rss ログイン
旗旗  - BUND.JP

ユーザメニュー

テキスト系

メディア

情報交換・発信

サイト内全検索

オンライン状況

55 人の同志が革命的にオンライン中です。 (1 人の同志が 懐古的資料室 を参照しています。 )

登録会員: 0
シンパ: 55

twitter

トップリンク

小説・三里塚

小説・三里塚 戦後最大の住民闘争、三里塚。実在の開拓農家をモデルに、敗戦、開拓、闘争と、その波乱の道のりを感動で描く。

市東さんの農地取り上げに反対する会

市東さんの農地取り上げに反対する会 親子3代90年も耕してきた農地を、違法に取り上げる動きを見過ごすことができません。

結衣ちゃんは革命家

結衣ちゃんは革命家 誰でも遊べるブラウザゲーム。ヒロインの声は声優さんによるフルボイス。君はエンディングを見ることができるか?

mixi 三里塚勝手連

三里塚勝手連 当コミュは三里塚闘争に共感し、様々な形で農民を応援していきたいと考えている有志の集まりです。

戦旗派コレクション

戦旗派コレクション 20世紀、1970~80年代を駆け抜けた「戦旗派」の写真集。かつての同志たちへ、そして……。

過激派への100の質問

現役活動家時代に一般の方からよく聞かれた質問、100問100答集。過激派FAQ。

カウンター

本日
昨日
累計
FROM 2004/5/01

第32話 全学連の受入れ(2)

第三十二回 全学連の受入れ(2)


三里塚・成田空港工事の前面に立つ機動隊  それから二日目だった。地元日共の名で、意外なビラが同盟の中に配られた。
 瀬谷誠一、内山寛市、石橋庫三ら幹部連がいよいよぐらつき出し、公団の斡旋で富里方面に代替地を求め始めたというものだった。だが、これは全くのデマだった。反対同盟の誹謗と中傷を狙う、陰険極まるものだった。

 朝日新聞の企画で、反対同盟委員長の戸田以策、副委員長の石橋庫三らと、運輸大臣の大橋武夫らの対談があったのは、その直前だった。この内容がそのまま記事となって、翌日の朝刊の政治欄に大きく発表されると、これに対しても日共は、根も葉もない悪質な中傷をこととした。同盟幹部が揃いも揃って運輸大臣を訪ね、条件を取り付けたとふれ回ったのである。

 成田支局の朝日新聞桑折勇一記者が担当だった関係で、彼は同盟に責任を感じ、その処置を講じた。東京本社からその時の録音テープを持ってくるから、同盟員みんなに聞いて貰おうというのである。彼の肝入りでテープが入手できた。前回紛糾して持ち越しになった全学連問題を兼ねて、テープを一般公開することになった。

役員会は特別に拡大実行役員会として、各部落に呼ぴかけ、夜八時から千代田公民館で開くことにきまった。複雑多岐な難題を抱えた役員会だけあって、その夜の集会はいつもと違って、数も多く熱気を帯びていた。

 まず、問題の録音テープがかけられた。一斉に耳が傾けられた。聞いてみると日共のいう同盟幹部連が、運輸省の説得に屈したという発言は、どこからも出てこなかった。むしろ大橋武夫を糾弾する鋭い言葉が、聞こえてくるばかりだった。聞き終って一同、「何だ」という表情で、日共グループを見た。その時、天神峰の加藤一夫が割れ鐘のような大声で、傍の臼木に向かって怒鳴った。
「何だ、何でもねえでねえかよ」
「……いや、あのテープは継き合わせて作り直したものだ。テープなんて信用できないよ。テープなんてどうにでもなるんだから……それに新聞社のやることなんか特に信用できない。」
「そんなことをいったら何だって信用できねえじゃねえかよ」
「……」
 臼木は口を固く喋んで、黙ってしまった。
 すると、傍にいた辺田部落の秋葉忠が、太い声で叫んだ。
「共産党はこないだビラで、大嘘ぱちを書いたじゃねえか。どこにその証拠があるんだよ。いってみろ。」
「トロツキストよりも共産党の方が、よっぽども反対同盟の切り崩しじゃねえか」
 秋葉の言葉に続いて追い打ちをかけるようにしていった加藤は、じろりと臼木の横顔をみつめ、その答えを待った。
「……そりゃ証拠もなくはないよ」
「あったらはっきり見せてみろっ」
 加藤が大声を張り上げると、一同がその方向に一斉に注目した。臼木ははにかみながら渋々、席を立って、後の方に去っていった。
「共産党はやり方がきたねえよ」
「うん、奴らときたら赤旗日曜版を読めとか、若い者のところへきては民青に入れとか、そんなことばっかりにうつつをぬかしあがって、何にもやんねえだから……」
「やったと思えば、反対同盟の悪宣伝……」

