rss ログイン
旗旗  - BUND.JP

ユーザメニュー

テキスト系

メディア

情報交換・発信

サイト内全検索

オンライン状況

67 人の同志が革命的にオンライン中です。 (1 人の同志が 懐古的資料室 を参照しています。 )

登録会員: 0
シンパ: 67

twitter

トップリンク

小説・三里塚

小説・三里塚 戦後最大の住民闘争、三里塚。実在の開拓農家をモデルに、敗戦、開拓、闘争と、その波乱の道のりを感動で描く。

市東さんの農地取り上げに反対する会

市東さんの農地取り上げに反対する会 親子3代90年も耕してきた農地を、違法に取り上げる動きを見過ごすことができません。

結衣ちゃんは革命家

結衣ちゃんは革命家 誰でも遊べるブラウザゲーム。ヒロインの声は声優さんによるフルボイス。君はエンディングを見ることができるか?

mixi 三里塚勝手連

三里塚勝手連 当コミュは三里塚闘争に共感し、様々な形で農民を応援していきたいと考えている有志の集まりです。

戦旗派コレクション

戦旗派コレクション 20世紀、1970~80年代を駆け抜けた「戦旗派」の写真集。かつての同志たちへ、そして……。

過激派への100の質問

現役活動家時代に一般の方からよく聞かれた質問、100問100答集。過激派FAQ。

カウンター

本日
昨日
累計
FROM 2004/5/01

第61話 「土地は売るなよ」(2)

 第六十一話 「土地は売るなよ」(2)


三里塚反対同盟 小川明治さんの葬儀―DVD「抵抗の大地」より 病院はひっそり閑としていた。急患ということで白衣を着た宿直の若い医師が、眼をこすりこすり診察室に入ってきた。ベッドに横たわって悶え苦しむ武治を見下ろし黙っていたが、しばらくすると聴診器をとり耳に当て、心臓の鼓動を診た。そして胸部から腹部にかけて、指で押しては首を捻った。
 看護婦に命じて注射を打たせると、武治の苦痛が次第に遠のいていくのが見えた。

 医師は説子に向かって、精密検査をしてみなければよくわからないが、多分、心臓障害によるものではないかといった。取りあえず今夜は痛みだけ止めておいて、明日くわしく診察し、レントゲンを撮るからというのだった。
 早速、特別の計らいで、個室の病室に入り、寝たが、夜明けにまたも発作が起こった。

 一月一三日の朝、九時半だった。繰り返す発作と苦痛の中から、「これが死の苦しみというものか」と、武治は呻くように説子に呟いた。呟く武治の言葉は、気息奄々としていた。見守る家族は慌てふためき、ただおろおろするばかりだった。
 武治の苦悶は、何か死を予感するかのように見えた。家族には、医師の動作が生ぬるくて見ていられなかった。
「先生!早く何とかして……」
 説子はわななく声で、医師の袖を引くようにして哀願した。黙って頷く医師の態度は、冷静そのものだった。医師の処置によって激痛が取り去られたか、武治の表情がいくらか柔らいだように見えた。
――と、武治の口元から微かに洩れる言葉――見守る者が顔を寄せて、耳を澄ますと、はっきりとそれを聞きとることができた。

「死んでも……土地……売るなよ」

 武治の半眼に見開いた眼は、頭を巡らして、静かに病室を見回し、家族一人一人の顔をみつめた。武治の目尻からは、白く光るものが落ちて、ベッドを濡らした。
 その時、病室の片隅に蹲って遊んでいた孫の百合子が、武治の枕辺に近づいた。子供心にも何か異様な雰囲気を感じとったのであろう。
「おじいちゃーん、おじいちゃーん!!」
 三歳になる孫の百合子が耳元に口をつけて、声を限りに呼んだ――が何の応答もなかった。
「父ちゃーん!」
 娘の咲子が父親の体にしがみついて泣いた。妻の説子も泣いた。その悲哀をよそに武治の苦痛の表情は次第に薄れゆき、安楽な面に帰っていった。
「絶対に土地は売るなよ」との一語を最後に、この世の生涯を閉じた。武治は六〇歳だった。

