アクセス1万突破記念【チェ・ゲバラ壁紙】

01-win.jpg 10,000アクセス突破の記念と御礼として、ゲバラ壁紙を作ってみました。気に入ったらダウンロードして使っていただくと嬉しいです。

 5種類7枚あります。以下に各画像へのダウンロードと、壁紙の設定方法があります。解像度はすべて800×600となっております。また、こちらから7枚すべて一括でダウンロードできます。

 ところで作成の参考になるページをさがしているうちに、「革命的壁紙」などというページを見つけました。ここには「ゲバラ壁紙」の他に「カストロ壁紙」や「レーニン壁紙」まであります。うーん、マニアックだ!(‘∇^d) ☆!!

1)Revolution!:Mac用       2)Revolution!:Win用
01-mac.jpg01-win.jpg

3)ゲバラがいっぱい         4)ゲバラとカミリオ
02.jpg03jpg.jpg

5)キューバ1968
04.jpg

■追加

6)「王様」はいらない:Mac用    7)「王様」はいらない:Win用
hanten-2.jpghanten.jpg

昔、私が「現役時代」に参加した集会で見かけた、反天皇制団体のプラカードにあったフレーズ。私は天皇制に関してはほとんどろくに見識を持っていないが、このフレーズだけは「ほんまにそうやなあ」と思って長く頭に残っていた。この機会にエチオピアで帝政が廃止された時のポスターとくっつけて作ってみました。

Windowsの壁紙設定方法

1)上の画像をクリックすると壁紙が表示されます。
2)壁紙上にカーソルを置き、マウスの右ボタンをクリックします。
3)メニューが表示されるので「名前を付けて画像を保存」、「画像に名前を付けて保存」、または「対象をファイルに保存」を選択します。 保存する場所、画像の名前はご自由に設定してください。
4)デスクトップ上の何もない場所で右クリックします。 メニューが表示されるので「プロパティ」を選択します。
5)「背景」、または「デスクトップ」のタブを開き、ダウンロードした壁紙を選択します。(ダウンロードした壁紙が見つからない場合は「参照」ボタンをクリックし、壁紙を保存したフォルダを開いてください)
6)「適用」ボタンをクリックで完了です。

Macintoshの壁紙設定方法

1)上の画像をクリックすると壁紙が表示されます。
2)壁紙上にカーソルを置き、キーボードのコントロールキーを押しながらクリックします。
3)メニューが表示されるので「画像をディスクにダウンロード」、または「画像を別名で保存」を選択します。 保存する場所、画像の名前はご自由に設定してください。
4)コントロールパネルの「アピアランス」を開きます。 「デスクトップ」を選び「ピクチャーの選択」ボタンをクリックします。(OS Xの場合は「Finder」 → 「環境設定」 → 「ピクチャの選択」)
5)ダウンロードした壁紙を選択し、「デスクトップに設定」をクリックで完了です。

よろしければクリックして下さい→ 人気ブログランキング にほんブログ村

3 件のコメント

  • 「革命的壁紙」のページを見ました。
    レーニン3の壁紙は、(演壇の階段部分に立っていた)トロツキーとカーメネフが消されている有名なトリック写真です。
    いまだにこんな写真を使っているとは・・・うーん、さすが社青同・・・
    ゲバラ壁紙はいただきます^^)

  • おお、そう言えば「現役時代」にトロ系の本で見たことがあるかも。あれかぁ!(笑
    しかしこの「革命的壁紙」がある社青同山梨地区本部のページは(おそらく個人で作っておられるんだろうけど)こんなマニアックな壁紙コーナーの他にも、動画付きのオフロードバイクのページやら、MS-IME用の労働用語辞書やら、レーニンアイコンだのスクリーンセーバーまであってなかなか楽しい。携帯用のモバイルページまである。ただ担当者が力尽きたか、社青同を日和ったか、1年以上更新されてないのが惜しまれる。
    しかし(社会党の)社青同って、共産党みたいにごちゃごちゃくっつけずに、いっそ気持ちいいくらいストレートに「マルクス、レーニン万歳!社会主義になればすべて良くなる!」ですよね。他党派にもそんなに敵対してこないし。
    共産党と社青同では、スターリン主義者としてはどちらが「ストレート」なんだろうか。

  • LIVE!The MOVIES!
    ムービーズのとっぱーです。
    今週は、ムービーズをたくさん聴いてくれてみんなどうもありがとう!

    ぢゃ、今週のラストの曲、行きます。

    1☆2 ROCK…

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です