市東さんの会シンポジウム・憲法と農業─農民の人権は守られているか/文京


イベント詳細


市東さんの会シンポジウムチラシ 市東さんの会シンポジウムチラシ裏
チラシダウンロード表面裏面(PDF)

 1971年9月20日、成田空港予定地の農家を機動隊が襲い、脱穀作業中の小泉よねさん(当時63歳)の前歯を折り、家を壊して農地を奪いました。死者をも生んだ戦後初の土地収用事件は、社会に衝撃をあたえ、以後、収用委員会は長期にわたって中断し、成田は完成のめどの立たない空港となったのです。
 打開の道を失った国と千葉県、空港公団は、この負の歴史を謝罪し、「今後あらゆる意味で強制的手段はとらない」と公式に誓約しました(1994年10月11日成田空港円卓会議)。しかし今、市東孝雄さんに対して、最後は強制力をともなう農地明け渡しを迫っています。その対象は市東さんが耕す有機農業の畑の7割にも及びます。成田に人権なし、農家をやめろ、ということです。
 そもそもこの国で、農民の生活と人権は守られてきたといえるでしょうか。農業だけでは食べられず、耕作放棄と経営破綻に追い込まれる農家、高齢化と地域の衰退を招いたのは国の政策です。
 憲法 13 条(個人の尊重)、22条(職業選択の自由)、25条(生存権)、27条(勤労の権利義務)──農業と農民の人権を、憲法と農業経済、消費者・市民運動の視点から考え、憲法改悪に反対するシンポジウムです。

■日時:2017年11月23日(木祝)
午後1時15分開場、1時30分開始

■会場:文京区民センター会議室2A
東京都文京区本郷4−15−14
最寄り駅:地下鉄「春日駅」「後楽園駅」、JR水「道橋駅」

■プログラム
第1部「憲法と農業──農民の人権は守られているか」
講演:内藤光博(専修大学法学部教授 憲法学)
鼎談:内藤光博、石原健二(農業経済学)、三宅征子(消費者・市民運動)
第2部 緊迫の成田!強制的手段による農地取り上げは許されない
市東さんの会事務局
農地裁判弁護団による報告とアピール
市東孝雄さんのお話
*特別報告 沖縄現地から、*質疑と意見交換

トップリンク


おすすめ













市民派議員


衆議院議員/服部良一

千葉県議/吉川ひろし

成田市議/足立まちこ

柏市議/内田ひろき

門真市議/戸田ひさよし

カウンター


昨日 :
本日 :

FROM 2004/5/01

過去記事ランダム表示

機動隊は日雇い労働者を練習台にするな!

今年の1月14には東京の山谷で日雇い・野宿の底辺労働者たちがデモを行ったところ、いつもと違う機動隊の動きが見られ、機動隊の側からデモ隊を積極的に襲撃してこれに抗議した参加者を隊列からゴボウ抜きにし、3名を逮捕するという機動隊の「訓練」が行われました。うち2名はいつものように事後に逮捕容疑をこじつけることすらできず即日に釈放されました。マスコミの取材に対しこの釈放せざる得なかった2名のデモ参加者について、なんと「(あれは逮捕ではなく)目撃証人として同行を願い聴取したんだ」と冷や汗タラタラで言い訳したそうですが、これは全くの大嘘です。2名は当人の意思に反して機動隊に暴力的に拘束されたのだからこれは「逮捕」です。つまり警察ですら言い訳が不可能な明々白々な機動隊の不当逮捕だったことを公安刑事自身が自白しているのです。残りの1名も同様の状況で逮捕されたものであり、ただただ警察のメンツのために留め置かれただけです。

月別アーカイブ

2011_09プルト君

最近の記事

  1. ハロウィンの赤ちゃんの写真
  2. 不正ハンター高比良宣伝カー
  3. これが開票作業だ 戸田ひさよし
  4. 旗旗のアンテナ
  5. 旗旗のリンク集
  6. 小林よしのり氏、立憲民主党の応援
  7. 辺野古リレー
  8. 10・8三里塚全国集会全景
  9. 漫画『蟹工船』
PAGE TOP