機動隊の「ガス銃」と毒ガス使用に関する国会質疑議事録
サイト内検索
twitter
トップリンク

小説・三里塚

小説・三里塚 戦後最大の住民闘争、三里塚。実在の開拓農家をモデルに、敗戦、開拓、闘争と、その波乱の道のりを感動で描く。

市東さんの農地取り上げに反対する会

市東さんの農地取り上げに反対する会 親子3代90年も耕してきた農地を、違法に取り上げる動きを見過ごすことができません。

結衣ちゃんは革命家

結衣ちゃんは革命家 誰でも遊べるブラウザゲーム。ヒロインの声は声優さんによるフルボイス。君はエンディングを見ることができるか?

mixi 三里塚勝手連

三里塚勝手連 当コミュは三里塚闘争に共感し、様々な形で農民を応援していきたいと考えている有志の集まりです。

戦旗派コレクション

戦旗派コレクション 20世紀、1970~80年代を駆け抜けた「戦旗派」の写真集。かつての同志たちへ、そして……。

過激派への100の質問

現役活動家時代に一般の方からよく聞かれた質問、100問100答集。過激派FAQ。
オンライン状況
66 人の同志が革命的にオンライン中です。 (1 人の同志が 懐古的資料室 を参照しています。 )

登録会員: 0
シンパ: 66
カウンター
本日
昨日
累計
FROM 2004/5/01

機動隊の「ガス銃」と毒ガス使用に関する国会質疑議事録


解説


機動隊のガス銃水平撃ち 1977年三里塚闘争
 機動隊が使用しているガス銃について、マスコミ用語では「催涙弾」などと呼称されており、そのためどうも一般にも誤解があるようです。
 この銃は20メートルくらいの至近距離で使えば殺傷能力もあるれっきとした「銃火器」であり、70年安保闘争では眼球摘出などの重傷者が続出したほか、三里塚では赤十字旗を立てて怪我人の手当てをしていたボランティアの男性が、わずか5メートルの至近距離から機動隊に頭部を狙い撃ちされて射殺されるという事件がありました。

 また、そこで使用されている「催涙ガス」についても、実際はベトナム戦争などでも使用されたクロルアセトフェノン(CN)というれっきとした毒ガス兵器であり、それをすぐには死なない程度に薄めたものです。薄めたといってもそこは毒ガスですから、直接身体に浴びるとちょうど原爆症のように皮膚がびらんして垂れ下がり、治癒後もケロイドなどの後遺障害が残ります。ベトナムで使用された際は、国際法違反にあたるため、米軍は大きな批判を浴びました。このような国際法違反の毒ガスを自国民の反政府運動に対して使ったのは、イラクのフセイン政権と日本の自民党政権くらいのものでしょう。

 かつてベストセラーとなった福島菊次郎さんの写真集「戦後の若者たち」では、マウスを使った「催涙ガス」の動物実験の様子が収められていました。いくらマウスとはいえ、アウシュビッツのガス室もきっとこんな様子だったのだろうと思わせる影像は、見るものに衝撃を与えました。

 当然、ガス銃の殺傷兵器としての使用と、自国民への毒ガス使用は国会でも取り上げられて問題となりました。これはその時の衆議院予算委員会での議事録(抜粋)です。→全文はこちらから

1968年03月11日 衆議院予算委員会議事録抜粋


○楢崎委員 私はなぜこれを問題にするかというと、このクロルアセトフェノン(CN)はベトナム戦争で使われておるのです。いいですか。そしてこれはいまから三年前にAPの通信から暴露されて、そして全世界に反響を巻き起こしました。さっそくマクナマラ長官、ラスク長官が弁明をいたしました。そしてこのCNでオーストラリアの兵隊が死んでおるのです。このCNというのは毒ガスなんです。そうでしょう。(中略)かつて旧陸軍が、有名な広島の大久野島というのですか、毒ガス島、ここでつくっておったんです。当時の旧陸軍の呼称は、緑一号と言っておったんです。毒ガスなんですよ、これは。毒ガスということを御承知ですか。

