(原宿)原発ファシズム・天皇制―反天皇制運動連絡会集会
サイト内検索
トップリンク

おすすめ













市民派議員

衆議院議員/服部良一

千葉県議/吉川ひろし

成田市議/足立まちこ

柏市議/内田ひろき

門真市議/戸田ひさよし
Twitterブログパーツ

オンライン状況
43 人の同志が革命的にオンライン中です。 (4 人の同志が 反戦カレンダー を参照しています。 )

登録会員: 0
シンパ: 43
カウンター
本日
昨日
累計
FROM 2004/5/01
年間表示月表示週表示一日表示予定一覧表示

予定表 -詳細情報-

件名 (原宿)原発ファシズム・天皇制―反天皇制運動連絡会集会
開始日時 2011年 12月 23日 (金曜日)   15時00分
終了日時 2011年 12月 23日 (金曜日)   17時00分
場所 千駄ヶ谷区民会館(JR原宿駅徒歩10分)
連絡先 http://www.ten-no.net/dance/modules/contact/
詳細 //////////////////////////////////////////////////

原発ファシズム・天皇制

反天皇制運動連絡会集会―

http://hanten-2.blogspot.com/2011/12/1223.html
//////////////////////////////////////////////////

チラシダウンロード

2011年3月11日、震災とそれに続く東電福島第一原発事故。いまなお収束は不透明であり、被曝は拡大するばかりだ。

この現実とさまざまな行動が、政・官・財一体となった"怪物的"権力によって、地元マスコミや学会から批判者を排除し、翼賛体制として成立した「原発ファシズム」(山本義隆)を深層から揺るがし続けている。
しかし、問題の根は深い。

冷戦体制のもとで作り出された核の「平和利用」=潜在的核武装戦略、そのキャンペーンと天皇制の果たした役割、地域差別と被曝労働の構造化、事故後の天皇による「被災地巡幸」、「がんばろう日本」のナショナリズム、脱原発運動と「日の丸」・・・・・・。
恒例の12・23反天連集会、まとめて議論しよう。

◆お話:田浪亜央江さん(ミーダーン〈パレスチナ・対話のための広場〉)
    山口素明さん(フリーター全般労働組合共同代表)
    天野恵一(反天皇制運動連絡会)

◆日時:2011年12月23日 午後3時より

◆場所:千駄ヶ谷区民会館
 東京都渋谷区神宮前1-1-10
 JR山手線 原宿駅(竹下口)より徒歩約6分
 地下鉄千代田線 明治神宮前駅(2番出口)より徒歩約8分
 http://www.city.shibuya.tokyo.jp/est/kmkaikan/km_sendagaya.html

主催●反天皇制運動連絡会 
   http://hanten-2.blogspot.com/



反天連集会「原発ファシズム・天皇制」に参加を
http://hanten-2.blogspot.com/2011/12/blog-post.html

「放射能は誰にも区別なく降り注ぐ」──。3.11以降、誰もが被曝当事者となっているという事態を示す表現として目にすることも多いのだが、それはほんとうにそうなのだろうか。これと一見似たものとして、「脱原発に右も左もない」という言い方もある。

前者については、むしろ原発自体が地域差別や下請け被曝労働者を構造化してはじめて推進されるものであること、被害の実相は重層化されたものであることが、明確に論じられるようになってきた。だが後者については、なお根強いものがあるように感じる。

この間、経産省前に張られているテントを統一戦線義勇軍の議長らが訪問し、その場に居合わせたメンバーと「懇談」したという件が問題になっている。彼らはその綱領にレイシズムを明確にうたう新右翼の政治団体である。当然、テントの運営委員会からも、彼らを容認し歓迎したわけでは全くないこと、彼らの運動への介入を許してはならないという声が上がった。

しかしネット上では、あいかわらず「左が右を排除しようというのは運動を狭くするセクト主義」などといった意見が多く見られる。街宣車右翼が連日テントの前に押しかけ、警察などとも連動して運動つぶしにやっきとなっているいま、そうした右翼のふるまいとは異なり、テント撤去をしないよう経産省に要請に赴いた統一戦線義勇軍の行為が注目されるのは、ある意味当然である。

別に右翼が脱原発運動をしてはならないなどと、誰も言わない。しかし、「右も左もない」からという口実でわざわざ右翼を招き入れ、それがあたかも運動の幅の広さと寛容さを示しているなどと考えることがわからない。彼らは「日の丸」を掲げてテントにやってきた。「日の丸」に象徴される「国民運動」としての脱原発運動というものがありうるとすれば、それは「日の丸」およびそれに象徴される国民=国家のありかたに違和を抱いていたり、はじめからそこで排除されている人びとにとって、きわめて暴力的なものとなるだろうことは明らかである。

前おきのつもりが長くなってしまった。この「右も左も」という物言いに私たちが思うのは、いまなお繰り返される「がんばろう日本」ナショナリズムと、それがそっくりだということだ。事故後の天皇による「被災地巡幸」にたいする評価も、無縁とは言えない。

3.11以後の現実とさまざまな行動が、政・官・財一体となった“怪物的”権力によって、地元やマスコミや学会から批判者を排除し、翼賛体制として成立した「原発ファシズム」(山本義隆)を深層から揺るがし続けている。とはいえ、さまざまに論議されるべき課題は多いのだ。

今年の12.23反天連集会では、冷戦体制のもとで作り出された核の「平和利用」=潜在的核武装戦略、そのキャンペーンと天皇制の果した役割と、上に述べたような問題とを、まとめて議論する場としていきたい。ぜひご参加下さい。
(北野誉/反天皇制運動連絡会)

●『「反改憲運動」通信』第7期13号( 2011年12月7日号)掲載

カテゴリー 関東地方の行動案内
投稿者 草加耕助
レコード表示 公開
繰り返し
最終更新日 2011年 12月 15日 (木曜日)
印刷する

新しくコメントをつける

題名
ゲスト名
投稿本文
より詳細なコメント入力フォームへ
本日の予定
予定はありません
  予定の追加
当面の行動予定
予定はありません
最近登録・更新された予定
2017/1/25 18:08:37
[2011年 7月 10日 (日曜日)]
(文京)天皇の被災地「巡幸」――何やっテンノー?
2016/8/4 5:14:44
[2011年 7月 10日 (日曜日)]
(池袋)今こそ反安保・反自衛隊の声を!―震災を利用した改憲の動きを許すな!7.10デモ&集会
2016/8/4 5:13:01
[2016年 5月 26日 (木曜日)]
5/26戦争あかん!パレード〔大阪淀川〕
2016/8/4 5:13:01
[2016年 5月 26日 (木曜日)]
戦争あかん!パレード〔大阪淀川〕
2016/4/21 23:22:23
[2016年 5月 1日 (日曜日)]
(井の頭公園)多摩地域メーデー集会・デモ
他 4745 件
  予定の追加