武委員長ら不当逮捕弾圧糾弾!★連帯ユニオン抗議声明など

右翼を使った労働者弾圧・労働条件の改悪・かつてのブラック業界への逆もどりを許さない(連帯広報委員会)

右翼を使った労働者弾圧・労働条件の改悪・
かつてのブラック業界への逆もどりを許さない(連帯広報委員会

by 戸田ひさよし

連帯ユニオン議員ネット」代表で、「革命21」所属の大阪府門真(かどま)市議の戸田から各方面のみなさんへ。(転載・拡散大歓迎)

≪連帯ユニオン・関西地区生コン支部:武委員長らへの8/28(火)不当逮捕弾圧について≫

1:・武委員長は、滋賀県大津市の大津署の留置場に拘留されています。
  ・ほかの役員はそれぞれ滋賀県の米原市の米原署と守山市の守山署に拘留されています。

2:8月上旬8/9に逮捕された役員は、滋賀県大津市の「大津北署」に拘留されています。
  ・・・・・全く「嫌がらせ」同然の拘留だね!

3:それぞれすぐに弁護士がついて、しっかりサポートしています。労組としての激励行動や宣伝行動もしているようです。

ーーー
【1】連帯ユニオンから「8/29抗議声明」が出された。
      ↓↓↓
【連帯労組8/29】滋賀県警の不当逮捕に抗議。権力弾圧に屈することなく、運動を前進させる決意をあらためて表明
 http://rentai-union.net/archives/1745
(全文は文末で紹介)

「滋賀県警による弾圧」の本質は、「8/9弾圧抗議声明」
 http://rentai-union.net/archives/1707 に十分に示されている。
 より本格的に知るためには、「連帯広報委員会」 http://rentai-union.net/  の各記事を読んで欲しい。

ーーー
【2】この「8/29抗議声明」に賛同し、連帯ユニオンと共に権力弾圧と闘う動きを各方面に広げていって欲しい。
 「連帯ユニオン議員ネット」も、戸田個人も、それに取り組んでいく。

★特に「海外のジャーナリストやメディアにつてのある人」は、この連帯ユニオン弾圧事件を取材放送してくれるよう、ぜひ取りはからってもらいたい!

 「日本でほぼ唯一の世界基準の産別労組」で、「中小企業協同組合と共闘して脱資本主義運動を進めてきた事で、世界の協同組合運動から高く評価されている労組」で、「日本で最も左派的・戦闘的な労組」に対する、「強欲企業家・ネオナチ・国家権力結託による違法な弾圧」なのだから!

ーーー
【3】戸田が8/28昼緊急メールで「武委員長が(おそらくは池田市の自宅で)不当逮捕」、と書いたのは思い込みによる誤記だった。謝罪し訂正します。

 しかし、ここ10年以上の連帯ユニオン弾圧において、戸田の記憶では、「役員が逮捕されるのは全て自宅からだった」気がする。(武委員長の場合はマスコミ撮影させて)「生コン支部事務所に警察が押し入って役員を逮捕していく」のは超異例の事。ましてや武委員長を!滋賀県警が!ヘイト連中に事前に連絡して!

 こういう逮捕の仕方をしたのは、権力側が「武委員長逮捕!」の「今までに無いショーアップ効果」を狙ったためだろう。

▲今回弾圧で「ウヨ産経新聞」が8/28夕刊、8/29朝刊で権力宣伝そのままに大きく扱い、8/28テレビでもそうだったが、日頃「権力批判・反アベ政治の新聞」として売っている「日刊ゲンダイ」までも8/29発売号(8/30号)7面で「恐喝容疑で逮捕された 生コン界の首領の正体」、という大見出しで権力側宣伝垂れ流しの誹謗記事を書いている事はトンデモない事である。

 「日刊ゲンダイ」愛読者の戸田は「あまりに酷い権力追随の武委員長誹謗記事」を出した「日刊ゲンダイ」にさきほど、電話して抗議と訂正要求をしました。(ちゃんと「門真市議の戸田ひさよし」と名乗って)

 そしたら!
 「記事は全て東京で作ってるんです。大阪では取材も記事作成も全くしてません」
 という話でした。

 電話に出た男性は、「そもそもゲンダイの紙面内容に全く関心が無い感じ」で、単に関西での販売業務を担当しているだけかもしれない(それはそれで「メディア」としておかしいと思うが)。

