rss ログイン
旗旗  - BUND.JP

ユーザメニュー

テキスト系

メディア

情報交換・発信

サイト内全検索

オンライン状況

69 人の同志が革命的にオンライン中です。 (1 人の同志が 懐古的資料室 を参照しています。 )

登録会員: 0
シンパ: 69

twitter

トップリンク

小説・三里塚

小説・三里塚 戦後最大の住民闘争、三里塚。実在の開拓農家をモデルに、敗戦、開拓、闘争と、その波乱の道のりを感動で描く。

市東さんの農地取り上げに反対する会

市東さんの農地取り上げに反対する会 親子3代90年も耕してきた農地を、違法に取り上げる動きを見過ごすことができません。

結衣ちゃんは革命家

結衣ちゃんは革命家 誰でも遊べるブラウザゲーム。ヒロインの声は声優さんによるフルボイス。君はエンディングを見ることができるか?

mixi 三里塚勝手連

三里塚勝手連 当コミュは三里塚闘争に共感し、様々な形で農民を応援していきたいと考えている有志の集まりです。

戦旗派コレクション

戦旗派コレクション 20世紀、1970~80年代を駆け抜けた「戦旗派」の写真集。かつての同志たちへ、そして……。

過激派への100の質問

現役活動家時代に一般の方からよく聞かれた質問、100問100答集。過激派FAQ。

カウンター

本日
昨日
累計
FROM 2004/5/01

菊池桃子と『左翼魂』-どんな人間のことを『左翼』と呼ぶのか?


菊池桃子と『左翼魂』


愛は心の仕事です●「私、今日からロックです!」

 歌手の小原努さんのブログを読んでいたら、次のような言葉がありませした。

「歌うことで“食っていこう”とは思わなくなった。
 今は、“歌うことで生きていこう”と思う」


 「こういうの『ライフワーク』って言うのかな?」とも小原さんは言う。
 いかす言葉だ!カッコ良すぎるぜ、小原努!

 で、この言葉を読んで、ふと思い出したことがあります。
 今は子供もおられる歌手の菊池桃子さんがアイドルだった時代に、短期間だけど、バックに何人かの外人ミュージシャンをつけて、「ラ・ムー」とかいうバンド名を名乗ったことがあります。一応は「脱アイドル」を目指してたんでしょうね。その初登場の時に言った言葉がこの

 「私、今日からロックです!」だったという(笑)。

 それからしばらくして、ある番組を見ていましたら、聖飢魔IIのデーモン小暮さんがロックについて熱く語った後、菊池さんの名前は出さずに「だからさあ、今日からロックって・・・んとに!」とか言ってスタジオの笑いをとっていました。
 彼が言うには、ロックというのは、単なる音楽のジャンルではなくて、人生の選択であり、生き方を含めてロックというんだそうです。だから、「今日からロック」というのはありえないと。

 それを聞いて、なるほどロックンローラーがよく「あいつはロックだぜ」とか「ロックしてる」とかの表現を好んで使い、コンサートの会場でいきなり腕をふりあげて「ロックンロ~~ル!」と叫んだりするのはそういうわけかと理解できました。わかってる人には「何をいまさら言ってんの?」ってとこでしょうが、その方面の素養がないもんで(汗

 で、その時に、これは左翼というものと、非常に良く似ている考えだなと思ったわけです。

 ロッカーにとって「ロック」が音楽のジャンルの名前ではなく、生き方そのものであるように、私たちにとって「左翼」とは特定の理論や主義主張、またはそれを信奉している人達の名前ではなく、生き方そのもののことを指していたわけです。

●「技術」と「ソウル(魂)」

 この流れで言えば、ロッカーにとって一番大切なのは技術よりも「ロック魂」みたいなものという帰結になるでしょう。その魂を持ち続けて毎日ロックを追及していく中で、技術は才能と努力に応じて後からついてくると。技術ばかり追求して媚びへつらうような奴はロッカーじゃないと。

 左翼も同じことです。そんな言葉は使わないけれど、やはり大切なのは「魂」であって、○○主義と名前のついた「理論」ではない。そういう理論的な分野に通じている人というのは、ロックで言えば、すなわち演奏技術に長けている人ということです。