○増田国務大臣 政府委員が御答弁申し上げます。

○蒲谷政府委員 現在使っております、持っておりますCNは、毒劇物取締法の対象外になっております。

○楢崎委員 私は、毒劇物取締法の対象になっておるかどうかを聞いておるんじゃないですよ。毒ガスかどうかということを聞いておるのです。どうしてあなた、そんなに時間を食うのですか。

○増田国務大臣 お答え申し上げます。
 クロルアセトフェノンというのだそうでございまして、これは催涙ガスでございまして、国内法の毒劇物の中に入っておりません。すなわち毒薬ではないのでございます。

○楢崎委員 あなただけです、世界じゅうでそんなに言うのは。アメリカの毒ガス一覧表には書いてあります。かつての日本陸軍の一覧表にも書いてあるのです。
 いいですか。クロルアセトフェノンは、その前はクロルピクリンだったんですよ。クロルピクリンは、これは毒劇物指定になっております。それも使っておったが、さらにそれよりも性能がいいということでクロルアセトフェノンになったのです。毒ガスなんです。あなたは毒ガスでないというような認識ですか。

○増田国務大臣 お答え申し上げます。
 クロルアセトフェノンは、日本の法律の毒劇物取締法に入っておりません。したがって、毒ガスではないし、催涙ガスである、こう考えております。

○楢崎委員 それじゃ外務大臣にお尋ねします。国際法との関係についてちょっとお伺いしておきます。非常にこれは重大です。このCNをベトナムでアメリカが使っただけで、全世界の反響を、起こしたのですよ。それを日本の自衛隊なり警察が持っておるし、警察はすでに使っておるんですよ。戦争で人殺しに使っておるやつを、警察はデモに使っておるんですよ。だから、私はこれは重大だから、いま問題にしておるのです。

1969年2月26日 衆議院予算委員会第一分科会議事録抜粋


○楢崎分科員 去る一月十八、十九両日の東大構内における紛争において、非常にたくさんの被害者が出ておるわけです。それで、その両日におけるガス銃の使用方法について、水平撃ち、特に至近距離から顔面をねらって撃たれた形跡がありますが、そういう点について関知しておられるかどうか。

○川島(広)政府委員 十八、十九の東大構内におきます排除行為につきましては、ガス銃を使用いたしました。使いましたのは安田講堂が主でございますけれども、それ以外に工学部の列品館あるいは法学部の研究室等において使いました。いまお尋ねのように、至近距離で、あるいはまた水平撃ちというようなことはやっておりません。と申しますのは、いまお手元でごらん願っておりますように、このガス筒の発射銃と申しますのは、元込め式で中折れでございますから、水平になりますればガス筒が前へ下がってまいりまして、装薬との接触がなくなってまいりますので、実際上そういう使い方はできないわけでございますので、そのとおりに御理解願いたいと思います。

○楢崎分科員 われわれが直接いろいろ調べておるところ、そうしてまた私どもの関係者が実際に被害を受けた人に接見をして、その報告が出ておるわけです。
 たくさん報告例がありますが、時間がありませんからそのうちの代表的なものだけ申し上げたいと思いますが、これは本名かどうか知りませんが、坂本武と名のっております。東大病院で眼球の摘出手術をやっておりますが、その患者を担当した先生は、戸張、清水両先生であります。状況を簡単に申し上げます。これはレポートの形になっておりますが、坂本武といっておる人ですね。D君となっております。
 「D君は、おそらくもっとも悲劇的である。彼は、右眼球摘出手術を近く受けねばならない。彼は、いまそれを知らぬ。彼は、右眼がまったく動かない、右半分の歯もぜんぜん利かず、右頬も、要するに右顔面全部の神経をやられていると語った。「ぼくの右眼はダメになるんでしょうか」と彼は医師に聞いた。医師は黙って答えなかったという。彼の左の眼も二、三日はぜんぜん開かなかった。指で無理にこじあけるようにして彼はものをみた。」
 それから、ずっと状況が書いてあります。「彼は、背中に直撃弾を一発受けた。背中一面が熱く痛く背骨がガーンと殴られたような感じで、フニャフニャとD君は屋上にしゃがみこんだ。緊張していたので背中の痛みは間もなく消えた。友人がさすってくれたからだろうか。ともかく彼は起き上がり、ふたたび立った。そのとき彼は、水中眼鏡を目からばずして口にあてた。呼吸が困難なほどガスが立ちこめたからである。と同時にD君は、右眼に直撃を受けた。彼がちょっと横を向きかけたとたんにガス弾はななめ前方から飛んできた。隣接する建物の屋上から、彼のいた屋上に、機動隊員は水平ねらい撃ちを続けていた。一瞬なにもわからなくなった彼は、担架に乗せられロープで降ろされる自分をかすかに感じたまま失神した。」
 「D君は、二、三日前、自分の左眼で右眼を鏡にうつしてみた。『眼の周囲が全体に黒くなり、いく筋も縫ってあって、眼球はパチンとふさがったまま、まぶたも閉じたまま、まばたきもできません』と話した。いまも、タンといっしょに血が出る。歯や唇の右半分は利かない。」
 これは手術前の状況であります。そしていまから二十日ほど前に右眼を摘出手術したはずであります。こういう事実をつかんでおられますか。

