やなせたかし『アンパンマン』論ー『共産主義』ってどんなもの?
サイト内検索
twitter
トップリンク

小説・三里塚

小説・三里塚 戦後最大の住民闘争、三里塚。実在の開拓農家をモデルに、敗戦、開拓、闘争と、その波乱の道のりを感動で描く。

市東さんの農地取り上げに反対する会

市東さんの農地取り上げに反対する会 親子3代90年も耕してきた農地を、違法に取り上げる動きを見過ごすことができません。

結衣ちゃんは革命家

結衣ちゃんは革命家 誰でも遊べるブラウザゲーム。ヒロインの声は声優さんによるフルボイス。君はエンディングを見ることができるか?

mixi 三里塚勝手連

三里塚勝手連 当コミュは三里塚闘争に共感し、様々な形で農民を応援していきたいと考えている有志の集まりです。

戦旗派コレクション

戦旗派コレクション 20世紀、1970~80年代を駆け抜けた「戦旗派」の写真集。かつての同志たちへ、そして……。

過激派への100の質問

現役活動家時代に一般の方からよく聞かれた質問、100問100答集。過激派FAQ。
オンライン状況
36 人の同志が革命的にオンライン中です。 (2 人の同志が 懐古的資料室 を参照しています。 )

登録会員: 0
シンパ: 36
カウンター
本日
昨日
累計
FROM 2004/5/01

アンパンマンと共産主義社会


草加耕助 f(^^;) 「ブログ旗旗」より

ひとりがみんなのために!みんながひとりのために!
 まずは軽く肩慣らしに「共産主義とは何か?」というお話です。その最適の見本が、漫画家のやなせたかしさんが描く「それいけ!アンパンマン」の世界です。これは私が活動家時代に抱いていた共産主義社会のイメージそのものでした。

 たとえば、ジャムおじさんはパンを作り、カレーパンマンはカレーを作り、ラーメン天使はラーメンを作るのですが、それは「商売」として行っているのではなく、みんなに喜んでもらうために作っているのです。

 つまり彼らの労働は利潤を得るための「疎外された労働」ではなく、「自己実現のための労働」です。そしてそれらを作る原料は、それぞれの農作物を作っている人がやはり無償で提供しています。つまりジャムおじさんは「美味しいパンを作る人」ではあっても、決して「パン屋さん」ではないということに気がつきます。

 人間としての向上心のベクトルは「もっと儲けよう」という利己的な方向ではなくて「もっと美味しいパンをもっと沢山の人に食べてもらおう」という社会的な方向に向いています。そこではジャムおじさんのパンがどんなに絶賛されても、それで本人が喜びと生き甲斐を感じてまた頑張ろうと思うだけであって、これで儲けようとか、ましてや他人を雇ってその労働を搾取し、パン工場を大きくしてやろうとか思うことはありません。

 もしこれが資本主義社会のお話であったなら、ジャムおじさんの優しい顔はたちまちにして眉間にしわをよせた資本家の顔になり、電卓をたたいてため息をつき、原料費を削減したり、一生懸命に働く労働者のバタ子さんに、それでもまだ怠けているかのような罵声を浴びせるようになったに違いありません。
 あるいはとっくの昔に倒産していたでしょうか。そんな良心的なジャムおじさんに、原料を売ってくれる人もいないでしょうから。

 食パンマンにいたっては、毎日食パンを無償で学校に運んでいますが、おそらくは学校教育もすべて無償でしょう。物語には小学校と思われる場所しか登場しませんが、おそらく「もっと勉強して人々の役に立ちたい」と言う人には、しかるべき教育手段が無償で用意されていることでしょう。おそらくは土地も共有制(所有権はなく利用権のみがある)であろうと思われます。

 時にはきれいな絵を描いたり、美しいカレンダーを作ったりしてみんなに喜ばれている芸術家や、だいこん役者などの俳優も登場しますが、それとてお金や名声や自己満足のための「芸術」ではなく、一般の人々を喜ばせるために頑張っている民衆芸術家として描かれています。また、宗教はコンニャク和尚が出てきたことがあるので残っているようですが、それは人々の生活にはおいて支配的・抑圧的な存在ではなく、もっと素朴なもののようです。

 さらに魔王が攻めてきた時には、アンパンマンの指導の元に一般の人々が義勇兵として立ち上がり、それにバイキンマンやドキンちゃんまでが協力して撃退していますが、なんとこれは「群民蜂起」と呼ばれて護憲派の学者が大真面目に議論している防衛政策の一つを地でいく描写なのです。いずれにせよ、このことから、アンパンマンの世界には職業的な軍隊(=支配権力による暴力の独占)も存在していないことがわかります。

 つまり一言で言って、「貨幣」と「他人の労働の搾取」という資本主義を資本主義たらしめている二つのものが存在していないのです。ゆえに「資本家」のような「支配階級」がいませんから、人々は平等で貧困もなく、差別や戦争、さらには政府といった支配階級ににとってのみ必要だったものは、もはや存在する必要がないのです。私が見ている限りでは、アンパンマンに「お金」という概念が出てきたことはありません。しかもこれはかなり意図的にそう描かれているようで、アンパンマンの世界や登場人物の行動原理を理解する上で、この世界には「お金」というものがない(=貨幣制度が止揚された社会)ということは極めて重要な点です。

