ブログ旗旗 »
サイト内検索
アーカイブ
人気記事(最近)
twitter
トップリンク

小説・三里塚

小説・三里塚 戦後最大の住民闘争、三里塚。実在の開拓農家をモデルに、敗戦、開拓、闘争と、その波乱の道のりを感動で描く。

市東さんの農地取り上げに反対する会

市東さんの農地取り上げに反対する会 親子3代90年も耕してきた農地を、違法に取り上げる動きを見過ごすことができません。

結衣ちゃんは革命家

結衣ちゃんは革命家 誰でも遊べるブラウザゲーム。ヒロインの声は声優さんによるフルボイス。君はエンディングを見ることができるか?

mixi 三里塚勝手連

三里塚勝手連 当コミュは三里塚闘争に共感し、様々な形で農民を応援していきたいと考えている有志の集まりです。

戦旗派コレクション

戦旗派コレクション 20世紀、1970~80年代を駆け抜けた「戦旗派」の写真集。かつての同志たちへ、そして……。

過激派への100の質問

現役活動家時代に一般の方からよく聞かれた質問、100問100答集。過激派FAQ。
今週の予定
予定はありません
オンライン状況
48 人の同志が革命的にオンライン中です。 (2 人の同志が ブログ旗旗 を参照しています。 )

登録会員: 1
シンパ: 47
カウンター
本日
昨日
累計
FROM 2004/5/01
1 / 7112345...102030...最後 »

あけましておめでとうございます

明けましておめでとう御座いますおめでとうございます。
 つーても今年の年末年始は26日から7日まで2週間ほどお仕事なんで、全然正月って感じしません。正月手当もあるので、今年は仕事も楽めな時期に感謝されつつ出勤し、資金を稼いで休み明けに忙しくなってから、誰はばかることなく代休をとるという方針でいこうかなと思ってます。

 元旦は某お寺で初詣関係のお仕事。帰りに自分でもご本尊の観音様にお参りし、両親の健康長寿を祈願。続けて本堂を一周するマニ車に辺野古・高江や沖縄の人々が平和で穏やかに暮らせますようにと祈願し、さらに勝負事の祈願がいいという、勝馬のお堂に三里塚闘争勝利を祈願しました。

 そうして最後におみくじを引きますと末吉で、なんと「無理して事をおこなうと大変なことになりますから、慎んでおく事です」という(本当にそう書いてある)、ありがたい託宣をいただいてしまいました(笑)。
 さてはちゃんと見てるな!観音様。欲張りすぎたかと反省。でもどれも譲れないもんね。とりあえず頑張りますのでどうぞよろしくお見守りください(南無観世音菩薩)。

 こういう仕事のこととか書くと、わりと特定されてしまいそうなので迷惑を考えて固有名詞とかいくつか消しましたが、まあ、私ごときを個人特定しても痛くも痒くもないので、お暇なら調べてみてね~。あからさまな固有名詞をここで出さなければ迷惑云々はいいかなと。実は私の周りの人とか、集会やデモを妨害に来たネトウヨや公安から、名指しで罵倒されたりされたりしてる。私だけスルーなのはちょっと淋しい。

 今年はあまり大上段に振りかぶらず、こういう益体もないことも書きつつ、気長にいこうと思います。どうぞ本年もよろしく!

山城さんの講演からふりかえる―奴らが恐れるその運動を引き継ぎ広めよう

専修大学で講演する山城博治さん

専修大学で講演する山城博治さん

 現在、逮捕のための逮捕、沖縄の運動リーダーであることを理由にした不当な拘束を受けている山城博治さん。高江や辺野古での住民を先頭にした抵抗に手を焼いた安倍政権が、多少なりとも見せていた沖縄世論への慰撫や遠慮をすべてかなぐり捨て、強権的な暴力ですべてを押し通す判断に舵を切ったことの表れでもあります。そのリーダーの一人でもある山城さんできる限り長期拘束し、高江はもちろん、辺野古埋め立ての目処がつくまで外にださないつもりです。