○川島(広)政府委員 お答え申し上げます。
 一月十八、十九日の東大の事件に関しまして、けがをしました学生の総数は、東大病院、一切の病院を含めまして、私どもで承知しておりますのは百四十一名でございます。その中では、いま御指摘のような眼球の手術をしたという事例は聞いておらないわけでございます。
 御参考まででございますけれども、現在なお入院加療しておりますのは一名でございまして、それ以外は全部完治をしている、こういう状況でございます。

○楢崎分科員 それでは、この右眼球摘出、失明は知らないとおっしゃるのですか。東大病院のただいま申し上げました戸張、清水両先生に連絡をとられればすぐわかることですが、全然御存じないですか。

○川島(広)政府委員 いままでの調査では私どもは承知しておらないわけでございますので、さっそくに調査をいたしたいと存じます。

○楢崎分科員 ほかにもここに顕著な例が五つほど報告されておるのです。全部十五メートルないし二十メートルの至近距離から撃っておるのですね。そうして特に顔面をねらえということになっておる、そうすると、ただいまあなたがおっしゃいました指導方針あるいは配慮事項と全然反するやり方を現場の指揮官はやっておる、こういうことになるわけですが、どうですか。

○川島(広)政府委員 お答え申し上げます。
 先ほど申しましたように、東大で使いましたのはおおむね三カ所でございますが、いずれも至近距離からは使用しておりません。一番短い距離が七十メートルの距離で使用しておる次第でございます。

○楢崎分科員 顔面をねらえということはありませんか。

○川島(広)政府委員 さようなことはございません。

○楢崎分科員 あるのですね、それが。これはこのときの状況がさる放送会社から放送されております、そのときの実況が。それで私は、いま警察がおっしゃっていることと、現場の指揮官がガス銃を持っている警官に指揮をしている内容が全然違いますから、私は資料をもってそれをここで示したいと思うわけです。テープをここに持ってきておりますが、資料としてここでかけさしていただきたい。食い違っておるから。

○橋本(龍)主査代理 今日までの委員会の慣例としては、テープを委員会の場で資料としてかけた例はございません。――例はこざいません。
 楢崎委員に申し上げます。いままで委員会においてテープを資料としてその席上でかけたことはございませんので、ただいまの御要望、非常に重大な点であると思いますから、資料として御提出を願い、その旨御要望のあったことを理事会に御報告をしておきたいと思います。

○楢崎分科員 ただいまの点は、過剰警備というか違法警備を論証する重要な資料になるわけでありますから、警察がそれを否定されている以上、私どもとしてはそれを反論するための資料として、どうしてもここで明らかにしたいところであります。しかし時間の関係もあり、また、主査の御配慮もありますから、理事会にこの資料を提出をして、そしてこの問題についての審議の取り扱いを理事会におまかせしたいと思います。その結果によって、また私は問題を発展させなくちゃなりませんから、その問題は一応保留しておきます。

