ニュース】世界の趨勢・ヘイトスピーチは犯罪 仏極右党首の免責特権 議会で剥奪される

投稿者: 司 宮二

仏極右党首の免責特権はく奪 ヘイトスピーチで欧州議会
(共同2013/07/03)
http://www.47news.jp/CN/201307/CN2013070201002552.html

マリーヌ・ルペン
免責特権を悪用して差別を重ねるルペン

 欧州連合(EU)欧州議会は2日、フランスでイスラム系移民らに対するヘイトスピーチ(憎悪発言)が問題とされている極右政党「国民戦線」のマリーヌ・ルペン党首の不逮捕などの免責特権をはく奪することを決めた。ルペン氏は04年から欧州議会議員。

 ルペン氏は2010年に、イスラム教徒が路上で祈りをささげることを「軍事力によらない占領」と表現。「宗教上の理由で特定集団への憎悪などを扇動した罪」に当たるとしてフランスの司法当局から事情聴取に応じるよう求められていたが、応じていなかった。

 今後、フランス国内で司法手続きが進む見通し。

Other Posts こんな記事もあります(一部広告)。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です