rss ログイン
旗旗  - BUND.JP

ユーザメニュー

テキスト系

メディア

情報交換・発信

サイト内全検索

オンライン状況

67 人の同志が革命的にオンライン中です。 (1 人の同志が 懐古的資料室 を参照しています。 )

登録会員: 0
シンパ: 67

twitter

トップリンク

小説・三里塚

小説・三里塚 戦後最大の住民闘争、三里塚。実在の開拓農家をモデルに、敗戦、開拓、闘争と、その波乱の道のりを感動で描く。

市東さんの農地取り上げに反対する会

市東さんの農地取り上げに反対する会 親子3代90年も耕してきた農地を、違法に取り上げる動きを見過ごすことができません。

結衣ちゃんは革命家

結衣ちゃんは革命家 誰でも遊べるブラウザゲーム。ヒロインの声は声優さんによるフルボイス。君はエンディングを見ることができるか?

mixi 三里塚勝手連

三里塚勝手連 当コミュは三里塚闘争に共感し、様々な形で農民を応援していきたいと考えている有志の集まりです。

戦旗派コレクション

戦旗派コレクション 20世紀、1970~80年代を駆け抜けた「戦旗派」の写真集。かつての同志たちへ、そして……。

過激派への100の質問

現役活動家時代に一般の方からよく聞かれた質問、100問100答集。過激派FAQ。

カウンター

本日
昨日
累計
FROM 2004/5/01

第36話 集結

第五章 変革

 第三十六回 集結


三里塚第一公園 空港公団の動きにつれ、全学連の学生運動が目立って活発化した。まず、中核派が天神峰団結小屋に寝泊まりするようになった。
 続いて、旧ブントの森恒夫らが、東峰の堀越勇の旧家に住み込んだ。森恒夫は東峰からバイクに乗って、よく、戸田の住む三里塚までやってきた。彼はその後、連合赤軍事件で捕われ獄中縊死を遂げた。

 これは学生運動現地入りの、はしりだった。すると、どこからともなく単身、頭陀袋を肩に、団結小屋を訪れてくる男女学生も現われた。彼等は二日、三日と団結小屋に寝泊まりしては、慣れない手つきで農家の手伝いをした。あまり精を出し過き、翌日は腰も立たなくなる者もいた。その両手の爪は、雑草の渋で、真黄色にマニュキュアしたようになった。
 彼等は入れ替り立ち替り、やってきた。その中には学内セクトから代表として派遣されて、現地の下見聞にくる者もいた。天神峰団結小屋で日直する同盟員から、「得体が解らない」といわれて追い返される学生もいた。学生は熱心だった。学生証を出して身分を証明し、三里塚入りの来意を告げた。その熱意にほだされて、初対面の学生を泊める農家の者もあった。

 学生運動の動きは一見、セクトの先陣とヘゲモニーの争奪戦のように見えるところもあったが、彼等の心を動かした三里塚入りの発端は、まず国家権カに対決して不屈に闘う農民に対する魅カにあった。とともに、彼等のイデオロギーから見て、これを黙視できない正義感にあったのではなかろうか。 それにしても日大・東大・反基地闘争を経て、全学連、全共闘運動の当然行きつくところが、三里塚闘争ではなかったか。彼等の動きは日共・民青などとはおよそ対照的であった。民青が政党の指令で機械的に動かされるに反し、全学連運動は統一力を欠くようにも見えた。――が、三里塚では不思議なほど、セクト間の内紛はなかった。思想、信条を異にしたとしても、戦線では行動をともにする共同性を保っていたことは事実だった。
「三里塚では学生の内ゲバはないかね」とは、戸田がよく訊かれる言葉だった。「ない」というとみんな、「不思議だな!」と首を傾げる。そんなとき、戸田は、党派闘争を「内ゲバ」と理解していなかったから、「内ゲバ」という言葉を聞かされるのは特に耳障りだった。「内ゲバ」とは岡目八目のいう言葉であり、マスコミなどの使うものだった。

 日共・民青の執拗な「トロ排除」とデマゴギーの中にも、学生たちは着々と農民の信頼をえていった。彼等の真摯で謙虚な態度と熱情が、農民に買われた。
 彼等は便乗主義者ではなく、あくまでも自己の思想に忠実であり、その行動に責任のあることを自覚していた。その頃、マスコミからもらった三里塚闘争の代名詞が、「労農学共闘」だったのは、故なきことではなかった。
 大学闘争ではコッペパンと牛乳で、煎餅蒲団に寝て暮らしていた彼等が、三里塚にきて見ると、澄んだ空気、新鮮な野菜や卵、飯があって、青白かったその頬にも血の気がさしてきた。やがて、三里塚の風土は彼等の骨格をも逞しく鍛え上げていく。

