rss ログイン
旗旗  - BUND.JP

ユーザメニュー

テキスト系

メディア

情報交換・発信

サイト内全検索

オンライン状況

65 人の同志が革命的にオンライン中です。 (1 人の同志が 懐古的資料室 を参照しています。 )

登録会員: 0
シンパ: 65

twitter

トップリンク

小説・三里塚

小説・三里塚 戦後最大の住民闘争、三里塚。実在の開拓農家をモデルに、敗戦、開拓、闘争と、その波乱の道のりを感動で描く。

市東さんの農地取り上げに反対する会

市東さんの農地取り上げに反対する会 親子3代90年も耕してきた農地を、違法に取り上げる動きを見過ごすことができません。

結衣ちゃんは革命家

結衣ちゃんは革命家 誰でも遊べるブラウザゲーム。ヒロインの声は声優さんによるフルボイス。君はエンディングを見ることができるか?

mixi 三里塚勝手連

三里塚勝手連 当コミュは三里塚闘争に共感し、様々な形で農民を応援していきたいと考えている有志の集まりです。

戦旗派コレクション

戦旗派コレクション 20世紀、1970~80年代を駆け抜けた「戦旗派」の写真集。かつての同志たちへ、そして……。

過激派への100の質問

現役活動家時代に一般の方からよく聞かれた質問、100問100答集。過激派FAQ。

カウンター

本日
昨日
累計
FROM 2004/5/01

第14話 二六年目の土

 第十四回 二六年目の土


三里塚の農家(70年代)  開拓地も今年で丸二六年の春を迎えることになった。陽春の陽を吸った土は黒々と輝き、見るからに畑らしい畑になっていた。その間、幾多の変遷もあったが、最近漸くいくらか百姓として武治も、落着きをみせてきた。
 武治と説子の間には、六人の子女が生まれた。子供の養育費や教育費は、開拓者の生活にとっては大きな負担だった。生活は相変わらず苦しかったが、彼は何としても将来、専業農家として自立したかった。いやそれ以前に、いかに苦しくとも二六年、ただ一途に専業農家として生きてきたのだという、誇りを持ち続けてきた。
 彼は元来、酒好きで、たまには三里塚の町にやってきて、一杯呑むごとがあった。一杯呑むと褌(ふんどし)一本になって、道路を大声を張り上げて闊歩することがあった。そんな事もあって「木の根の武治」という綽名で、有名になった。彼は百姓の子であるだけに、根っから百姓が好きらしく、そればかりか百姓を馬鹿の一つ覚えのように誇りに思っていた。

 武治の年間の作付は麦・落花生・生姜・人参・西瓜、などで、家畜に牛馬と豚はいつも飼育していた。彼の広い庭先には堆肥の山ができていた。彼は冬の農閑期を利用して説子とともに、近隣の山林から落葉を掻き集めた。そして夏は朝飯前に道端などに生い茂る夏草を苅りとった。それをリヤカーで庭に運んで、家畜の排泄物と交互に積み上げた。その大きな堆積が庭先に、山と築かれていた。それは寒い冬の朝など頂きから、火山の噴煙のように白煙を吐いていた。
 煙に見えたのは、醗酵する堆肥が吐く蒸気で、むんむんと香ばしい匂いが発散していた。夏の炎天下など武治はよく昼休みのひと時を利用して、台所の流し水を肥柄杓で丹念にかけていた。武治は堆肥のでき具合を、味覚で調べていた。

 彼の畑がことのほか、黒々とビロードのように光って柔らかいのは、武治のまめな中耕・培土に加えて、彼の作る堆肥からくる地力によるものだった。
 武治は農協から金肥も買ったが、肥料の多くは家畜による厩肥と、落葉や雑草による有機質のものだった。
 武治の持論は、家畜と離れて農業はありえないという有畜農業にあった。彼の営農法は有機農法というよりも、有畜農法というべきだ。だが最近の木の根を見てもわかるように、家畜をなくし、堆肥作りを止めて、金肥一点張りの農業に変わっていく傾向が見えてきた。連作に強い落花生までが減収したのは、金肥や農薬の乱用による地カの低下からくるものではなかろうか。

 戦後一〇年を過ぎる三〇年頃からだった。あんなに普及したカルチベーター・プラウ、和犂などによる畜力農法は、瞬く間にすたれて牛馬とともに姿を消していった。 長年、家族の一員のように愛され、飼い慣らされた家畜が、博労に売られて屠殺場に運ばれていく情景がよく見られた。
 牛馬は作業に慣れると、主人の手綱なしで畦間に作業機を曳いた。時代の流れとはいえ、飼い慣れた家畜と別れるのは、農家の者にとっては何よりも辛かった。
 車の行く先はどこか――動物特有の敏感な感覚がそれを知らしめるのか、憂い気に長く尾を曳いて啼く声に、飼主は耐えられなかった。去りゆく車の上から牛は、長年住み慣れた牛小屋を見つめては、頻りと啼くのである。
 小型耕運機が農村に普及するに従って、役牛は、博労に買いとられてどこかへ連れ去られていった。

 武治は最近、農家の庭先でよく牛馬の売り渡される情景を見かけた。彼自身も日頃飼育した家畜を、博労に売り渡した経験があったから、その場を見ると身近に感じるものがあった。
 武治はそんな時、いつも売られていく家畜が、農民の姿に見えてきてならなかった。さらにそれが自分の姿に見えてくるのだった。最近の木の根にも二六年の開拓生活に見限りをつける者、乳牛を売り払って出稼きに出る者などが、ポツポツ目立ってきたからである。
 木の根から日増しに消えゆく家畜に開拓農民の末路を見て、武治は何かうら淋しい思いに打ちひしがれた。さんざんこき使われた揚句の果ては、つぶし(肉用)に売られていく家畜――これが百姓というものではなかろうか。武治は売られていく牛馬に託して、農民の身の上を想った。

 畜カ時代が過きて耕運機時代がきても、武治の家には相変わらず動物が飼育されていた。武治も人並みに耕運機を入れたが、それによってすぐに家畜が淘汰されるものではなかった。
 武治の家畜飼育の目的は単に役畜ばかりでなく、厩肥が農業にはなくてならぬものと考えたからだった。だが一般農家では、耕運機は使う時だけ餌をやればいいが、役畜は年柄年中餌付をしなければならない。不経済だといって、家畜を廃止してしまった。その結果、配合肥料である金肥を、高い金で買わされる始末となった。
 政府が無制限に化学製品を使わせた結果、地カが衰え、土壌の機能が破壊された。そればかりか新しい病菌の発生を招き、その抵抗カをますます旺盛にする素地を作っていった。病菌を駆除するために逐次強力な農薬を使うから、それに競うようにして病菌も抵抗カを増して反撃してくるのは、理の当然だった。
 まるで馳(いたち)ごっこだ。せっかく強カで新鮮な地カを持つ開拓地も、近代化農業によって破壊されていった。畜力農法は機械化を奨励する農政によって、駆逐されていった。これは農民を低賃金労働者として、土地から切り離すための巧妙な罠だった。

次回、「有機『農法』」へ続く


目次へ
プリンタ用画面
友達に伝える
投票数:25 平均点:9.20
前
第13話 出稼ぎ暮らし
カテゴリートップ
小説・三里塚
次
第15話 有機「農法」

新しくコメントをつける

題名
ゲスト名
投稿本文
より詳細なコメント入力フォームへ

 

Powered by XOOPS Cube 2.2 © 2001-2013 XOOPS Cube Project Distributed by XOOPS Cube 2.2 Distribution Team.