今年1月から3月のアニメ

でぃーフラグ! このブログまでなかなか手が回りません。さて、前期のアニメが終わったのでレビューを書いていきます。

 「キルラキル」
 前のクールより引き続いて観ていました。相変わらずの展開の早さとそれを感じさせない勢いがよい作品でした。この手のアニメは何も考えずに観られ、面白いので好きです。最後はビックリでしたが。

 「でぃーフラグ!」
 コミックアライブに連載されている漫画が原作のアニメです。こういう激しいボケとツッコミの応酬が繰り返されるギャグアニメが私は大好きなので楽しく見ることができました。ギャグアニメは人によって合うものがかなり異なると思います。

 「未確認で進行形」
 「まんが4コマぱれっと」で連載されている漫画が原作です。主役3人の声優が新人でしたが、それを感じさせないうまさでした。内容も日常系のアニメで安心してみることができました。

 「マギ The kingdom of magic」
 前のクールからの続きです。途中までは面白く観ることができたのですが、若干作が乱れるところがありました。原作はまだ続いているのでしょうけれど、最後はきちんとまとめて欲しいです。

 「ゴールデンタイム」
 これも前のクールからの続きです。主人公の過去の人格が現実に現れだしてから事態がいよいよ混乱し始め、ドロドロの人間関係に収拾をつけたのかつけられなかったのかよくわからない終わり方をしました。

 「凪のあすから」
 前のクールからの続きです。作画は折り紙付きですが、人間界と海村の関係がうまく活用されておらず、ドロドロの愛憎劇を無理やり収拾をつけた感が否めませんでした。

 「ウィッチクラフトワークス」
 アフタヌーンに連載されている漫画が原作のアニメです。火々里さんを見たいがために見ていたアニメなので内容についてはあまり気にしていません。気にするほどの内容もありません。

 「中二病でも恋したい!!戀」
 今期の京都アニメーション枠です。前作よりも日常のシーンが多いのですが、最後に急に三角関係が浮上し、それがあまりすっきりしない形で収束したため、若干消化不良気味になってしまいました。

 「のうりん」
 ライトノベル原作のアニメです。農業高校が舞台といえども、所詮はラノベアニメということでした。有名な声優が方言を喋ろうとするとどうしても不自然になるのはなぜでしょうか。

花澤香菜さんが忙しそうなクールでした。次のクールからは「ジョジョの奇妙な冒険」などを観ていく予定です。

Related Posts 関連記事はこちらです。

でぃーフラグ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です