新着:『いちご白書』Give Peace a Chance!ウクライナ反戦の今

森友事件 未解決!第56回 赤木俊夫さんの無念を晴らせ!怒りのデモ/大阪


イベント詳細


森友事件 未解決!第56回 赤木俊夫さんの無念を晴らせ!怒りのデモ

★安倍昭恵・佐川宜寿・加計幸太郎を証人喚問せよ!
★松井(前)知事は森友「小學院」を認可した責任をとれ!
★第三者委員会による公文書改ざんの再調査を行なえ!

■ 日 時:2021年11月22日(月)
 18:00~ 集会
 19:00  デモ出発

■ 場 所:大阪城公園「世界連邦平和像」前
 ※大阪府庁ななめ向かい、大阪城公園の中のちいさな公園
 〒540-0002 大阪府大阪市中央区大阪城3
 「谷町四丁目駅」9出口から徒歩約6分
 「天満橋駅」3出口から徒歩約7分
 地図→https://loco.yahoo.co.jp/place/g-p7in2AWiZts/map/

■ 主 催:「森友学園」疑獄を許すな!実行委員会
※2017年3月25日、森友学園「小学校」予定地横の野田中央公園で森友学園疑獄を許さない集会とデモを行い、その後、このデモに賛同した団体や個人で実行委員会を作って、月1回デモをやっています。
連絡先:FAX 06-6304-8431

■ 正しいことが正しいと言えない社会はおかしい(赤木雅子さん)

 森友事件で公文書改ざんを強いられ自死に追い込まれた赤木俊夫さんの妻、雅子さんが岸田新首相に直筆の手紙を出したとの報道がありました(10月7日)。

 「夫は改ざんや書き換えをやるべきではないと本省に訴えています。それにどのように返事があったのかまだわかっていません。夫が正しいことをしたこと、それに対して財務省がどのような対応をしたのか調査してください。」(赤木雅子さんの手紙)

 これに対して、岸田は「手紙は読んだ。内容については、しっかりと受けとめる。」しかし「検察の捜査も行われ、結論が出ている。」(だから再調査はしない!?)と。

 私たちは、森友事件はアベスガ腐敗堕落政治から脱却する重要な試金石の一つと考えていますが、どうやら岸田政権ではアベスガ政治からの脱却は無理なようです。

 さらに岸田政権は、代表質問だけで国会を閉じて、10月14日衆院解散、10月19日公示、10月31日投開票という一般の想定を覆す決定を行いました。できるだけポロを出さないうちに総選挙になだれ込みたいようです。

 こんな見え透いた手を使う政権を倒さない限り、森友事件の解決すらできるわけはありません。11.22怒りのデモにぜひご参加を!

森友事件とは

 森友学園が「教育勅語」を用い軍国主義的な教育をするためにつくろうとした「瑞穂の園記念小學院」。その用地が国から8億円もの大幅で不当な値引きがされて、払い下げられたというものです(2017年2月発覚)。

 その背景には安倍元首相の妻、安倍昭恵からの財務省に対する働きかけや、前大阪府知事松井一郎(大阪維新)による違法な認可がありました。
 そして安倍昭恵やその他の政治家の関与を示す証拠を消すために、前代未聞の公文書改ざんという犯罪行為が行われたのです。

 その公文書改ざんに加担させられた近畿財務局職員の赤木俊夫さんが、罪の意識から自死に追い込まれました。しかし、改ざんに至る詳細な経過を示す赤木ファイルを残していました。

   

ここまで読んでいただいてありがとうございます!