 一国の政権がそこまで恐れる個人、山城さんの作ってたきた沖縄の運動とはどんなものか。不当弾圧への抗議はもちろん、その抗議の運動中でも、そして本土でも、先頭にたち続けた山城さんの敢闘精神とあわせ、安倍を恐れさせた山城さんの運動に対する姿勢についてもう一度振り返り、私たちなりに学び、山城さんを拘束してもそれがどんどん広まることを追求していきたい。

 その願いと、現在も持病の治療も許されず、沖縄弾圧への抗議として獄中ハンスト行っている山城さんへの思いを込めて、本年4月9日のDA(直接行動)主催の専修大学講演会での山城さんの発言と、3月27日の新宿デモにおける発言を振り返ってみたいと思います。それそれ講演と集会での演説という性格の違いはありますが、山城さんを獄に奪われた今こそ改めて学び直してみたい内容です。

 ただし専修大学のほうは、長時間の講演の中で、私が特に印象深かった運動に関する部分を抜き出したもので、全体はこれだけではありません。また、記憶と簡単なメモ書きを頼りに書いて再構成していますので、その文責はすべて草加にあります。

ーーーーーーーー
■専修大学での山城博治講演会「抗う沖縄の声」より

専修大学・山城博治講演会「抗う沖縄の声」

専修大学・山城博治講演会「抗う沖縄の声」

「辺野古は不思議と『組織動員』がきかない。組合などにさんざん呼びかけてるのに来ないんでもうやめた。かわりに個人がいっぱい来る。だったら個人にあわせた形態にせねばと今のテントや座り込みの形になった。ゲート前でシュプレヒコールをやめて、かわりに歌を歌ってカチャーシーを踊った。最初はすごい苦情言われましたよ。何やってんだ、シュプレヒコールしろと」

「(個人中心にする過程で)形だけの運動はやめようと思った。日曜日に3万人で集まっても、相手は気にしないし何の打撃にもならなかった。それより(相手が仕事している)平日に千人で集まって、門前に座り込んで業務を止めてしまうことのほうが打撃になる。米軍司令部は大慌てで、海保の事務員はパニックになった。排除されたらスクラムを組んで、徹底的な非暴力でかつ具体的な打撃を与えよう、そこで逮捕者がでたら参加者全員で取り返そう
この投稿の続きを読む »

生存報告

『生存報告(ネット用語)とは』
 ブログを長期間放置した為に、こいつ死んでるんじゃないか?
 と心配されているかもしれないと危惧し行う更新のこと。
 筆無精の照れ隠しとして使われる(「はてなキーワード」より)

ため息

  1. 昨年の春から冬にかけて、いつもの周期的な軽度欝がやや深刻な状態でしかも長期間きた(いつもの軽度なので仕事だけは最低限続けられた)。
  2. そのため多くの方に多大なご迷惑をおかけし、申し訳なさで何も言えない気持ちになった。
  3. 欝状態からは徐々に復帰したが、お金を稼ぐ必要性に迫られ、夜も昼もなく可能な限り働いた。
  4. 沖縄の状況に心を痛め、あいた時間は現実の活動や集会に参加することに費やした。
  5. そうこうしているうち、ネットにふれない状況で安定した。メールもたまにしか見ず、公開していたアドレスは1万件以上のスパムで埋め尽くされ、今も一部の人しか知らない個人アドレスしか見ていない。
  6. その他、個人的なこといろいろ。

 というような経緯で(連絡いただいてた方には噴飯ものであることは重々承知です)、今はネットに振り回されない状況ゆえか安定しています。
 義理のあることをのぞけば「もうこのままでよくね?」とか思うのですが、最近は腹が立つことが多く、仕事中にぶつぶつつぶやいて、怒りのあまりに地面を思い切り蹴飛ばしたり、高江の住民のことを考えて涙がこぼれてしまったり、躁状態にあると思うのですが、それはそれでなんか危ない奴状態になってきました。
 ですが、以前のことを考えると、一旦ネットに関わり出すと、また睡眠時間が3時間とかなってしまうので、躊躇してました。また、自分のような恥ずかしい人間が、人様にものを言っていいのかとか。
この投稿の続きを読む »