三里塚の公安私服刑事 野良仕事をしていた武治が人の気配を感じた。畝間から、つと立ち上がって、「あれは成田署の刑事じゃねえか」といった。その言葉に傍で草むしりをしていた学生が思わず立ち上がると、写真機を持った男が、突然学生に向けてパチパチとシャッターを切った。

 成田署や成東署の私服が、学生を追って入り込んだのだ。東大や日大闘争などで指名手配をうけた者が、三里塚に逃げ込んだということで、最近は農家の庭先にまでも私服が徘徊した。誰が見てもそれと判るのが私服で、その眼つきや態度、口のきき方まで同じだった。中には長髪のジーバンで一見学生スタイルの者もいて、うっかり声をかけるとそれが私服だったりすることがあった。

 彼等は今日は木の根にやってきた。背広、ジャンバーに戦闘帽と、色とりどりの服装で、三々五々農道を歩いていた。手にはトランシーバーや写真機を持っていた。犬のように匂いを嗅いで歩くその職業柄が、いつとはなく身に着き、その人柄まで別世界の人のように作り変えていくのだろう。

三里塚・成田空港、援農風景 最も対照的で奇妙なものが、何をおいても学生と私服だった。純情と陰険、相矛盾する二つの異相をここに見ることができる。

 日増に増える学生の現地入りにつれて、また増えるのも私服の数だった。私服は道端を歩く学生まで、顔写真を撮った。ある学生は路上でばったり私服の群とぷつかり、カメラを向けられたから、「僕には肖像権があるんだ。無闇に人の写真を撮るな」と、くってかかった。すると、私服は矢庭に彼を取り囲み、一人が彼を羽交絞めにして真正面から顔写真を何枚も撮った。
 彼等は反対派の農家を訪ね、学生のいるのをたしかめて帰っていく。この頃は私服も団結小屋に用事もないのに立ち寄り、まるで慣れ慣れしく学生たちに話をしかけてくる。そして、「火に気をつけなさいよ。風邪をひくなよ」といった。彼等はにべもなく、追い払われた。
 その後、各団結小屋の周囲は松丸太の頑丈なバリケードで囲われた。団結小屋の前には、奇妙な看板が目立った。
「犬と私服は立入り禁ず」
 それをキラリと横目で見ながら、しらばくれて過きていく私服もいたが、中にはバリケードに近づいて、その隙間から中の様子をジロジロと探っていく者もいた。

 これとは別に私服と入れ替りに徒党を組んで訪ねてくる、一群の若者たちがいた。彼等の腕にはいずれも音地に白く「民青」と染め抜かれた腕章が巻きつき、肩からショルダーバッグを吊るしたり、ナップザックを背負ったりしていた。
 彼等は反対同盟の農家を家庭訪問して歩いた。「トロツキスト排除」を説伏する民青のオルグだった。路傍の電柱や塀にはやたらと「トロ排除」のステッカーが貼り巡らされ、戸別訪問をして隈なくビラ入れをして歩いた。
「トロを排除して民主勢カを結集しなけれぱ、空港反対の勝利はない」
 中には心動かされ、「そうかな……」と思う者もあった。
 しかしほとんど彼等は至るところで反対同盟員の門前払いをくい、差し出すパンフさえ突き返される場合が多かった。それでも懲りず、彼等は「トロ排除」を止めようとはしなかった。「トロ排除」は「空港反対」よりも、彼等にとっては重大であるように見えた。その拠点は古込にある石井幸助の「日本共産党遠山支部」だった。

 現地三里塚には日毎に学生、労働者の数が増していった。天神峰には中核、東峰にはブント、朝倉には第四インター、大清水には社青同解放派などが、それぞれ団結小屋を造って常駐していた。中には部落の公民館に住み込む者もいた。人里離れた森の中や畑の中にも、団結小屋が建った。電燈がなかったので夜はランプや蝋燭の燈火で、ガリ版を切ったり、本を読んだりした。朝になると部落に手摺りのパンフを配って歩いた。
 そして、反対同盟の農家へ援農に行く。ところが雑草のつもりで引き抜いたものが、落花生だったりした。
 農民はそれを見て、腹を抱えて笑った。そして彼等の知らぬ間に、そこへ種を下ろしておくのだった。
「おめえらは落花も雑草も知らねえで、農民運動やるちゅうのか」と、ひやかされ、赤面して思わず頭を掻く者もいた。

次回、「団結小屋」へ続く


目次へ
プリンタ用画面
友達に伝える
投票数:35 平均点:9.43
前
第35話 恩賜の煙草
カテゴリートップ
小説・三里塚
次
第37話 団結小屋

新しくコメントをつける

題名
ゲスト名
投稿本文
より詳細なコメント入力フォームへ

 

Powered by XOOPS Cube 2.2 © 2001-2013 XOOPS Cube Project Distributed by XOOPS Cube 2.2 Distribution Team.