新着:戦旗・共産同写真集/1971年

徐京植×高橋哲哉 徹底対論2時間!戦後民主主義はメッキに過ぎなかったのか/文京


イベント詳細


戦後民主主義はメッキに過ぎなかったのか
──この国の「地金」と対峙して20 年

徐京植X高橋哲哉 徹底対論2時間!戦後民主主義はメッキに過ぎなかったのか

嫌韓、嫌中、さらには沖縄にまで刃が向けられ、排外主義が蔓延する日本社会。
敗戦73年、戦後民主主義という「メッキ」が剥がれ、この国の“地金”がむき出しになった。戦後責任を問い植民地主義を批判し続けてきた哲学者と作家が、日本マジョリティの「責任」について語り合う。

■日時:2019 年3月13 日(水)19 時00 分(開場18 時30 分)

■会場:東京・文京区民センター・2-A 会議室
 〒113-0033 東京都文京区本郷4丁目15−14
 都営地下鉄三田線/大江戸線 春日駅 A2出口

■参加費:500 円

■主催:高文研(電話:03-3295-3415)

ここまで読んでいただいてありがとうございます!

この記事をSNSでシェアする▼