ゲームコーナーに「Sect Same Game」を追加

新着案内 いったいお前は何をしてるんだとお思いでしょうが、「旗旗ゲームコーナー」にまたしても新ゲームを追加してしまいました。
 今回のタイトルは「SectSameGame(セクトさめがめ)」です。

 ルールはあの一世を風靡して攻略本まで出版された、落ち物パズルの傑作「さめがめ」です。考案者のもりすけさんがFM-8版(←知ってる?)用に開発してから、そのルールの単純さに比しての奥の深さゆえ、様々な工夫をつけ加えながら次々と子孫を増やし続け、UNIX版、PC98版、Macintosh版、Windows版、i-mode版とあらゆるバージョンが移植・開発されてきました。全国大会まで開催され、そこでは私らのレベルでは到底考えられないような高得点で優勝が競われています。

 一応、「旗旗版」の設定といたしましては

ここは60年代末のとある集会場。あなたは集会の実行委員会メンバーです。
デモ出発直前に権力の不当介入があり、会場内の各派隊列が混乱しています。
各派が小競合いなどしないよう、セクトごとにまとめてデモに誘導して下さい。
すべての参加者をデモに出すことができれば、一面クリアとなります。

 という感じになっております。
 ぶっちゃけ、ゲームのコマを各セクトの絵柄に変えただけなんですけどねー(爆
同じ集会に参加していながら、同一のセクト同士でないと行動を共にできないという感じが、いかにもではないかなあと(笑)。まあ、元活の皆さんには、それなりに感情移入してやっていただけるんではないかと思いました。左翼系のサイトなら他にもありますが、こんなことやっているのは日本じゃここだけだしね。「馬鹿左翼様御用達サイト」としての、自分の役割を果たそうじゃないかという感じであります。

 なお、このゲームにも得点ランキングがついています。他のゲームではそんなに大きな差がつきませんが、このゲームは奥が深い分、人によってかなりの差がつくと思います。はじめての方はとりあえず500点超えあたりを目標に頑張ってください。私も今のところこのレベルです。さらにコマ数から考えまして、1000点以下だと素人、2000点以上出せれば「さめがめ」について語ることが許されるレベル、3000点以上で全国大会レベルだと思われます。

 「そういわれても3000点どころか300点も超えないよ~」という方のために、ゲーム画面中に「さめがめ」ファンの方々が攻略法を解説しておられるサイトへのリンクもつけておきました。それを読めば、とりあえず500点超えくらいまでは短期間でいけると思います。

SectSameGameセクトさめがめゲーム画面へ

Related Posts 関連記事はこちらです。

新着案内

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です