 白いベッドの上に無言で横たわる武治――肉体の苦しみばかりか、今はこの世の一切の苦難から解放されて眠る武治は、平安そのものに見えた。苦難のみ多かった武治の生涯も、この日この時をもって終わったのである。
 五日前まで天浪の丘で地下壕掘りに精を出した彼は、もうこの世の人ではなくなった。闘いの中の死であった。

小川明治さんの葬儀 彼は開拓当初同志とともに作った、天浪共同墓地の一角に葬られることになった。墓地は空港ターミナルの中心点に位していた。彼の遺言もあって、武治はこの共同墓地に土葬されることになった。家族や親戚の中には火葬にすべきだという反対意見もあったが、弟の源二の主張が通り、一月一五日に土葬されることにきまった。

 武治の生前を偲んで.各地から集まった者で、木の根から天浪の共同墓地まで長蛇の葬列が続いた。赤旗の棚曳く葬列の先頭には、弟の源二が歩いた。その源二の姿が、奇妙だった。紋付の羽織袴にヘルメットを被っていた。それは武治の遺した、黒ヘルメットだった。源二にとってのヘルメットは兄の遺志を継ぐ、唯一の象徴だった。路上の周りでは工事に働く労働者らが、手を休め、立ち尽したまま葬列を眺めていた。物陰から出てきた一群の機動隊や私服らが、遠くから葬列を尾行した。

小川明治さんの葬儀 天浪共同墓地は周辺から削り取られて、ポツネンと切り立った丘となって、取り残されていた。ブルドーザーが走り回って、その周辺は見るからに荒寥たる風景だった。かつての天浪開拓部落の様相は、どこにも見当たらず、殺風景な錆色の鉄骨が空しく建っているばかりだった。

 墓地に上るとそこには各所に点々と、真新しい赤土の盛り上がっているのが見えた。これは条件派の人々が代替地に移住するに当たって、家族の遺体を自ら掘り取った痕跡だった。後片づけもせず、掘りっぱなしで放置された墓地は、一種凄惨な思いを人に与えた。政府は農民をして、墓あばき人にまで仕立て上げたのである。人が墓をあばき、その遺体を取り去っていった墓地に、武治は今、新しく葬られんとしていた。すでに墓穴は掘られて、傍に赤い土か盛り上っていた。

 武治の穴は、墓地の中頃にあった。棺が静かに穴の底に曳き降ろされると、突然、説子と咲子がハンカチで顔を掩い、声を挙げて泣き出した。親戚の誰かが、二人の肩を抱いてもらい泣きするのを見て、みんな悲しみを誘われた。
 真新しく盛り上げられた土の上には、一本の墓標が立った。源二がその墓前に額ずき、首を垂れた。源二は墓標に近づき、被っていたヘルメットを脱ぎ、一礼すると墓標の頂きにそれを被せた。

「兄貴!これで本望だろう!」

 源二がポツリというと、その眼からは白く光るものが頬を伝って、土の上に落ちた。墓標の傍で学生たちが赤旗を打ち振りつつ、「同志は斃れぬ」と唱い出した。周囲からもそれに和する者もあって、歌声は晴れた冬空に木霊して響いた。説子は涙で曇る眼で、墓標を仰いだ。ヘルメットを被った墓標がまるで武治の姿に見え、それはゆらゆらと揺れて動き出し、説子に近づき語りかけてくるかのようだった。
 説子は懐からハンカチを出して、涙を拭いたが、熱い涙はとめどなく溢れて、袖を濡らした。黒い喪服に白いハンカチで涙を拭く説子の姿が痛々しくて、見る者の涙をまたさそった。
 打ち振る赤旗のはためきと、低い歌声が地中に染み入るように響いた。

次回、「延びる魔の手」へ続く


目次へ
サポート・感想掲示板
プリンタ用画面
友達に伝える
投票数:26 平均点:9.23
前
第60話 「土地は売るなよ」(1)
カテゴリートップ
小説・三里塚
次
第62話 延びる魔の手

新しくコメントをつける

題名
ゲスト名
投稿本文
より詳細なコメント入力フォームへ

 

Powered by XOOPS Cube 2.2 © 2001-2013 XOOPS Cube Project Distributed by XOOPS Cube 2.2 Distribution Team.