3・26反原発統一集会~3・27三里塚全国集会へ

326反原発統一行動へ文字通り直前になっちゃったけど、紹介だけしておくよ。もちろん私も参加するよ。

つながろう福島!守ろういのち!
福島原発事故から5年・チェルノブイリ事故から30年

原発のない未来へ!3.26全国大集会

◆会場:代々木公園(東京都渋谷区)

◆スケジュール
 11:00~ブース出店販売開始
 11:30~サブステージ開演
 12:15~メインステージ オープニングライブ開始

※私は「ジグザグ会」と共に第三会場~渋谷デモに参加するつもりです。その他の会場については主催者のサイトを参照してください。

◆第3ステージ(ケヤキ並木)11:30~13:00
 テーマ:基地も戦争もいらない 

・オープニングライブ:ジンタらムータ
・司会あいさつ 
  満田夏花(国際協力NGO「FOE Japan」理事/辺野古・高江を守ろう!NGOネットワーク)
・憲法・戦争法
  戦争させない・9条壊すな!総がかり行動実行委員会
  安保関連法に反対するママの会
  SEALDs
  枝木美香(アーユス仏教国際協力ネットワーク事務局長/非戦NGOネットワーク運営委員)
・沖縄から
  高里鈴代(「基地・軍隊を許さない女たちの会」共同代表/「オール沖縄会議」共同代表)
・海外ゲスト(逐次通訳)
  ラリータ・ラムダス(インド・反核運動全国連合)
  メチン・グルブズ(トルコ・シノップ反原発プラットフォーラム)

◆デモ出発 14:40~ 
 神宮通公園コース(市民コース)
 …代々木公園ケヤキ並木→渋谷駅→明治通り→神宮通公園で流れ解散
この投稿の続きを読む »

沖縄二日目 辺野古ゲート前座り込みに参加

辺野古二日目3 沖縄訪問二日目(23日)の報告です。
 前日から宿泊していた「海と風の宿」を朝5時半にレンタカーで出発、ゲート前に向かいます。天気は雨、この時間はまだ真っ暗で、夜の海を眺めながら、どうしても緊張は高まります。圧倒的と思える機動隊の暴力の前に身を投げ出して非暴力で闘うのです。怪我をするかもしれない、インネンつけられて不当逮捕されるかもしれないと思うと体が固くなります。ただ逃げ出すことのできない沖縄現地の人々への連帯の思いだけで勇気をふりしぼっていました。

 午前6時すぎに現場につきますが、やはりまだ暗く、ただ基地のゲート内だけが煌々と明かりに照らされて、そこには雨煙の中で機動隊のバスが光っていました。おぼつかない足元を基地の明かりをたよりに座り込みテント前に集まると、そこで説明と打ち合わせがありました。それによると目の前のゲートは第二ゲートで、もう少し先に工事用の専用ゲートがあること、7時前には工事車両が入るであろうこと、雨の中で仲間がすでにその前に座り込んでおり、私たちもそこに合流して座り込むことが説明されました。注意点として、機動隊がゴボウ抜きにくるだろうが、私たちはあくまでも非暴力を貫くこと、今は怪我や逮捕をさけて、排除に対し強硬な抵抗はしないようにとのことでした。
辺野古二日目4
 工事用ゲートの前には機動隊のバスが歩道を塞いでいます。以前はちゃんと基地の敷地の中でゲートを塞いでいたのですが、ゲートの前にゲートを作るような形で歩道ギリギリまでバリケードを張り出し、さらにその外の歩道上に警察車を置いているのです。彼らは歩道の専有許可を持っていないので、もちろん普通に違法(単純に駐車違反)です。そのせいで歩道を歩いてきた人は、車道上に迂回して通行せざるを得ない状態になっています。そんな警察車両を取り囲むように、あるいはわずかな隙間を見つけて座り込むわけですが、この日は車両に乗っていた東京から来た警視庁の人間が、エンジンを空ぶかしさせてアイドリングを続け、座り込んでいた人たちに排気ガスを浴びせるということをしました。こんなことをする警官は初めてだそうで、本当に警視庁は陰険だなと思わされます。
この投稿の続きを読む »

