議要請行動に対する行政の弾圧を全てやめること。

<みなさまへの経緯解説>

続きを読む | 残り1617字 |0コメント

投稿者 : 草加耕助 投稿日時: 2014-03-30 13:43:25 (5438 ヒット)
呼びかけ

【声明】「辺野古移設の防衛省抗議への右翼介入を許さない。次回 4/7へより多くの参加を呼びかけます」(園良太)
http://www.labornetjp.org/EventItem/1393887932499staff01

 沖縄・辺野古への米軍基地建設を阻止するため、毎月第1月曜日の夜に防衛省正門前で抗議行動が行われてきました。主催は「辺野古への基地建設に反対する実行委員会」。この定例行動に3月3日、右翼が10人程の集団で妨害をしてきました。この妨害は今後強まる危険性があると思い、参加者の一人として強く抗議し、妨害できないように多くの方の参加を呼びかけます。

 右翼は開始前に着いていた一人の参加者に集団で文句をつけ始め、抗議行動が始まってからも日の丸や「オスプレイ賛成」の横断幕を掲げてひたすら妨害を続けました。「防衛省のみなさんありがとうございます!」「9条で平和なんか守れるわけねえだろコノヤロー!」「汚ねえ左翼は帰れ!」といった聞くに堪えない罵声をマイクで浴びせ続け、こちらの話やコールもさえぎられました。集団の詳細は不透明ですが、twitterなどでこの日の行動への抗議が呼びかけられていたようです。

 これに乗じて公安警察も普段より人数が増え、右翼側を見に行った参加者の後を尾行していました。明らかにトラブルを期待し、こちら側の抗議への介入・弾圧を狙っているのです。またこうした草の根右翼の増殖自体が、田母神俊雄の都知事選60万票獲得や、全国各地の平和に関する漫画や展示会の撤去騒動と相まって、ファシズムを下からも作り上げています。

 今後のエスカレートが懸念されるのは、JR大阪駅前の毎週の辺野古新基地建設反対アピールに対しても、昨年末から右翼の「在特会」と警察・JRが妨害を繰り返し、何と機動隊まで導入されたからです。右翼の妨害は仲井真知事が辺野古埋め立てを承認した直後から激化しています。JRと警察はこれを口実に公道でのチラシ配りすら規制し始めました。
ヘイトスピーチ屈せず 辺野古反対大阪行動(沖縄タイムス)
辺野古に基地を絶対つくらせない大阪行動ブログ

 辺野古現地の座り込みテントにも以前から右翼が襲撃・嫌がらせを繰り返しています。そして安倍政権は基地建設の阻止行動に対し、米軍施設・区域への侵入を禁じる「刑事特別法」を適用し、次々不当逮捕する事を狙っています。まるで沖縄への戦争宣言です。工事着工が近づくにつれ、現地と同時に全国の抗議行動にも妨害と弾圧が増えてきたのだと思います。
辺野古移設反対行動に刑特法 政府検討(沖縄タイムス)

 大阪では妨害に対し憲法研究者が抗議声明を出し、参加者も増えています。東京でも参加者と注目が増える事が、行動を守る何よりの方法だと思います。そして沖縄から基地を無くすために、次回以降により多くの方の参加を呼びかけます。

次回抗議:4月7日(月)18時半~防衛省正門前(JR四ツ谷・市ヶ谷駅から徒歩)
地図:http://www.mod.go.jp/j/profile/mod_sdf/access.html
主催:辺野古への基地建設に反対する実行委員会
http://www.jca.apc.org/HHK/NoNewBases/NNBJ.html


