[ムダ話]「やまむらさん」 師匠とバカ助手の会話

by 中野由紀子

師匠とバカ助手の会話。

じょ「これってやっぱり‘やまむら’さんがリーダーですか?」
師 「え?」
じょ「これ。やまむら工作隊
師 「はい? やまむら? さんそん(山村)工作隊のことかな?」
じょ「さんそん!? やまむらさん じゃないってか?」
師 「さんそん。 さんそん工作隊ね。 あーびっくりした
   ちょっと聞いてもすぐにはわからなかった」
じょ「マジっすかー!バカですいません。滝に打たれてきます!」

反省した私は今夏の課題として、馬鹿左翼御用達サイト『旗旗』全部に
ちゃんと目を通すことを決意した。

師 「どのくらいまで読めた?」
じょ「あーっと、三分の二くらいは」(大嘘&大汗)
師 「ブログだけならすぐに読めるだろうけど、他にもいろいろあるからねー」
じょ(心の中で)「マジかよ!ブログですら半分も読んでないよ。三年くらい時間くれよ!」

圧力釜というわけでバレちゃったんで、ちょっとずつ頑張ります♪
ルンルン♪

🙂 話は飛ぶが、そんなバカ左翼な私は意外に料理がうまいのだ。
先日、念願の圧力鍋を買った。
時間とガス代の節約にもなるし、美味しい料理もあっという間に作れるのだ。
もっと早く買えばよかった!まだ使ってないけど。
『旗旗』ともども、私(バカ助手)の応援もよろしくお願いしま~す(はあと)

拍手そんなゆきちゃんに拍手を贈る

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

こんにちは。ユキちゃんでーす。\(^^@)/ 無神経なセクハラ野郎が大嫌い。大人になってからはじめて左翼を知った。誰か私専用のメットを作ってほしい。かわいいのがいいです。