今日から沖縄 辺野古に来ています

那覇空港にて

那覇空港にて

 沖縄の辺野古に来ています。ただいま「海と風の宿」に宿泊中。写真報告(沖縄訪問一日目)
 誰かを犠牲にして成り立つ「平和と繁栄」は不正義であるとの思いから、そして沖縄に対する戦前戦後一貫した仕打ちへの憤りから、辺野古新基地建設反対を本土で支援してきました。その中で、やはり一度現場を見て判断し、考えたいとの思いがありました。

 そこでこのたび、ジグザグ会、直接行動(DA)の共同、辺野古リレーの協力という形で、現地派遣団を編成、参加者を募って沖縄訪問が実現した次第です。派遣にあたっては3団体で講師を招いての合同の学習会、参加経験者の体験を聞くなど、内部での認識を深めてきました。そのかいもあって、参加者数は一度も現地に行ったことのない者を中心に20人規模となりました。学習会や講演の内容はとても良いものでしたので、またあらためて紹介したいと思います。

 人数が増えるにつれ、一度だけ大人数で行って、そのあと続かないのもどうかという意見もありましたが、今回は最初ということで、みんなでしっかりと現場を見て闘いに参加し、それぞれに自分なりの考え深めつつ、3月はそれを踏まえた上での体制を整えて、4月からも継続して数名ずつの派遣を継続的に続けていきたいと考えています。
この投稿の続きを読む »

2・21とめよう!辺野古埋立て 国会大包囲と全国一斉行動へ

2月20日(土)21日(日)の両日は全国各地で、辺野古新基地建設反対に向けた同時アクションがおこなわれます。声を挙げる場所は国会だけじゃない!全国にいる私たちひとりひとりが辺野古新基地建設反対のたたかいに連帯します。(参考:辺野古リレーレイバーネット

1.首都圏アクション 2・21国会大包囲

2

 ■日時:2016年2月21日(日)14:00〜15:30
 ■場所:国会周辺一帯
(目標3万人以上による国会大包囲!みんなで集まろう!)

※ ぜひとも宣伝・拡散にご協力お願いします!
※ シンボルカラーは青。辺野古の海の「青色」で国会まわりを埋め尽くしましょう!

【沖縄からの参加】
稲嶺 進さん(名護市長・オール沖縄会議共同代表)
安次富 浩さん(ヘリ基地反対協議会共同代表)

主催:止めよう! 辺野古埋立て国会包囲実行委員会
   戦争させない・9条壊すな! 総がかり実行委員会

 多くの無関心がまねいてしまう環境破壊や基地建設問題。辺野古で起きていることはみんなの問題、世界の問題です。どうか見過ごさないでください。いのちを奪う訓練施設はどこにも必要ありません。このアクションをたくさんの人たちで共有し、集まりましょう。そして基地の建設を止めましょう。(国会包囲実行委HPより)
この投稿の続きを読む »

お久しぶりでございます

工事中 夢七海 昨年は後半、半年ほど欝してました。
 アーンド、ジグザグ会のリアルな活動で、ネットの方にじぇんじぇん気が回りませんでした。すみません。m(__)m
 昨年末に、レンタルサーバーと独自ドメインの請求が合計2万円ほどきまして、否が応でも思い出し、ネットでもいろいろやんないとなーと思ってましたが、更新を引き受けている「コモンズ」サイトや、ジグザグ会サイトや、それら系のfacebookやらTwitterやら、とにかくいろいろあって、気持ち的にもどっから手をつけていいやらわかんない感じでした。
 今もそんな感じですが、ここもボチボチと、無理のない範囲で、そうですねー、週一くらいのペースで再開していくつもりですので、なにとぞご理解の上、今後ともよろしくお願い致します。((^^))。

戦争が身近な沖縄と「平和ボケ」した本土の右翼

対話羽賀さんの投稿への返信です)

 ビラの内容のことを言ってるのかな?正直言って、ないものねだりかなと感じました。なぜかと言えば、書いてあるように、これは集会に来てくれた方(およびこのブログの読者)に配布する、つまり集団的自衛権と安倍に反対するという目的(価値観)を共有する方に、では次に何をすればいいのかを提起するための文章だからです。文章や議論というのは、まずお互いに同意できるところまでおりていって、その共通の土台から出発しないとかみあった議論になりません。その意味でネット(掲示板など)は極めて議論に不向きです。