 つまりこれらのことの帰結として、生産物には「使用価値」のみで「交換価値(=商品価値)」というものが存在しないことになります。そこでこの世界の悪者であるバイキンマンには「世界を征服する」(=支配階級になる=他人を搾取する)という発想がありません。いつも美味しい食べ物を一人占めするのですが、それは自分とドキンちゃんが食べるだけであって、よそで売って儲けるという発想にはなりません。自分一人だけで全部食べようとすること、つまり「使用価値を盗む」のが悪いのであって、「交換価値を盗む」資本主義社会における泥棒とはちょっとニュアンスが違うのです。

 資本主義社会で生まれた私達は生まれながらに資本主義者であって、この世界で共産主義者であり続けることは困難が伴うように、共産主義社会に生きるバイキンマンやアンパンマンは生まれながらに共産主義者であって、資本主義社会の常識(イデオロギー)は理解の外にあるわけです。この世界の人間に「差別」という概念を説明するのはかなり骨がおれるに違いありません。

 「バタ子さんはどうなんだ。パン工場で働いてるじゃないか」と思うかもしれませんが、彼女はジャムおじさんを尊敬して、自分もあんな人になりたいという人間的な向上心から自発的に修行させてもらっているのです。「給料」をもらうため、生きるための必要から労働しているのではありません。貨幣がないので給料もなく、ゆえにジャムおじさんとバタ子さんは「資本家と労働者」のような疎外された関係ではありません。人間として社会的にも対等な関係にあるのです。

ここまで見てくればわかる通り、まさしく「アンパンマン」は、

●一人が万人のために、万人が一人のために
●能力に応じて労働し必要に応じて受け取る
●労働は疎外された苦痛なものから人間的な欲求を満たす喜び(社会活動)となる
●朝に魚を取り、昼に畑を耕し、夕べに議論をするが、漁師にも農民にも評論家にもなる必要がない


という「高次の段階の共産主義」そのものではありませんか。

 共産主義社会というのは、人間がその頭で設計した社会システムとして最も美しく理想に満ちたものです。そのことは「現実の共産主義運動」に反対する人でも認めます。童話やおとぎ話の中でさえ、これほど美しい世界を聞いたことはありません。それもそのはず、童話の作家もまた資本主義社会の人間です。それを超える社会を描くためには現在の社会の科学的研究が必要なのです。

 私達のような資本主義社会の人間は、自分でもそれと知らずイデオロギーに凝り固まっています。そこから自由な発想ができないのです。共産主義者になる必要はなくとも、私達はもっと「空想家」になってもいいと思います。最初、やなせさんがアンパンマンを絵本化した時、出版関係の大人たちは、ほとんどが「売れない」と難色を示したそうです。ところがまだ「世の中の常識」に染まっていない3歳以下の子供たちが意外なほどアンパンマンに夢中になり、そこから火がついて人気が加速していきました。

 やがてお年玉やお小遣いに「お金」をもらって喜ぶ歳になると、多くの子供たちはアンパンマンから「卒業」していきます。が、成長し、逆に人生がわかるような中年になってから、子供と一緒にふと見た劇場版のアンパンマンに、理由はよくわからないけど涙が出るほど感動する人なんかもいます(なぜかそれが決まって男性(お父さん)なのが不思議ですが)。なんの捻りも意外などんでん返しもない単純なストーリーなのになぜでしょうね。そう考えてみると、意外と奥の深い不思議なお話なんです。アンパンマンって。

 よく人間は共産主義のような理想論を受け入れることはできない、それは宗教みたいなものだという人がいます。しかし私はこの経緯からも(それが共産主義かどうかは別にして)人間は元々アンパンマンのような共生社会を受け入れることができる存在であり、資本主義社会の「常識」こそが歴史的な存在にすぎない、つまり幼児の頃から日常生活の中で不断に植えつけられ続ける後天的なイデオロギーであると確信しています。この後天的で歴史的なイデオロギーを客観的に認識できない(ほど縛り付けられ洗脳されている)から、理性的には当然の結論であるはずの共生社会を「理想論」だとしか思えなくなるのです。いやはやイデオロギーって恐ろしいですね。

 しかしなぜやなせさんは「アンパンマン」を描くことができたのでしょうか。
 やなせさんがかつて社会主義者であったという話は聞いたことがありません。若干のエッセイなどを読むとむしろなんとなく仏教徒の雰囲気さえただよいます。ただ、やなせさんには人間に対する果てしない優しさと、商業主義に対する強烈なアンチがあるようです。

 徹底したヒューマニズムと強烈な反商業主義
 これは共産主義と共通するものです。これを老境に達するまで暖め続け、小さな子供達に読んでもらう夢のあるお話を描こうとした時、はからずも共産主義と同じ理想を描いたということかもしれません。

 お後がよろしいようで……。((((((*^^v)」
プリンタ用画面
友達に伝える
投票数:148 平均点:9.66
カテゴリートップ
左翼思想入門の入門
次
ウルトラマンと『革命無罪』-左翼が「何でも反対」の理由