 もちろん、一流のロッカーになって、自分の表現したいものを思うがままに表現し、人の心をゆさぶるためには、演奏技術も必須でしょう。同じように、左翼にとっても理論学習は大変に重要なことです。しかしロッカーにしたところで、そもそも「表現したいもの」を持っていなければ、どんなに技術が向上しても、ただの演奏家にしかなれません。そういうのを昔から左翼たちは「死んだ教条」と呼んでいました。そして、必ずしも技術が上の者のほうが、より人の心をゆさぶるとは限らないわけです。

 では、ロックにおける「表現したいもの」とは、左翼にとって何にあたるのでしょうか?
 それこそが私がこのブログやサイトを通じて、ずっと考え、また訴え続けていることそのものなのです。私がいつも「左翼思想は手段であって目的ではない」といい続けているのは、このことを別の表現で言っているにすぎません。

 だからもし、あなたや他の誰かが、マルクスあたりの著作を何冊か読んで、いえ、それどころかその全著作を読破して、「私、今日から左翼です」と言っても、やっぱりなんか違うのです(笑

 もちろん、入り方としてそういう入り方もあるでしょう。でも、ここで大切なのは二つです。一つはなぜ左翼的な思想に納得し、それを選択したのかということです。表面的な「面接の時の入社動機」みたいな回答ではなく、心の深いところ、人格的な動機です。なんというか、厳しすぎる言い方かもしれませんが、「世の中が間違っているから(俺が)良くしてやる」という気持ちがどこかにあっては駄目だと思うのです。それじゃ昔の「右翼の壮士」と変わりません。左翼に行き詰ると、いきなり右翼(しかも極右)になっちゃう人がいますが、それはこういう自己への拘泥が残り続けていた人ではないかと思います。こういう自己愛が強い人は、右であれ左であれテロリストの臭いさえします。

 二つめはやはり「その後」ということです。本をいくら読んでも左翼にはなれません。自分を左翼に作り変えていくということです。しかもそれは何かしら、左翼的な基準で自分を「縛る」ということでは本物ではありません。本物は、今現在、自分を縛っている資本主義的な基準から「自由になる」ということでなくてならないと思います。それは禅僧のように座禅をくんで悟れるもんではありません。社会にふれ、それを変革しようとする経験(実践)の中でしか、絶対に身につかないものだと思います。つまり、対象変革と自己変革という問題です。自分自身がその一員である対象(社会)を変革しようと思うのなら、その過程で自分自身も学び、成長し、自らが変革されなくては、ただの押し付けになるということです。

 ですから、本当のことを言うと、私自身は自分のことを左翼だとは思っていないのです。資本主義的な価値観が身に染み付いていますから。そんな立派なもんではなくて、「あ~、どっかから大金が転がり込んでこんかなあ」とか思いながら暮らしている、ごく普通の俗物でございます(笑

 ただ、あんまり「俺は左翼じゃないよ」と言っても、真意が伝わらないし、最近ですが、さんざん右派的な主張をしておきながら、最後に「俺は右翼ではない」とつけたして逃げをうってくる人を多く見まして、ああ、みっともないな~、言い訳だよな~、としか思えないし(黙ってますが内心では)「あー、かっこわる!」とか思いましたので、自分はそういうのと一緒にされたくない!という強い気持ちがあって、左翼とか言われても否定しないことに決めているわけす。

●「左翼してるか~い!」

 ちょっと私自身が未整理で思いつくまま書いてきましたので、散漫になってきました。内容的なことは、今回はこのへんにしておきましょう。

 で、結論的に言って、私自身が考える左翼像ですが、わかりやすく言えば、「ホリエモンの正反対」ということになろうかと思います。
 すなわち、世の中の最も虐げられ、資本主義的価値観では「一番下」と思われている人と共に生きたいと考える人。金銭で換算できるものに重きをおかない人。他人を傷つけることを最も嫌い、誰かが不当に苦しんでいたら、それを見て本気で怒れる人。怒るだけでなく、いつでも駆け寄って行動できる人。無名の一人として行動できる人。なんだかアニメに出てくる「正義の味方」みたいですね(笑

