戸田がまさかの落選!1104票22位で(定数20になった門真市議選)

by 戸田ひさよし

 反アベ・反維新・反ヘイト等々で断固闘う革命左翼=「革命21」の大阪府門真(かどま)市議の戸田から各方面の方々に、極めて残念なお知らせです。
 5回連続当選の戸田ですが、6回目の選挙で「過去最低得票の1104票」で落選してしまいました!戸田への支持を寄せてくださったみなさんのご期待に沿えず、誠にすみません。
 感覚的には「全くの予想外の落選」ですが、「負けに不思議な負けなし」との格言もあります。戸田HP http://www.hige-toda.com/


戸田がまさかの落選!1104票22位で。「維新と公明のまち」に

門真市議選第3スレ
戸田 – 19/4/22(月) 1:06

 正直言って「全くの予想外の出来事」だが、戸田が1104票22位で落選した。

 維新公認5人が新人も含めて圧勝し、大倉議員も含めて「緑風・維新グループ」が4人から6人に1.5倍増し(=維新宮本市長の手下)
「公明党の安定の7人」と併せて、門真市は「維新と公明のまち」を呈した。

 「泡沫おじさん」以外の落選3人は、共産党2人と戸田の「革新野党側」であり、門真市議会から「革新野党側3議員」が消えた事になる。

 「開票結果」に所属等も加えて、取り急ぎ、以下に報告する。
     ↓↓↓↓

開票率100%
http://www.city.kadoma.osaka.jp/senkyo/touitu_chi_sen/kaihyo_sokuho_shi.html
==========================
候補者氏名   得票数(票)      当落

1:坂本たくや (維新・新)    3,785.708  ○
2:五味せいじ  (維新)      3,032    ○
3:滝井としゆき(維新・新)     2,994    ○

4:吉水ゆきはる (維新・新)     2,046   ○
5:池田みさ子  (公明党・新)  2,030.217  ○
6:坂本だいじろう(公明党・新)  2,001.291  ○
7:うつみ武寿   (公明党)    1,825    ○
8:今田てつや (維新)       1,815    ○
9:てらにし敬子(公明党・新)    1,787    ○
10:岡本むねき (公明党)     1,753    ○

11:亀井あつし (共産党)     1,726    ○
12:池田はるこ  (自民党)    1,675.782 ○
13:ごとう太平 (公明党)     1,647    ○
14:まつもと京子 (公明党)    1,599    ○
15:大倉もとふみ(無所属・宮本一派)1,512    ○

16:土山しげき (自民党)      1,465   ○
17:森 ひろたか (無所属・民主系) 1,430   ○
18:中道たつる (自民党・新)    1,225   ○
19:大西やすひろ(自民党・新)    1,223   ○
20:福田英彦 (共産党)       1,180   ○
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

21:豊北ゆう子 (共産党)       1,122  落選
22:戸田ひさよし(無所属・「革命21」)1,104  落選
23:ほりお晴真 (共産党)       1,046  落選
24:吉中三雄  (無所属)       141    落選

「戸田落選」は維新・公明の「望外の幸運」。次は「戸田復活絶対阻止」で定数再削減

 戸田支持者以外の人達の多くも、「定数は1減ったが戸田は大丈夫」という予測だったと思います。
 定数1減を強引に進めて自民・公明に呑ませた「緑風・維新グループ」自身も、そこまでは予測していなかっただろうと思います。

 しかし結果は「戸田の落選」。
 これは長年「戸田議員が存在しない門真市議会」を望んできた勢力にとっては「望外の幸運」!「棚からボタ餅」!

 こういう状況になったら、「戸田が2度と当選出来ないように議員定数をさらに減らす」、という事を「緑風・維新グループ6議員」(維新公認5+無所属の大倉)と公明党7議員の結託でスイスイと進めていくでしょう。

 維新は選挙ポスターで「議員定数を20から17へ!」と謳っていて、「選挙公約の実現」という大義名分がある。
 公明党は少々定数が減っても自分らの組織力で7議席は維持できるし、維新に逆らって「議会改革に反対している」とのレッテルを貼られたくない。

 実際には「緑風・維新グループ」としても、自分らの落選可能性の事も考えないといけないので、「定数を17に削減!」とカマしておいて、「公明党や自民党に譲歩してやった」という体裁を取って「定数18」あたりの合意にするかもしれない。

 しかしいずれにしても、「戸田の市議復帰絶対阻止!」(共産党の復帰も阻止)が連中の至上命題になるのだから、「議員定数のさらなる削減」(=市民代弁者の削減・市民の多様性表現の削減)が強行されるだろう。

 「議員定数削減は善である」という、今の誤った「市民意識」が劇的に改善されない限り、定数削減が進むだろう。

 そうであれば、戸田としては、従来の個人商店的な無手勝流ではなく、「絶対に2000票を固められるだけの強固な市民組織」を作って立ち向かわなければいけない。
 戸田が次の市議選で当選しようと思ったら、そうしないと勝ち目が無い。

 「戸田を次の市議選で当選させよう」と思う市民は、そういう強固な市民組織を作らないと、自分らの望みは達成されず、「維新と公明党が牛耳る門真市」が続いてしまう。 

 そういう所に戸田は考えを進めている。


戸田ひさよし(門真市議・鮮烈左翼「革命21」)
toda-vmax@hige-toda-hige.com
* ヒゲー戸田HP http://www.hige-toda.com/
事務所;大阪府門真市新橋町12-18 三松マンション207
* TEL;06-6907-7727 FAX;06-6907-7730


Other Posts こんな記事もあります(一部広告)。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です