[清志郎さん]人間はさみしいものだが、冷たい河を渡ります

500マイル


by 中野由紀子
 いよいよ秋の風情ですね。
 外に出るとキンモクセイの甘く懐かしい香りがほうぼうでしています。
 少しさみしい気持ちになるのも秋だからでしょう。
 今日の日記は私の好きな曲をふたつほど。
 私の中には「嵐の中でたったひとりぽっちで崖っぷちに立っている」ような、なんともしがたいさみしさが物心ついたころからいつまでも消えずに残っているのでした。
 けれども、泥水を飲みながらここまできたのだから、たとえひとりぽっちでも河を渡ろうかと思っています。
watatta (レザーシャープ)

拍手そんなゆきちゃんに拍手を贈る

Other Posts こんな記事もあります(一部広告)。

清志郎 500マイル

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です