 以前、「左翼はそれだけで自分が正義を独占しているみたいに思ってきた」という文章を読んだのですが、あたっているし、違うとも言える。あえて「正義」という言葉を使うならば、まずそれを求める心がある。それをどう社会的に表現したらいいのか?私は何をすればいいのか?左翼思想というのは、そのことを悩みぬいて、考え続けた人達の思考の跡なのです。だから手段だと言うのです。ですから私たちも同じ気持ちを持つ者として、せっかく先人の遺してくれたものを、とりあえず後からたどってみているだけなのです。

 そして、なるほど解決は難しいと思っていた問題も、国だの資本だのいう枠をとっぱらって自由に考えればいいのだと思う。それからそういう「手段」をもって、世の中に出て実践してみる。すると必ず壁にぶちあたる。自分の限界も見えてくる。で、また理論にかえってみる。他人のせいにせず、まず自分を変えていく。そうして実践と理論、他者(=社会)変革と自己変革が互いにフィードバックしていく。そういうのが本来の左翼ってもんでしょうが。ね、現役リアル左翼の皆様よ!

 よく左翼業界でも、確かに理論には長けているが、自分では何もしていないくせに、人のやっていることの批判ばかりしている人がいます。そういうのはね、ロックでいえば、確かに演奏はうまいが、それを鼻にかけ、自分はろくな曲も作れないくせに、他人の曲や演奏にケチばかりつけている輩と同じです。そんな人、私は断じて左翼とは認めません。でも、世の中ではそういう人こそが左翼だと思われているんですよねー。

●「正義とは何か」を一生考え続けろ!簡単に答えを出すな!

 最後に、一番大切なことを書いておきます。
 「正義」を実現するのが目的で、思想や主義は手段であるとしても、その「正義とはいったい何か?」「何をすることが正義なのか?」それこそが一番大きな問題であるということです。それから、目的、手段ともに、人間のやることは、いつも間違いである可能性があります。左翼だろうが右翼だろうが、政治的なことを考える人は、いつも自分が間違っているかもしれないという可能性を頭において行動して欲しいと強く思います。

 余談かもしれませんが、そういえば、私が中高生くらいの子供の頃は、ロックと言えば大人から見て「不良」の象徴であり、若者にとっては「反逆」と「自由」のシンボルでした。もっと昔にはフォークがそうだった時代があり、ロックの次にはパンクがそうでした。
 でも、しばらくたつと、どれもみんな体制内化=資本主義化して、『商品』になってしまう。商業的に売れるかどうかが唯一の基準になって選別されてしまい、まるで夏場のコカコーラみたいに『消費』される音楽とへ変貌していく。

 若者に社会的な力があった時には、「音楽で世の中かえてやる」みたいなこと言う人もいたけど、結局は誰も”泣く子と資本主義には勝てない”わけで、すでに商品化されてしまった段階で、デーモン小暮さんも、アイドル歌手と変わらないのであります。

●今の左翼は「クラシック」?

 それからさあ、今の左翼は「ロックしてる」かい?

 まず一方の極に、資本主義の体制内化して、アイドル歌手のことをどうこう言う資格のなくったロックと同じような人らがいる。必死に旧来の左翼色を消したがっているが、そういう表面的な「受け狙い」はかえってみっともなく思える。

 もう一方の極の人らは、こりゃロックどころか、クラシックや能の世界に逆もどりしているような気がする。
 クラシックや能の世界というのはね、もちろん各々の持ち味というものがあるんだけど、基本的には「崩しちゃいけない」世界なんだよね。心というのも大切かもしれないけど、技術というのが圧倒的に物を言う世界。そして、各自が少しずつ違う「持ち味」なんてのも、結局はその世界に通じたような「通の人」にしか見分けがつかない。

 最後の最後に余計なこと言っちゃったかな?(笑
 まあ、自分を省みずに人様のこと書くのはこれくらいにしときます。
 けど、もうそろそろ左翼系で、出てよ!「おお、なるほど」みたいな運動がさ。期待していることの裏返しだと思っていただければ幸いでございますよ(マジで)。
プリンタ用画面
友達に伝える
投票数:43 平均点:8.84
前
ウルトラマンと『革命無罪』-左翼が「何でも反対」の理由
カテゴリートップ
左翼思想入門の入門
次
マルクス『賃労働と資本』ノート

 

Powered by XOOPS Cube 2.2 © 2001-2013 XOOPS Cube Project Distributed by XOOPS Cube 2.2 Distribution Team.