 それで、当方としては仕方ないので、「こういう抗議があった事を東京にちゃんと伝えて下さい」、と言って電話を終えた(連帯ユニオンの運動の正当性なども少し説明したが)。

 ▲今後、「東京の編集部」にちゃんと抗議と訂正、まともな取材等の要求をしていくべきと思う。

ーーー
【4】「ヘイトウヨと結託した大阪広域生コン協組」Vs「連帯ユニオン+良識企業」との闘いにおいて、この間国家権力は、「それぞれの陣営を逮捕・ガサ入れする」形で、「一見中立」・「どっちもどっち」を装いながら、実際には国家権力・大資本の利益に立って連帯ユニオン側を弾圧していく策謀を進めて来た。

 労組役員だけでなく良識企業側にも逮捕・ガサ入れ・協力強要をしてきた。
 たしかにこれは普通の企業人にとっては苛烈な仕打ちである。

 ◆しかしそれにも拘わらず、「6/23反弾圧集会」や「良識企業の仮処分勝利」等を契機にして、「欲の皮連合の広域協組側」を瓦解に追い込む流れが着実に育ってきていた。
   
 ◆「ヘイトウヨとのあまりにあからさまな結託はまずい」、とようやく気が付いた大阪広域側が瀬戸らのヘイトウヨ側に「7000万円でもう手を切ってくれ」と泣きついているが、ヘイト側は「そんなカネでは話にならない」と撥ねつけている、という内部情報的ウワサもあるようだ。

 ◆「関生(かんなま)中枢では、敵の陣形は年内に瓦解に追い込めるという感触を持っている」という話も水面下で聞こえてくるようになっていた。

 ・・・そういう中での大々的な「武委員長ら逮捕」である。
 「ヘイトウヨと結託した大阪広域生コン協組ら」の敗北を救済するために、「安倍政権下での理不尽弾圧のレベル」をさらに悪辣化させて、国家権力自ら乗り出したのが、今回の武委員長ら逮捕の本質である。

ーーー
【5】それはまた、

(1)武委員長が大阪と東京で、「本来あるべき労働運動としての関生(かんなま)型労働運動」の講演を行なって社会的影響力を広げた直後の逮捕・誹謗宣伝であり、、

(2)「9/13告示、9/30投票の沖縄県知事選」に自公維候補と激戦になるオール沖縄共闘候補に玉城デニー氏が決定して大運動が始まった矢先に、沖縄で絶大な賛同を受けて9年目を迎えた「辺野古新基地反対・沖縄意見広告運動」のリーダーである武委員長を誹謗し身柄も拘束して影響を削いでしまう。、

(3)有田参院議員を代表とする沖縄県連結成に進んだ立憲民主党を揺さぶって萎縮させる(武委員長逮捕と同時に「連帯ユニオン+辻元清美+立憲民主党」を誹謗中傷するネトウヨ宣伝が猛烈に始まっている!)
   
(4)「安倍3選」に絡んで、「かつて暴力団に金を出して選挙妨害をさせ、報酬約束500万円をケチって300万円しか払わなかったために、その暴力団から事務所に火炎瓶を投げられた安倍」の件が、ネットで大炎上続けている中、(#ケチって火炎瓶 #安倍とヤクザと火炎瓶 #安倍瓶三)反アベ労働運動の騎手でもある武委員長を「暴力的」・「暴力団との関係疑惑」とおとしめる。
   
(5)■加えて、「3選して安倍政治への不満噴出必至で、来年は天皇代替わり」の大状況も睨んで「武委員長を長期投獄してしまう」(!)それによって「戦闘的階級的労働運動を粉砕してネオナチ的運動を助長する」事を狙ったもの、と捉えるべきである。

ーーー
【6】この弾圧は、武委員長・連帯ユニオンを「反社会的存在」とでっち上げた宣伝を拡大する事で、反アベ野党共闘、反安倍市民運動を萎縮させ、「ヘイト政党・ヘイト議員増産」を図るものでもある。

「武委員長・連帯ユニオンに賛同するヤツラは反社だ!」というヘイト宣伝が既に始まっている。

▲8/28逮捕翌日の8/29には、門真市の戸田事務所周辺に「大阪広域協と結託のヘイト宣伝カー」が現れて、数回に渡って「犯罪集団連帯ユニオンと癒着している戸田ひさよしを市議会から追放しよう!」、というような宣伝がされたようだ。

