マンガ】小林多喜二『蟹工船』

ダウンロード一覧に戻る

ネットカフェで話題となった「蟹工船」ブームの火付け役

漫画『蟹工船』表紙
pdfファイル

マンガ】小林多喜二『蟹工船』
他サイト様リンク

原作:小林多喜二 作画:藤生ゴオ
企画:白樺文学館多喜二ライブラリー

 「白樺文学館多喜二ライブラリー」様が無料で配布されているバージョンです。なんとなく再配布は禁止っぽいので、配布ページへのリンクのみとさせていただきます。読後は是非、同文学館のコンテンツも見てください!

 海軍の保護のもとオホーツクのソ連領海を侵して蟹を捕り、缶詰に加工する蟹工船。そこでは、貧困層出身の人々が奴隷のような過酷な労働を強いられている。船に寄り添う海軍の軍艦が、この搾取が「国策」により行われていることを示していた…。
 「ワーキングプア」の文学として脚光を浴びる、日本プロレタリア文学の金字塔をコミック化。原作の雰囲気を損なわず、現代の若者にイメージしにくい部分もわかりやすく整理し、豊富な脚注もつける。井上ひさし氏推薦。

蟹工船

蟹工船/小林多喜二

2008年12月24日
   

Other Posts こんな記事もあります(一部広告)。

漫画『蟹工船』

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です