2014年3月4日
毎月第1月曜夜の防衛省抗議行動参加者:園良太
http://d.hatena.ne.jp/Ryota1981/


投稿者 : 草加耕助 投稿日時: 2014-03-24 19:33:42 (2673 ヒット)
呼びかけ

★☆★☆★☆★☆★(転送・転載大歓迎)★☆★☆★☆★☆★

【賛同のお願い】「反原発」に名をかりた闘争妨害を許さない
「共同声明」のよびかけ

http://hantenhangenpatsu.hatenablog.com/

 東電福島原発事故から3年目を迎えた「3・11」、政府は「東日本大震災追悼式」を開催しました。式典は「君が代斉唱」・黙祷に続いて、「東日本大震災犠牲者之霊」の「標柱」をおしたてた祭壇で、安倍首相が「復興」こそが「犠牲者の御霊に報いる途」として「強靭な国づくり」のため「前をむいて進んでいく」と宣言し、天皇も「国民皆が心をひとつにして寄り添っていくことが大切」とよびかけました。

 追悼式典は、原発事故の原因を「未曾有の天災」とすることで原発事故を引き起こした国家責任、謝罪・賠償責任を放り出し、被害者も加害者ももろともに「日本国家の再興」「経済復興」を進めようというのです。そのもとで、原発再稼働・「日の丸原発」輸出の推進がはかられています。今年も各地で行われた、学校や職場、地域での一斉黙祷・弔旗掲揚など一連の「追悼」も、この天皇を先頭に押し立てた国家式典にあわせておこなわれることで、統合された「国民式典」の一部分にならざるを得ません。この「もうひとつの8・15式典」は、今後も原発政策推進を背景に継続されることでしょう。

 私たち「3・11行動実行委員会」は、これに反対し、「3・11天皇出席の震災3周年追悼式典-全国一斉黙祷反対!集会・デモ」を多くの方々の支援のもとに共同闘争として闘いました。当日は「3・11行動」の闘争スローガン「追悼式典反対! 天皇とともにする一斉黙祷反対! 弔旗掲揚反対!政府・東電の事故責任逃れを許さない!謝罪・賠償を行え! 再稼働・原発輸出をとめよう! 核燃サイクル阻止・いっさいの再処理施設を閉鎖せよ!」を掲げて、J・パワーから銀座、東電本社前を通るデモをしました。

 私たちのデモに対しても、右翼の「在特会」「男組」「我道会」や複数の街宣右翼による暴力的な妨害が試みられました。このうち、「3・11行動」の闘いを「愚行」として「破邪顕正に徹する団体である以上、この愚行を決して赦さない」として闘争破壊を宣言していた「我道会」は、当日夜におこなわれた「東電前アクション!」主催の東電前抗議現場に対しても現場に押しかけました。そして原発事故から避難されている方の発言も含め、すべての集会発言に対して下品な嘲笑、“罵声”を浴びせ続けたのです。集会参加者から彼らに対する抗議の声があがるや、車道を越えていっせいに集会に突入をはかろうとするなど妨害をくりかえしました。さらにその後も、「東電前アクション!」をターゲットにした卑劣な脅迫的言辞や暴力的威迫がインターネット上で繰り返し続いています。

 彼らは「東電前アクション!」が「3・11行動」に賛同・参加していたことを攻撃の理由にしています。「反国家式典」行動に賛同したことをもって、東電に抗議する運動をも潰そうとしたこの妨害は、より踏み込んだ悪質なものです。彼らの動機は「天皇制を批判する者は許さない」の一言に尽きます。私たちは東電前での闘争妨害・破壊行為も「3・11行動」を共に闘った私たち総体への攻撃ととらえざるをえず、断じて許すことができません。

 今回のような暴挙、闘争破壊を狙った行為を許せば、自分たちと思想、価値観の異なるものは、反原発をはじめとするさまざまな運動や集会などの場から排除しても許されるという彼らの主張を容認することになります。

 私たちは反原発やさまざまな運動課題を担っているすべてのみなさんによびかけます。

 「反原発運動」に名をかりて、意見や立場の違う者を脅迫や暴力的妨害で運動から排除する言動を許さず、ぜひともに声をあげてください。下記の声明に賛同をよろしくお願いしま
す。

続きを読む | 残り510字 |0コメント

(1) 2 3 4 ... 16 »