 連中は早くから「連帯ユニオン議員ネット」を目の敵にして会員議員の氏名をネットに上げて攻撃しているから、今後こういう街宣攻撃が広まる可能性がある。

・・・・それに大喜びしながら、中曽千鶴子ほかのヘイト輩が次々に選挙に出たり街頭でヘイト宣伝を強化したりするだろう。
  
ーーー
【7】最後に、連帯ユニオンの「8/29抗議声明」の全文を紹介しておく。
    ↓↓↓
【連帯労組8/29】滋賀県警の不当逮捕に抗議。権力弾圧に屈することなく、運動を前進させる決意をあらためて表明
 http://rentai-union.net/archives/1745
      ↓↓↓

<抗 議 声 明>

 8月28日、滋賀県警刑事部組織犯罪対策課は、当組合関西地区生コン支部の武建一執行委員長のほか支部役員2人の計3人を不当逮捕したうえ、大阪市内の関西地区生コン支部事務所などを家宅捜索した。

 これは、湖東生コン協同組合による恐喝未遂容疑として滋賀県警が捜査中の事件の一環のようである。
      http://rentai-union.net/archives/1707
 7月18日に同協組の理事ら4人が逮捕され、3人が8月8日に起訴された。
 さらに8月9日には同協組理事長、同協組登録販売店支店長、関西地区生コン支部役員の3人が逮捕されている。
 この事件では、昨日の不当逮捕で、事業者が6人、当組合の役員が3人が逮捕されたことになる。

 一連の事件では、昨年3月~7月、東近江市で建設中だった清涼飲料水メーカーの倉庫建設工事において、湖東生コン協同組合が、施工業者であるゼネコンに対し、工事に使用する生コンは同協組から購入するよう働きかけたとされる。

 先に8月10日付声明でも述べたとおり、この滋賀県警の捜査は予断と偏見にもとづくものといわざるをえない。
 生コン業界においては、中小企業である生コン業者らが中小企業協同組合法にもとづく協同組合を組織し、この協同組合による共同受注・共同販売事業によって、力関係で優位に立つゼネコンとのあいだで対等かつ適正価格での取引を可能にし、それによって生コンの品質も確保されてきたからである。

 労働組合は組合員の雇用と労働条件確保のために協同組合の活動に協力してきた。
 中小企業団体の正当な営業活動やこれに協力する労働組合の正当な組合活動を敵視する強制捜査は断じて容認できない。

 滋賀県警は、業者に対し「関生と手を切れ」といい、組合員には「組合加入の動機はなにか」などと不当労働行為の職権乱用をおこなっている。
 しかも、今回も大阪広域生コン協組の関係者とレイシスト集団が警察の捜査とほぼ同時刻に現れ、かれらは警察からの情報漏洩をあからさまに匂わせている。

 各府県警察が、大阪広域協組とレイシストの労働組合攻撃に便乗し不当な権力弾圧を加えていることはあきらかであり、到底許されるものではない。

 この弾圧は、大企業の収奪とたたかい、沖縄基地撤去、原発再稼働阻止、戦争法・共謀罪阻止、憲法改悪反対を求め、安倍内閣と真正面からたたかう労働組合への弾圧にほかならない。

 政治の私物化に異議を唱える者を力づくで押しつぶすファッショ的手法が戦争につながるものだということは歴史が教えている。
 われわれは不当な弾圧に屈することなく、運動を前進させる決意をあらためて表明するものである。
                         以 上

2018年8月29日
全日本建設運輸連帯労働組合:中央執行委員長:菊池 進
全日本建設運輸連帯労働組合・近畿地方本部:執行委員長:垣沼 陽輔
全日本建設運輸連帯労働組合・関西地区生コン支部:執行委員長:武 建一

ーーー

*************************
* 戸田ひさよし(門真市議・鮮烈左翼「革命21」)
* toda-vmax@hige-toda-hige.com
* ヒゲー戸田HP http://www.hige-toda.com/
* 事務所;大阪府門真市新橋町12-18 三松マンション207
* TEL;06-6907-7727 FAX;06-6907-7730
*************************

右翼を使った労働者弾圧・労働条件の改悪・かつてのブラック業界への逆もどりを許さない(連帯広報委員会)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です