はじめに
サイト内検索
twitter
トップリンク

小説・三里塚

小説・三里塚 戦後最大の住民闘争、三里塚。実在の開拓農家をモデルに、敗戦、開拓、闘争と、その波乱の道のりを感動で描く。

市東さんの農地取り上げに反対する会

市東さんの農地取り上げに反対する会 親子3代90年も耕してきた農地を、違法に取り上げる動きを見過ごすことができません。

結衣ちゃんは革命家

結衣ちゃんは革命家 誰でも遊べるブラウザゲーム。ヒロインの声は声優さんによるフルボイス。君はエンディングを見ることができるか?

mixi 三里塚勝手連

三里塚勝手連 当コミュは三里塚闘争に共感し、様々な形で農民を応援していきたいと考えている有志の集まりです。

戦旗派コレクション

戦旗派コレクション 20世紀、1970~80年代を駆け抜けた「戦旗派」の写真集。かつての同志たちへ、そして……。

過激派への100の質問

現役活動家時代に一般の方からよく聞かれた質問、100問100答集。過激派FAQ。
オンライン状況
41 人の同志が革命的にオンライン中です。 (1 人の同志が 懐古的資料室 を参照しています。 )

登録会員: 0
シンパ: 41
カウンター
本日
昨日
累計
FROM 2004/5/01
現代ファシズム論序説
著:高杉 健人(1981年10月) 
初出『若きボリシェヴィキ』社会主義学生同盟機関誌2号 

はじめに


現代のファシズム(在特会による外国人少女へのハラスメントデモ
 一九八〇年代以降、革命的左翼の多くが革命的危機の到来を直感しつつも、あるものはそれを「日米争闘戦の危機」と語り、またあるものは「米ソ争闘戦」を語り、より悪質な部分に至っては「ソ社帝主敵」論をかかげ、総じて日帝の戦争策動の本気を看破することなく、むしろこれに屈服しつつあるのがいつわりない現実だ。

 今日、革命的左翼の多くの部分が、情勢の「一九三〇年代へのラセン的回帰」とか「ファシズムヘの突入」をかかげ、一九二〇年代におけるドイツ共産党の敗北に対する一面的理解にも助けられつつ、対ファシスト戦への突入を結論づけるという陥穽(かんせい)の中にある。

 そしてその根拠とされているのか、一九二〇~三〇年代におけるドイツ共産党の陥穽としての「ファシスト過小評価」であり「社民主要打撃」論なのであるが、しかしなから「ファシスト過小評価」の奥底に横たわるのは、必ずしもファシストの反革命性、暴力性に対するそれとは言いえないのであり、むしろファシストが何故大衆を獲得するに至ったのかという点を、何ら主体的に切開しえないことにこそ、敗北の真の要因はあったのである。

 したがって、この点を無視し、ただもっぱらファシストの暴力性のみに目を奪われるならば、ドイツ共産党の陥穽の裏返しとしての「ファシスト過大評価」に陥るに他ならず、いわば裏返しの「社民主要打撃」論としての「ファシスト主要打撃」論を展開するにすぎなくなってしまうのだ。そしてそのいきつく先は、帝国主義そのもの=敵の本陣との闘いの回避でしかないのである。

 そうであるが故にこそ、われわれはドイツ共産党の敗北を真にとらえ返し、ファシズムとのたたかいを、安保ー日韓闘争の中に位置づけていかねばならない。本稿が追求するのはまさにこの一点である。

 さて以上をもってわれわれは本論に入るわけであるが、本稿の構成をまずもって明らかにするならば以下の通りである。

 Ⅰ.一九二〇~三〇年代のファシズム認識

  イ)ファシズム研究の主体的立場

  ロ)コミンテルンのファシズム認識
    1)コミンテルン第四回大会
    2)ドイツ十月蜂起の挫折
    3)資本主義の相対的安定期の中で
    4)ドイツ共産党対ナチ
    5)敗北の後に
    6)コミンテルンの限界

  ハ)トロツキーのファシズム認識
    1)トロツキーとスターリン
    2)「十月の教訓」
    3)「社会ファシズム」論批判
    4)トロツキーの限界

  ニ)現代ファシズム論の問題点

 Ⅱ.ファシズムとは何か

  イ)みすごされてきたものは何か
    1)ナチ登場の背景
    2)ナチの政治主張
    3)ナチ党左派
    4)ナチの「擬似革命性」

  ロ)国家社会主義ドイツ労働者党
    1)「擬似革命性」の本質とは
    2)全体主義とは何か
    3)全体主義と資本の論理
    4)国家社会主義の本質とは何か

  ハ)思想としてのファシズム

  ニ)体制としてのファシズム

 Ⅲ.現代とファシズム

  イ)ドイツ共産党は何故敗北したのか
    1)「ファシスト過少評価」の本質
    2)全体主義イデオロギーヘの屈服
    3)中間層とナチズム
    4)上からもちこまれた「共産主義」

  ロ)ファシズムといかに闘うのか
    1)帝国主義の侵略反革命を蜂起・内戦へ
    2)革命運動のスターリン主義的歪曲を克服せよ

 すべての同志諸君が本稿を一つの糧としてファシズムの本質をつかみとり、安保-日韓体制打倒闘争の前進に尽力されんことをのぞむものである。

次項、「Ⅰ.一九二〇~三〇年代のファシズム認識」へ続く ⇒

プリンタ用画面
友達に伝える
投票数:39 平均点:9.23
カテゴリートップ
現代ファシズム論序説
次
1.1920~30年代のファシズム認識

コメント一覧

広野俊   投稿日時 2014/9/4 0:31
まだ、読んだのはここまで、グラムシをこの文脈で当時とりあげたか?期待しないが、取り上げるとしたら、どういう取り上げ方か?本筋のBUNDでいけば、この文脈では田原芳の生協活動も復権なのだが。

新しくコメントをつける

題名
ゲスト名
投稿本文
より詳細なコメント入力フォームへ