不屈の民 – ¡EL PUEBLO UNIDO JAMÁS SERÁ VENCIDO!

反戦動画集のトップにもどる

by 中野由紀子

「旗旗舎・東京」のyukikoです。
これを聴くと元気が湧いてくるので、みなさんも一日一回聴いてから出掛けましょう。

「 EL PUEBLO UNIDO JAMÁS SERÁ VENCIDO!」 (エル プエブロ ウニド ハマス セラ ベンシド!) 邦題は「不屈の民」です。


 1973年にチリのクーデターで、フォーク・シンガーのビクトル・ハラが、軍部によってギターを弾く指を砕かれ、腕を折られ、歌う口を剣で切られ、虐殺されました。その後、同志キラパジュンによってこの曲が歌われたそうです。

 今、この時期にこれを聴かず歌わずして、なにを聴くというのかーっっッ!
 多勢で歌ったときの歌に宿るパワーってすごい。自分も相手も素直になにかを感じる。哀しみや憎しみ、やるせなさや無力感。それを越えて立ち上がろうとする人間の強さ。そこには音楽や歌が必要だったりするんじゃないかなぁ。

 日本ってあんまりデモとか集会で歌わなくなっちゃったんでしょ?
 たまーに打ち上げでインターナショナルとかワルシャワ労働歌を歌うくらいだよね。それも少なくなってるけれど、昔はみんな歌ってたみたいだし、チェ・ソーカによると面白い「替え歌」がたくさんあったんだって。
 もーねー、今年からは先輩方に教えてもらって、いろんな歌をいろんなとこでみんなで歌いましょうよ。キドータイに向かって歌いましょう!

(※この曲は全部覚えるのは難しいんで、雰囲気、雰囲気! 最初の掛け声だけ覚えればなんとなくかっこいいっす)

西村義明さんの訳詞

 エル プエブロ ウニド ハマス セラ ベンシド!
 エル プエブロ ウニド ハマス セラ ベンシド!

(一)ぼくらは 立って歌おう 勝利の歌を今
   君にもわかるだう ぼくらの歌が旗が
   夜明けのあの光の中 新しいこのいのちが

(二)ぼくらは立って闘おう 勝利はぼくらの手に
   新しい世界に今 つき進むときが来た
   自由の歌は祖国の地に あふれる日が来るだろう
   *民衆は立ち上がり 声を合わせて
    祖国の空に叫ぶ ススメ!

(三)祖国は肩を組む 北から南まで
   働く者の中で 絆は結ばれゆく
   聞こえるだろう あの足音
   未来を告げるように

(四)ぼくらは立って歌おう 勝利の歌を今
   つながれたこの絆が ぼくらをふるい立たす
   正義の火は消えはしない 働く者の中に
   *(くり返し)

 エル プエブロ ウニド ハマス セラ ベンシド!
 エル プエブロ ウニド ハマス セラ ベンシド!

 ラララ・・・ ヤラララ・・・

不屈の民- ロックバージョン

不屈の民- ロックバージョン

2009年2月9日

Other Posts こんな記事もあります(一部広告)。

不屈の民

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です