 その時、金原が議事を進行し、前回に引き続いて全学連問題に入った。これはその夜の中心議題だった。議事は進行につれ、白熱化し、賛否両論に分かれて混乱した。
「日共のトロ排除ではねえが、農民は農民でやればいいよ。何も学生の力を借りなくてもよ……」
「それに学生が入ってきて、現地があんまり荒れてもな……」
「しかしよ、農民だけのものになったら、運動が狭くなっちゃうよ」
「うん、孤立しちゃう。やっぱり同盟の規約にもあるように、反対する者は、学生であろうと何であろうといいじゃねえかよ」
 すると、石井幸助が、すっくと立ち上がった。
「しかし、この際暴力学生を入れたらとんだことになる。取り返しがつかねえよ」
「そりゃ石井、どういうわけだよ。一体?」
「どういうわけって、奴らは社共路線に反対するばかりか、民主主義に反しているんだよ。第一、暴カが目的だから権カの立ち入る最もいい隙を与える。権カは奴らを利用して反対同盟の破壊工作をやらせるんだ」
「そんなことどこで解る……。共産党の宣伝だっぺよ」
 と、加藤がいうと、石井は一ぺんに押し黙った。前回の混乱があったので、その夜の役員会では学生は遠慮して貰うことになっていた。そのためか、前回のようなトラブルは起きなかった。
「うん、元来、同盟は政党指示で動くもんでねえんだから、同盟として学生運動のうけ入れ体制が整いさえすりゃ、それでいいんだよ」
 行動隊長の内山寛市がいうと、その結論がほぼ出たような形となった。それに録音テープでも日共の卑劣な欺瞞がさらけ出されたので、彼等の宣伝する「トロツキスト排除」も根拠のないデマだということが解ってきたようだ。

 一二時近くになって漸く「全学連受入れ」が満場一致できまった。「トロ排除」が「日共排除」に変わったような、幕切れだった。
 途端、七、八人の日共グループは臼木を先頭にして、憤然と席を蹴立てて退散していった。長い時間をかけた全学連問題だったが、ついにこれで幕が下りた。
 会場は、和やかな雰囲気に返った。

 同盟にとって全学連問題とは、つまり日共路線に追従していくかいかないか、どちらを選ぶかの課題である。これは同盟の進路を決定する重要なポイントだった。日共というよりも彼等の卑劣で陰険な政党主義には、農民もほとほと嫌気がさしてしまった。
 一方、学生運動はとみれば、これも多彩なセクトで掩われ、統一を欠いているようにみえたが、頑なな日共よりはずーっとましだった。その純真な熱意と実行力が、農民をして彼等をうけ入れるモティーフとなった。

 一九六七年一二月一五日、ついに、反対同盟は日共と手を切ることを決議した。そして、これを全国の支援共闘団体にも、文書をもって明らかにした。
 その数日後のある日、関根裕一と天野よし子が、戸田の家を訪れた。関根は天神峰、天野は東峰でともに空港敷地内の反対同盟員であるが、二人とも日共系グループに属していた。
「委員長さん、今度天神峰の石橋さんや東峰の堀越さんのところにも、得体の知れない髪の長い学生が入ってきましてね……。最近の新聞にも出ていますが、東京で暴れ回って警察に狙われ逃げ込んできたらしい」
 関根が憂い気にいうと、天野もそれを強調した。
「それにおかしいですよ。二、三日いると、また東京さ帰っていく……。警察に狙われてるというよりも、警察のスパイじゃないでしょうか」
 そして、二人は口々に同盟の「日共排除」は、闘いにとってのマイナスであること、「過激学生」の現地入りは同盟の分裂だから、くい止めて貰いたいと頻りに強調した。
「日共排除というがその原因は日共側にあって、役員会の場合をみても会議半ばにして席を蹴立てて出ていった……。むしろ日共が同盟から去ったという形ではないでしょうか」
「あのとき、わたしらも役員会に出てましたよ」と、天野よし子がいった。
「学生問題では各部落集会から役員会と、何回となく討論され、その結果としてきまったことですからね……」
 一応、二人とも頷いて聞いていたが、「もう一度、委員長として検討してくれ」といって帰っていった。

次回、「妖怪変化」へ続く

目次へ
プリンタ用画面
友達に伝える
投票数:36 平均点:9.17
前
第31話 全学連の受入れ(1)
カテゴリートップ
小説・三里塚
次
第33話 妖怪変化

新しくコメントをつける

題名
ゲスト名
投稿本文
より詳細なコメント入力フォームへ

 

Powered by XOOPS Cube 2.2 © 2001-2013 XOOPS Cube Project Distributed by XOOPS Cube 2.2 Distribution Team.