 さて、その上で以下申し上げるならば、まず私が見るところ、集団的自衛権に反対している方々の考えや潮流としては、大きくわけて3つです。

■戦後体制の「防衛」か「克服」か

 一つは、「戦後体制防衛派」で、憲法や平和、個人の尊重などを基礎に考える方々。戦後民主主義派というか、これが一番目立つし数が多い。ネトウヨさんが念頭においているのもこの部分。羽賀さんが攻撃しているのもここですね。この人たちは良心的だし、別に間違っているとも思わないし、共に手を取って闘いたいと思う。ただ、ビラにも書かれている通り、冷戦構造を前提として成立した戦後民主主義とその対立軸が、すでにそうとう劣化してきていることを、多くの人が知っているか、もしくは肌で感じています。閉塞感や漠然とした不安がある。とりわけ若い世代がそう。そこを右翼的に突破しようと呼びかけるところにファシズム登場の本質があるのであって、もはや保守の人でさえついていけない安倍政権のようなものが登場しうる根拠も、実はそこにある。一方、戦後体制防衛は世論でいえば年配を中心に3割くらいあると思うので、運動のスタート時には説明もしやすいことから、どんどん仲間が増えていく快感を味わえるでしょうが、実はこれでは過半数はとれないし、何より戦争に向かう世の中を変えることはできないだろうなと思っています。ただこの層が集会などで可視化されることは歓迎します。

3・21新宿反戦デモ

3・21新宿反戦デモ

 そこで二つめの潮流として、戦後民主主義の崩壊の中で、それを「守れ」だけでなく、危機の中でそれにかわりうる新しい価値観と社会を展望するべきだというのが私たちのような人たちです。「危機」とはなんでしょう?今までのやり方ではダメだと、みんなが感じているだけでは危機とは言いません。古いものは改めればいいだけ。そうではなく、ではどうすればいいのかということがわからない、それを危機といいます。この潮流は一つめ(たとえば社民・共産などの大政党)の影に隠れて目立たなかったし、今でも一つの「党」などにまとまっていないので、羽賀さんのおっしゃるようにわかりにくくはあるのですが、この10年であちこちで噴出してくるようになりました。私はここに期待をもっていますし、それはまだ「ふんわりとした方向性」を共有できればいいと思っています。一つの主張や一つの党にまとめる必要はない、大きな方向性の中で、雑多な人々が自由に議論して決めていく、むしろそういう空間を国境を超えて広めていくことに意義があると思っています(島国に住んでいるとピンとこないでしょうが)。ここについて語ると戦後民主主義(戦後資本主義)とは何か、それはどうして成立してきたのかという歴史的なところから全面展開しないといけませんので、ビラと同様にここでは指摘だけにとどめて先に進みます。
この投稿の続きを読む »

いよいよ本日!集団的自衛権の法制化阻止・沖縄連帯・安倍たおせ!新宿反戦デモへ!

ジグザグ会ブログより)

会場にて配布予定のビラ

会場にて配布予定のビラ


 おはようございます。いよいよ数時間後に迫りました!
 皆さま、本日はよろしくお願いします。お会いできることを楽しみにしています。

 おりしも与党は侵略安保法制の基本方針を確認したようです(記事)。
 これは安倍の一存で「国の形」を一変させるという意味で、事実上のクーデターですが、これを迎え撃つ私たちの体制づくりも、なんとか間に合ったということでしょうか。
 今日の旗あげデモを成功させ、沖縄の闘いを孤立させず、5月連休明けの国会周辺での攻防を勝利的に展開するための準備に入っていきましょう!

 以下に、会場にて配布予定のビラ原稿を掲載しておきます。

すべてのみなさん!共に闘わん!!

■日時:2015年3月21日(土)13時集合、13時半出発
 ジグザグ会は12時集合にて活動中ですのでよろしく
■集合場所:新宿・柏木公園(東京都新宿区西新宿7‐13)
 地図とアクセス:http://chizuz.com/map/map95457.html
この投稿の続きを読む »

1 / 7112345...102030...最後 »