切り抜き詳細

発行日時
2019/8/22 11:35
見出し
漂流三日三晩、いかだの縄を必死で捕まえた 対馬丸の悲劇を語り継ぐ88歳「生かされた責任」 - 沖縄タイムス+プラス ニュース
リンクURL
http://www.okinawatimes.co.jp/articles/-/460824 漂流三日三晩、いかだの縄を必死で捕まえた 対馬丸の悲劇を語り継ぐ88歳「生かされた責任」 - 沖縄タイムス+プラス ニュースへの外部リンク
記事詳細
 学童疎開船「対馬丸」の悲劇を伝える那覇市若狭の対馬丸記念館は22日で開館15年を迎える。生存者の上原妙さん(88)=那覇市=は、早期建設を求め奔走した1人。対馬丸で多くの友人を失い、兄は南洋戦で、姉もひめゆり学徒隊として、それぞれ犠牲になった。

旗旗サイト内を全検索



テキスト系

メディア

反戦情報・案内系

カウンター


昨日 :
本日 :


FROM 2004/5/01

旗旗サイト内を全検索