ニュース】慰安婦問題:米下院の決議案に首相官邸危機感

日本軍「慰安婦」メモリアル・デー

投稿者: 司 宮二

 『米下院に提出されている、従軍慰安婦問題で日本政府に謝罪を求める決議案に、首相官邸が神経をとがらせている。国内では「河野洋平官房長官談話」などで時間をかけて対処してきたにもかかわらず、直接関係のない米国に飛び火し、外交上の新たな波乱要因になりかねないためだ。安倍晋三首相の米国初訪問(4月下旬の予定)を控えた時期だけに、広報担当の世耕弘成首相補佐官が19日訪米し、メディアに政権の政策をPRするとともに、議会関係者らと会い決議案提出の背景を探る。

 さらに、国内では自民党の「日本の前途と歴史教育を考える議員の会」(会長・中山成彬元文部科学相)が月内にも河野談話見直しの提言をまとめ、首相に提出する。保守色の強い安倍首相支持グループには、首相が就任後「河野談話を継承する」との見解を示したことへの不満もあり、決議が採択されれば国内政治に跳ね返る可能性も否定できない』
(毎日新聞:記事全文へ

河野談話を「見直し」たら、先に米議会に行った「すでに事実を認めて謝罪もおこなっている」という、日本側反論の根拠がすべて崩れてしまうんじゃないかね?高校教科書への慰安婦問題記述に、与党内から異を唱えて圧力をかける行為も全く同じ。で、いったい「首相官邸」はどうしたいのだ?

「右往左往」とはまさにこのことだな!

日本軍「慰安婦」メモリアル・デーへ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

基本的にROMっているおじさんですが、ネット巡回中に気になった記事や情報などを紹介したいと思います。苦情などは連絡フォームから、司宮二宛と明記の上で送ってください。草加さんにすべてをぶんなげですがよろしく(笑)。