○橋本(龍)主査代理 ただいまの御趣旨をよく理事会のほうに報告をいたします。

注)この時、橋本龍太郎によって再生が禁止された文化放送の録音テープ(69年1月19日の東大安田講堂からの実況中継)は後日、国会内で再生された。そこには、機動隊と共に安田講堂に入ったアナウンサーの「ラセン階段をはさんで、投石とガス弾の応酬が続いています。『顔を狙え』と叫んでいます」という実況に続いてガス銃発射の轟音、ついで指揮官の「顔を撃て!顔を!」という声がはっきりと数回録音されていた。

○楢崎分科員 私は、このガス銃は使い方いかんによると思う。われわれの調べたところでは、二十メートルぐらいの至近距離から撃つならばベニヤ板も貫く。この御提出をいただきましたガス銃の写真はわかりましたが、実はこれに込めるガス弾を私は見たかったわけであります。私どもの関知しておるところによると、これは非常にかたいたまになっておる。それで至近距離で撃たれるならば、これは致命的な打撃を与える、もしくはそれこそ殺人兵器になりかねない。(中略)
 総理は私の要望に対して、慎重にこれば考慮する。そして委員会終了後私のところに参られまして、私が出しましたいろいろな問題点が明確になるまではこれは中止させる、そう約束されました。で、去年の予算委員会以降今日まで、いわゆるクロールアセトフェノン、略してCNと呼びたいと思いますが、CN液を実戦として使われたことがあるかどうか。

○川島(広)政府委員 お答え申し上げます。
 ガス液は、今回の東大において使用いたしております。

○楢崎分科員 今回の東大紛争のとき、ヘリコプターからまかれたものがそうである、そのように思ってよろしゅうございますか。

○川島(広)政府委員 お尋ねのとおりでございます。(中略)

○楢崎分科員 それでは警察のほうにお伺いをしますが、この催涙液を浴びて警察病院に入院しておった患者であります。名前も明確にわかっております。Eとしておきましょう。E君は明大の学生であります。入院後三日間は警察病院で危篤状態であった。全身の二分の一が炎症を起こしておる。そして入院二週間後に皮膚の移植手術を行なったはずであります。現在東京拘置所にいる。そういう事実に間違いありませんか。

○川島(広)政府委員 ただいまお尋ねのE君でございますが、お尋ねのとおり、私のほうもそのように承知をいたしております。(中略)

○楢崎分科員 結局確認されたわけですね。――そこで結論に入ります。
 もう一ぺん厚生省にお伺いいたしますが、このクロールアセトフェノンの製造方法を御存じですか。

○下村説明員 お答えいたします。
 詳しい工程は存じておりませんが……。(中略)

○楢崎分科員 それでは、モノクロール酢酸を使いますか。

○下村説明員 使うと思います。(中略)

○楢崎分科員 モノクロール酢酸は劇物指定になっておるでしょう。

○下村説明員 そのとおりでございます。(中略)
 先ほど申し上げましたように、劇物の指定をいたします条件といたしまして、毒性について検討している次第でございます。まざった分の場合の毒性については、検討ができてないと存しておりますので……。

○楢崎分科員 違いますよ。条文を読みましょうか。(中略)モノクロル錯酸を使って、そうしてクロルアセトフェノンをつくるのですから、だから当然これは劇物指定の対象になるはずです。(中略)どうしても、これほどの被害が現実に出ておるのですから、私は私を素材にして実験をしてもらいたい。私は昨年の佐世保のときに被害を受けたのです。幸い軽くて、早く洗ったから予後がよろしゅうございましたけれども。私を素材にして実験していただきたい。委員長、ああいうごまかしを許すわけにいかないです。

プリンタ用画面
友達に伝える
投票数:71 平均点:8.59
前
日本赤軍とは何か-これだけは知ってほしいこと
カテゴリートップ
未分類・整理中
次
戦旗・共産主義者同盟規約

新しくコメントをつける

題名
ゲスト名
投稿本文
より詳細なコメント入力フォームへ